IMSA スポーツカー選手権

IMSA スポーツカー選手権
IMSA SportsCar Championship logo.svg
カテゴリ スポーツカー
グランドツーリングカー
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
カナダの旗 カナダ
開始年 2014年
タイヤ
サプライヤー
ミシュラン
ドライバーズ
チャンピオン
DPi
イギリスの旗 オリバー・ジャービス
イギリスの旗 トム・ブロンクビスト
チーム
チャンピオン
DPi
アメリカ合衆国の旗 メイヤー・シャンク・レーシング with カーブ・アガジャニアン
マニュファクチャラーズ
チャンピオン
DPi
日本の旗 アキュラ
公式サイト WeatherTech SportsCar Championship

IMSA スポーツカー選手権は、米国国際モータースポーツ協会(IMSA)が主催し、米国とカナダで行われるスポーツカーレースシリーズである。以前のアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)と、ロレックス・スポーツカー・シリーズ(通称:グランダム・シリーズ)の2つのシリーズが統合され、2014年より開催されている。当初のシリーズ名は、ユナイテッド・スポーツカー選手権で、腕時計メーカー、ロレックスのブランド、チュードル2014年2015年のタイトルスポンサーになった[1]。その後2016年にシリーズ名が、IMSA スポーツカー選手権に変更され、同年からは自動車アクセサリーメーカー、ウェザーテック(英語版)がタイトルスポンサーを務めている。現在の公式名称は、IMSA ウェザーテック・スポーツカー選手権IMSA WeatherTech SportsCar Championship、略称:IWSC[注釈 1])となった[2]

歴史

2012年9月5日、グランダム・ロードレーシング(英語版)が、ブラセルトンを本拠地とするIMSAと、2014年から統合することが発表された[3]。2012年11月20日、統合委員会としてSMEブランディングが選ばれ、SMEが新しいシリーズの名称とロゴとスローガンを構想することが発表された[4]

2013年1月8日、統合後の新しいシリーズでの暫定的なクラス区分が発表された。グランダム・シリーズデイトナ・プロトタイプアメリカン・ル・マン・シリーズル・マンプロトタイプ2(LMP2)が統合されて単一のクラスとされ、ユニークなデザインのデルタウイングも、この新しいクラスで出走可能とした。ALMSから継続するル・マン・プロトタイプ・チャレンジ(LMPC)クラスも、グランダムと提携するコンチネンタルにタイヤを履き替えることを条件に認められた[5]。ALMSのGTクラスは変更なく残るが、グランダムのGTクラスは変更され、ALMSのGTCカテゴリーに組み入れられることとなった[6]。ALMSのP1カテゴリーは消滅することになった。

2013年3月14日、セブリング12時間レースの2日前、セブリング・インターナショナル・レースウェイにあるシャトー・エラン・ホテル・アンド・カンファレンスセンターで、新シリーズでの開催スケジュールが明らかにされた。グランダムCEOのエド・ベネットが新シリーズの5つのクラスの名称を明らかにすると、ALMSのCEOのスコット・アサートンがIMSAが運営組織として残る旨を発表した。SMEブランディングのシニア・パートナーのエド・オハラが、ユナイテッド・スポーツカー・レーシングという新シリーズ名とロゴを発表した[7]

2013年9月12日、ロレックスのチュードルブランドがシリーズの名称についてネーミングライツ契約を結び、(ユナイテッド・スポーツカー・レーシングというそれまでの名称を上書きする形で)ユナイテッド・スポーツカー選手権と名付けられたシリーズ名称に、冠スポンサー名を付けることを発表した[1]

クラス区分

ユナイテッド・スポーツカー選手権は、3つのスポーツプロトタイプカテゴリーと2つのグランド・ツアラーカテゴリーを特色とする5つの異なるクラスから成る。

GTP

GTPクラス ロゴ
2023年からDPiの後継となる、LMDh規定のクラス。ただしル・マン・ハイパーカー(LMH)と異なり、シャシーコンストラクターはACO(フランス西部自動車クラブ)が指定した4社(オレカリジェダラーラマルチマティック)のみ、ギアボックスはエクストラックワンメイクとされるなど、コストダウンの為の施策がいくつか導入されている。実際にはLMH車両も性能調整を受けた上で参戦が可能になる。クラス名称は、かつてIMSAで1981年 - 1993年に行われていたプロトタイプカーのカテゴリ名を受け継いでいる。

