2013年

曖昧さ回避 日本ローカルの事柄については「2013年の日本」をご覧ください。
千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 1990年代 2000年代 2010年代 2020年代 2030年代
: 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
2013年
2013年の話題
主権国家 - 周年 - 表彰‎
指導者
国の指導者 - 宗教指導者 - 国際機関の指導者
社会
政治 - 選挙 - 法 - 経済 - 労働 - 教育
文化と芸術
芸術 - 建築 - 漫画 - 映画 - ホームビデオ
文学) - 音楽 - ラジオ - テレビ - ゲーム - 出版
スポーツ
スポーツ - アイスホッケー - 競馬 - クリケット - ゴルフ
サッカー - 自転車競技 - 相撲 - テニス
バスケットボール - バレーボール - ボクシング
モータースポーツ - 野球 - ラグビーフットボール - 陸上競技
科学と技術
科学 - 考古学 - 野鳥観察と鳥類学 - 気象学
古生物学 - 交通 - 道路 - 鉄道 - 航空
宇宙飛行 - 宇宙開発 - インターネット
自然と災害
気象・地象・天象 - 台風 - ハリケーン - サイクロン
毎月の出来事
1月 - 2月 - 3月 - 4月 - 5月 - 6月
7月 - 8月 - 9月 - 10月 - 11月 - 12月
国際機関
国際連合 - 欧州連合
国と地域
アイスランド - アイルランド - アゼルバイジャン
アフガニスタン - アメリカ合衆国 - アラブ首長国連邦
アルジェリア - アルゼンチン - アルメニア - イギリス
イスラエル - イタリア - イラク - イラン - インド
インドネシア - エジプト - エストニア - エチオピア
エルサルバドル - オーストラリア - オーストリア - オランダ
ガーナ - カナダ - 北朝鮮 - ギリシャ - キューバ
クロアチア - ケニア - コスタリカ - サウジアラビア
ジョージア - シンガポール - ジンバブエ - スウェーデン
スペイン - スリランカ - セルビア - タイ - 韓国 - 台湾
中国 - チリ - デンマーク - ドイツ - トルコ - 日本
ニュージーランド - ノルウェー - パキスタン - パレスチナ
ハンガリー - バングラデシュ - フィリピン - フィンランド
ブラジル - フランス - ベトナム - ベルギー - ポーランド
ポルトガル - 香港 - マレーシア - 南アフリカ - メキシコ
モルドバ - ラトビア - リトアニア - ルーマニア
ルクセンブルク - ルワンダ - ロシア - 南極大陸
生誕と訃報
生誕 - 訃報
設立と廃止
設立 - 廃止
作品
作品 - パブリックドメイン
■ヘルプ

2013年(2013 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、火曜日から始まる平年平成25年。

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。

他の紀年法

各紀年法による2013
 
西暦 2013年
MMXIII
干支 癸巳
和暦 平成25年
檀君紀元 檀紀4346年
 - 主体暦 主体102年
民国紀元 民國102年
タイ太陽暦 พ.ศ. 2556
ローマ建国紀元 2766
アルメニア暦 1462
ԹՎ ՌՆԿԲ
アッシリア暦 6763
バハーイ暦 169–170
ベンガル暦 1420
ベルベル暦 2963
英国元号 61 Eliz. 2 – 62 Eliz. 2
ビルマ暦 1375
世界創造紀元 7521–7522
コプト暦 1729–1730
エチオピア暦 2005–2006
ユダヤ暦 5773–5774
ヒンドゥー暦
 - ビクラム暦 2069–2070
 - インド国定暦 1935–1936
 - カリ・ユガ 5114–5115
完新世暦 12013
イラン暦 1391–1392
ヒジュラ暦 1434–1435
UNIX時間 1356998400–1388534399
このテンプレートを: 表示ノート編集履歴

