D-BOX

D-BOXとは、映画 22のシーン・モーションにシンクロ(連動)して、シート(座席)が前後・上下・左右に動いたり振動したりする設備

概要

D-BOXはカナダのD-Box社が開発した。日本では、2010年3月にアジア初のD-BOXがワーナー・マイカル・シネマズ大高(現・イオンシネマ大高)に13台設置された[1]。 海外では、北米を中心に映画館での導入が進んでいる。

日本における主な導入劇場

主にイオンシネマで導入されており、長久手を除いてスクリーン内の一部の座席にのみ導入されている。

・イオンシネマ春日部

1番スクリーン(ULTIRA併設)

20席

7番スクリーン

12席

・イオンシネマ幕張新都心

7番スクリーン

12席

8番スクリーン(ULTIRA,Dolby Atmos併設)

8席

・イオンシネマ港北ニュータウン

6番スクリーン

18席

・イオンシネマ大高

8番スクリーン

48席

・イオンシネマ長久手

6番スクリーン

96席(全ての座席がD-BOX)

・イオンシネマ名古屋茶屋

4番スクリーン

12席

10番スクリーン(ULTIRA,Dolby Atmos併設)

20席

・イオンシネマ和歌山

7番スクリーン(ULTIRA,Dolby Atmos併設)

11席

8番スクリーン

11席

・イオンシネマ岡山

6番スクリーン

16席

7番スクリーン(ULTIRA,Dolby Atmos併設)

20席

主な導入作品

洋画
邦画

関連項目

出典

  1. ^ ワーナー・マイカルの新3Dシアター、D-BOX技術を採用した動く座席を日本初導入
執筆の途中です
執筆の途中です
この項目は、まだ閲覧者の調べものの参照としては役立たない、映画に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:映画/PJ:映画)。
典拠管理 ウィキデータを編集
  • LCCN: no2011172621
  • VIAF: 201901286
  • WorldCat Identities: lccn-no2011172621