ル・マン・プロトタイプ2(LMP2)

ル・マン・プロトタイプ2(LMP2)で、2019年に独立し導入されたクラス。コンストラクターはACOの指定の4社(オレカリジェダラーラマルチマティック)、エンジンはギブソンのワンメイクとなる。

ル・マン・プロトタイプ3(LMP3)

ル・マン・プロトタイプ3(LMP3)で、2021年より導入されたクラス。プラチナにカテゴライズされるドライバーは参戦できない。コンストラクターはACOの指定で、リジェジネッタデュケーヌアデス(英語版)の4社[8]。エンジンは日産・VK56がワンメイクで使用される[9]

GTD Pro

GTLMに変わって2022年に新設されたクラス。マシンは従来のGTDクラスのものと同様にFIA GT3車両をベースとするが、いわゆるワークス・チームの参戦が可能になっている点が大きな違い[10]。BoPによる性能調整も、GTD ProクラスとGTDクラスでは独立して行われる[11]

GT デイトナ(GTD)

グランダムGTクラスとGXクラスに、ポルシェ・911 GT3カップの出走車に適用されていたアメリカン・ル・マン・シリーズのGTCクラスを統合し、国際自動車連盟(FIA)のグループGT3の仕様を基に作られたクラス。2016年以降はポルシェのカップカーは廃止され、GT3のみが参戦可能となっている。チームに少なくとも1人のシルバーまたはブロンズドライバーが必要。

タイヤは全クラスミシュランのワンメイク。 年間いくつかのレースは限定したクラスでしか出走できない。

過去に存在したクラス

プロトタイプ・チャレンジ (PC)
アメリカン・ル・マン・シリーズからそのまま移行されたクラスで、オレカの製作したシャシー、FLM09にシボレーから供給されたV8自然吸気エンジンと、コンチネンタルのタイヤを装着させたワンメイクのプロトタイプレーシングカーのクラス。オープントップの安全性の問題が提起されたこともあり、2017年をもって廃止が決定された。
GT ル・マン (GTLM)
アメリカン・ル・マン・シリーズのGTクラスが継続して残されたもので、フランス西部自動車クラブ(ACO)のLM-GTE仕様のマシンのクラス。当初は唯一タイヤがマルチメイクでマニュファクチャラー選手権の設定もあり、2014年、2015年とミシュランが獲得した。その後、ファルケンタイヤの撤退で事実上ミシュランのワンメイクになった為、2015年終了を持って正式にワンメイク化された。参戦メーカー数の減少に伴い、2021年をもって廃止。
デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル (DPi)
シリーズのフラッグシップだったクラスで、2014年のレギュレーションにより、グランダム・ロード・レーシングのDPデイトナ・プロトタイプ)とアメリカン・ル・マン・シリーズのLMP2ル・マン・プロトタイプ2)が統合されたものに、デルタウイングのような特認車の出走枠を加えたクラス。2017年以降DPは、LMP2シャシーをメーカーが改造するDPiデイトナ・プロトタイプ・インターナショナル)に生まれ変わった。2019年よりLMP2と分離したため、DPiが最高峰クラスとなった。2022年限りで終了した。

ポイントシステム

選手権ポイントは、各イベントの終了時に各クラスに付与される。予選とレースの順位に応じて、下表のようにポイントが付与される。

順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
予選 35 32 30 28 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
レース 350 320 300 280 260 250 240 230 220 210 200 190 180 170 160 150 140 130 120 110 100 90 80 70 60 50 40 30 20 10
ドライバーズポイント

ポイントは、各イベントの終了時に各クラスに付与される。

チームポイント

チームポイントは、ドライバーズポイントと同じ方法で計算される。エントリーされた各車両は、単一のエントリーであるか2台のチームの一部であるかに関係なく、独自の「チーム」と見なされる。

マニュファクチャラーポイント

IMSAが認定するマニュファクチャラー選手権は以下の通り。

デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル (DPi):エンジン及びボディーワーク製作のメーカー
GTデイトナ・プロ (GTD Pro):自動車メーカー
GTデイトナ(GTD):自動車メーカー

各マニュファクチャラーは、各クラスで最高位を達成した車両に対してポイントを受け取る。同じメーカーの次の順位の車両は考慮されず、他のメーカーの順位が繰り上がる。

例:メーカーAが1位と2位で終了し、メーカーBが3位で終了した。メーカーAは、1位のポイントのみを受け取り、メーカーBは2位のポイントを受け取る。

ミシュラン・エンデュランス・カップ

本シリーズの中でも、レース時間が長く耐久レース色の強い、デイトナ24時間/セブリング12時間/ワトキンスグレン6時間/プチ・ル・マンの4レースについては、「ミシュラン・エンデュランス・カップ(Michelin Endurance Cup)」の名称で別途選手権がかけられている。クラス分けはメインシリーズと同じだが、ポイントシステムがやや独特で、フィニッシュ時以外にレースの途中経過に対してポイントが与えられる。2014 年から2018 年まで、この選手権はパトロン北米耐久カップと呼ばれていた。

ポイントは、ドライバー、チーム、メーカーに5–4–3–2点の順で付与される。各インターバルの1位は5ポイント、2位は4ポイント、3位は3ポイントを獲得し、4位以降には2ポイントが与えられる。デイトナ24時間は6時間、12時間、18時間、ゴール時。セブリング12時間は4時間、8時間、ゴール時。ワトキンスグレン6時間は、3時間とゴール時。プチ・ル・マン(10時間)は4時間、8時間、ゴール時に付与される。

シーズン中のチームチャンピオンシップと同様に、チームポイントは各車に付与され、ドライバーは運転する全ての車でポイントを獲得する。メーカーポイントは、シーズン中のメーカーチャンピオンシップと同様に、そのメーカーの最高位の車に割り当てられる(ポイントシステム参照)。

ポジション 1 2 3 4位以降
レース 5 4 3 2

歴代優勝者、チームなど

詳細は「en:IMSA_SportsCar_Championship#Michelin_Endurance_Cup_(MEC)」を参照

サポートレース

ミシュラン・パイロット・チャレンジ

詳細は「en:Michelin Pilot Challenge」を参照

元々はグランダムが運営し、グランダム・カップとして知られたシリーズで、ツーリングカーをベースとする生産車のレースである。シリーズは、大排気量のスポーツカーやGT4マシンを対象としたグランド・スポーツ (GS)クラスと、前輪駆動を含む小さなセダンクーペから成るストリート・チューナー(ST)クラスという2つのクラスに分けられる。2013年までは、ロレックス・スポーツカー・シリーズのサポートレースで、独自開催の日程もあった。シリーズの合併後もユナイテッド・スポーツカー選手権のサポートレースとなった。

サーキット

サーキット 開始年 終了年
オンタリオ州の旗 カナディアンタイヤ・モスポート・パーク 2014年 -
テキサス州の旗 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ 2014年 2017年
フロリダ州の旗 デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ 2014年 -
ミシガン州の旗 デトロイト・ベル・アイル・パーク 2014年 -
インディアナ州の旗 インディアナポリス・モーター・スピードウェイ 2014年 2014年
カンザス州の旗 カンザス・スピードウェイ 2014年 2014年
カリフォルニア州の旗 マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ 2014年 -
コネチカット州の旗 ライム・ロック・パーク 2015年 -
カリフォルニア州の旗 ロングビーチ市街地コース 2014年 -
ウィスコンシン州の旗 ロード・アメリカ 2014年 -
ジョージア州の旗 ロード・アトランタ 2014年 -
フロリダ州の旗 セブリング・インターナショナル・レースウェイ 2014年 -
バージニア州の旗 バージニア・インターナショナル・レースウェイ 2014年 -
ニューヨーク州の旗 ワトキンズ・グレン・インターナショナル 2014年 -
オハイオ州の旗 ミッドオハイオ・スポーツカーコース 2018年 -

歴代チャンピオン

チーム/ドライバー

プロトタイプ

(2014年-2018年)
DPi (2019年-22年)

プロトタイプ・チャレンジ (2014年-2017年)
LMP2 (2019年-)
LMP3

(2021年-)

GTLM (2014年-21年)

GTD Pro(2022年-)

GTD
2014年 アメリカ合衆国の旗 #5 アクション・エクスプレス・レーシング アメリカ合衆国の旗 #54 コア・オートスポーツ not held アメリカ合衆国の旗 #93 SRT・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 #94 ターナー・モータースポーツ
ポルトガルの旗 ジョアン・バルボーザ
ブラジルの旗 クリスチャン・フィッティパルディ
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ベネット
アメリカ合衆国の旗 コリン・ブラウン
カナダの旗 クノ・ウィットマー アメリカ合衆国の旗 デイン・キャメロン
2015年 アメリカ合衆国の旗 #31 アクション・エクスプレス・レーシング アメリカ合衆国の旗 #54 コア・オートスポーツ アメリカ合衆国の旗 #911 ポルシェ・ノースアメリカ アメリカ合衆国の旗 #63 スクーデリア・コルサ
ポルトガルの旗 ジョアン・バルボーザ
ブラジルの旗 クリスチャン・フィッティパルディ
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ベネット
アメリカ合衆国の旗 コリン・ブラウン
フランスの旗 パトリック・ピレ アメリカ合衆国の旗 タウンゼント・ベル
アメリカ合衆国の旗 ビル・スウィードラー
2016年 アメリカ合衆国の旗 #5 アクション・エクスプレス・レーシング アメリカ合衆国の旗 #8 スターワークス・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 #4 コルベット・レーシング アメリカ合衆国の旗 #63 スクーデリア・コルサ
アメリカ合衆国の旗 デイン・キャメロン
アメリカ合衆国の旗 エリック・カラン
ベネズエラの旗 アレックス・ポポウ
オランダの旗 レンガー・ヴァン・デル・ザンデ
イギリスの旗 オリバー・ギャビン
アメリカ合衆国の旗 トミー・ミルナー
イタリアの旗 アレッサンドロ・バルザン
デンマークの旗 クリスティーナ・ニールセン
2017年 アメリカ合衆国の旗 #10 ウェイン・テイラー・レーシング アメリカ合衆国の旗 #38 パフォーマンス・テック・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 #3 コルベット・レーシング アメリカ合衆国の旗 #63 スクーデリア・コルサ
アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・テイラー
アメリカ合衆国の旗 リッキー・テイラー
アメリカ合衆国の旗 ジェイムズ・フレンチ
メキシコの旗 パトリシオ・オワード
スペインの旗 アントニオ・ガルシア
デンマークの旗 ヤン・マグヌッセン
イタリアの旗 アレッサンドロ・バルザン
デンマークの旗 クリスティーナ・ニールセン
2018年 アメリカ合衆国の旗 #31 ウィレン・エンジニアリング・レーシング not held アメリカ合衆国の旗 #3 コルベット・レーシング アメリカ合衆国の旗 #48 ポール・ミラー・レーシング
アメリカ合衆国の旗 エリック・カラン
ブラジルの旗 フェリペ・ナスル
スペインの旗 アントニオ・ガルシア
デンマークの旗 ヤン・マグヌッセン
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・セラーズ
アメリカ合衆国の旗 マディソン・スノー
2019年 アメリカ合衆国の旗 #6 アキュラ・チーム・ペンスキー アメリカ合衆国の旗 #52 PR1/マティアセン・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 #912 ポルシェ・GTチーム アメリカ合衆国の旗 #86 メイヤー・シャンク・レーシング
w/カーブ・アガジャニアン
アメリカ合衆国の旗 デイン・キャメロン
コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ
アメリカ合衆国の旗 マット・マクマリー ニュージーランドの旗 アール・バンバー
ベルギーの旗 ローレンス・ヴァントール
ドイツの旗 マリオ・ファーンバッハー
アメリカ合衆国の旗 トレント・ハインドマン
2020年 アメリカ合衆国の旗 #7 アキュラ・チーム・ペンスキー アメリカ合衆国の旗 #52 PR1/マティアセン・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 #3 コルベット・レーシング アメリカ合衆国の旗 #86 メイヤー・シャンク・レーシング
w/カーブ・アガジャニアン
アメリカ合衆国の旗 リッキー・テイラー
ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス
アメリカ合衆国の旗 パトリック・ケリー スペインの旗 アントニオ・ガルシア
アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・テイラー
ドイツの旗 マリオ・ファーンバッハー
アメリカ合衆国の旗 マット・マクマリー
2021年 アメリカ合衆国の旗 #31 ウィレン・エンジニアリング・レーシング アメリカ合衆国の旗 #52 PR1/マティアセン・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 #74 ライリー・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 #3 コルベット・レーシング カナダの旗 #9 パフ・モータースポーツ
ブラジルの旗 ピポ・デラーニ
ブラジルの旗 フェリペ・ナスル
アメリカ合衆国の旗 ベン・キーティング
デンマークの旗 ミッケル・イェンセン
アメリカ合衆国の旗 ガー・ロビンソン スペインの旗 アントニオ・ガルシア
アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・テイラー
カナダの旗 ザカリー・ロビション
ベルギーの旗 ローレンス・ヴァントール
2022年 アメリカ合衆国の旗 #60 メイヤー・シャンク・レーシング with カーブ・ アガジャニアン アメリカ合衆国の旗 #8 タワーモータースポーツ アメリカ合衆国の旗 #54 コア・オートスポーツ カナダの旗 #9 パフ・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 #27 ザ・ハートオブ・レーシング
イギリスの旗 オリバー・ジャービス

イギリスの旗 トム・ブロンクビスト

カナダの旗 ジョン・ファラーノ アメリカ合衆国の旗 ジョン・ベネット

アメリカ合衆国の旗 コリン・ブラウン

オーストラリアの旗 マット・キャンベル

フランスの旗 マチュー・ジャミネット

カナダの旗 ロマン・デ・アンジェリス

マニュファクチャラー

プロトタイプ GTLM GTD
2014年 アメリカ合衆国の旗 シボレー ドイツの旗 ポルシェ ドイツの旗 ポルシェ
2015年 アメリカ合衆国の旗 シボレー ドイツの旗 ポルシェ イタリアの旗 フェラーリ
2016年 アメリカ合衆国の旗 シボレー アメリカ合衆国の旗 シボレー ドイツの旗 アウディ
2017年 アメリカ合衆国の旗 キャデラック アメリカ合衆国の旗 シボレー イタリアの旗 フェラーリ
2018年 アメリカ合衆国の旗 キャデラック アメリカ合衆国の旗 フォード イタリアの旗 ランボルギーニ
DPi GTLM GTD
2019年 日本の旗 アキュラ ドイツの旗 ポルシェ イタリアの旗 ランボルギーニ
2020年 日本の旗 アキュラ アメリカ合衆国の旗 シボレー 日本の旗 アキュラ
2021年 アメリカ合衆国の旗 キャデラック アメリカ合衆国の旗 シボレー ドイツの旗 ポルシェ
DPi GTD Pro GTD
2022年 日本の旗 アキュラ ドイツの旗 ポルシェ ドイツの旗 BMW

脚注

出典

  1. ^ a b “USCRのタイトルスポンサーにチュードル決定”. オートスポーツweb. 2013年9月17日閲覧。
  2. ^ DiZinno, Tony (2015年8月8日). “WeatherTech Named New Title Sponsor of IMSA SportsCar”. Sportscar365. 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ “ALMSとグランダムが統合。北米スポーツカー統一へ”. オートスポーツweb. 2012年9月6日閲覧。
  4. ^ “SME Branding Selected To Develop Identity for GRAND-AM, ALMS Merger”. 2013年3月14日閲覧。
  5. ^ “ALMS: Continental Named New Spec PC Tire”. アメリカン・ル・マン・シリーズ (2013年3月1日). 2013年3月14日閲覧。
  6. ^ “GRAND-AM, ALMS Announce 2014 Class Structure”. 2013年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月14日閲覧。
  7. ^ “14年から『ユナイテッド・スポーツカー』誕生へ”. オートスポーツweb. 2013年3月15日閲覧。
  8. ^ “IMSA:全12戦の2021年暫定カレンダー発表。LMP3を新設、5クラス混走へ”. autosport web. 2020年9月10日閲覧。
  9. ^ “Racing Engine” (日本語). ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル. 2019年10月19日閲覧。
  10. ^ 事実上崩壊のGTLMに代わり、GTD Proクラスが2022年に誕生/IMSA - オートスポーツ・2021年1月29日
  11. ^ 2022年導入、GT3車両による『GTDプロ』クラスの規則発表。タイヤはGTDと同一スペックに/IMSA - オートスポーツ・2021年6月10日

注釈

  1. ^ シリーズタイトルの略称は、IWSC、IWTC、WSCC、WTSCと複数存在するが、本項ではIMSAのエントリーリスト[1]に使用されている、IWSCを記述する。

関連項目

外部リンク

  • IMSA スポーツカー選手権 公式サイト
  • IMSA 公式サイト
IMSA スポーツカー選手権
モータースポーツ
四輪競技
フォーミュラカー
(オープンホイール)
スポーツカー及び耐久レース
グランドツーリングカー
ツーリングカー
ラリー
スプリントラリー
ラリーレイド
ヒルクライム
ドリフト
その他の四輪競技
二輪競技
ロードレース
モトクロス
トライアル
その他の二輪競技
世界三大レース