カレンダー

1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

できごと

1月

2月

隕石の爆発地点から約200km離れたエカテリンブルクで観測された隕石雲

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

ポールと友人が乗っていて車両は ポルシェ・カレラGT に乗っていた。実際ハンドリングが悪く有名レーサーなどが【ハンドリングが悪く、スピードを出しすぎると素人にはカーブは曲がりきれない】と公言している。

12月

周年

イベント・行事

国際年

国際年」も参照
  • 国際水協力年(International Year of Water Cooperation)
  • 国際キヌア年(International Year of Quinoa)

天文現象

小惑星と隕石

2月15日UTC)に以下の二つの事柄が起きた。後述の通り、時期的な重なりは偶然とされる。

二つの彗星

3月中旬頃をピークにパンスターズ彗星(C/2011 L4)、11月下旬頃をピークにアイソン彗星(C/2012 S1)という二つの彗星太陽に接近・通過し、大彗星になる可能性があると期待されていた。以下、特に注目されていた後者の彗星について述べる。

11月から翌年の初頭にかけてアイソン彗星(C/2012 S1)が肉眼でも観測可能と予測され、特に近日点を通過する11月28日以降には視等級がマイナスになる可能性もあり、金星満月より明るい大彗星(視直径は満月以下)になるのではないかと期待されていた(ただし、あくまでも地球からの距離、近日点距離、彗星核の直径などから計算された予測であり、過去には期待通りの明るさにならなかった例もある)[149]。しかし、前述の近日点を通過した際に彗星の大部分が崩壊し[150]、近日点通過後に期待されていた大彗星としての観測は不可能となった。

太陽活動の異変

この年の後半には太陽活動極大期が予測されていた(実際には2014年4月に到来[151][152])が、通常の極大期と比べて黒点数は少なく太陽の活動も低調に推移している[153]。また、極大期には太陽の北極部と南極部において磁場が反転する現象(ポールシフト)が起きるが、今回の磁場の反転は北極部で日本の太陽観測衛星「ひので」により2012年に観測されたものの南極部では1年以上遅れており、北極部と南極部で同じ磁極となる特殊な状態(太陽磁極の四重極構造[154][155])が一時的に見られた[156]。なおNASAによると、今回の磁場の反転は本年12月末までに完了している[157]

極大期に突入して黒点が少ない状況は17世紀マウンダー極小期と類似しており、この時期には約70年に渡って黒点が極端に少ない状況が続き、さらにイギリスロンドンテムズ川アイススケートができるなどヨーロッパ北米大陸、その他地域で気温の低下も同時に起きており、今回も地球が寒冷化するのではないかと考える専門家もいる[153][158]

その他の天文現象

自然科学

ヒッグス粒子の存在の確定
2012年7月に欧州原子核研究機構(CERN)が発表した「新たな粒子の発見」について、その後の詳細な分析によりこの粒子がヒッグス粒子であったことが確定された。同粒子はあらゆる物質質量を持つに至ったことについて鍵を握る素粒子とされる。標準理論における最後の未発見素粒子であったヒッグス粒子の発見により同理論は完成を見たが、同理論だけでは宇宙全体の物質の僅か4.9%しか解明できていないとされており、同粒子の更なる解析により宇宙の大部分を占める未知の物質(暗黒物質ダークエネルギー)の解明への手がかりになるのではないかと期待されている[159]
今回の発見・確定からほとんど間を置かずに、2013年のノーベル物理学賞はヒッグス粒子の存在を予言したピーター・ヒッグスイギリスエディンバラ大学名誉教授)とフランソワ・アングレールベルギー・ブリュッセル自由大学名誉教授)へ贈られた[159]

経済

詳細は「2013年の経済」を参照

政治

詳細は「2013年の政治」を参照

芸術・文化・ファッション

スポーツ

2013年のスポーツ」を参照

音楽

2013年の音楽」を参照

映画

詳細は「2013年の映画」を参照

文学

2013年の文学」を参照

ゲーム

「Category:2013年のコンピュータゲーム」も参照
  • PlayStation 4 本体とコントローラ

    PlayStation 4 本体とコントローラ

  • Xbox One 本体とコントローラ

    Xbox One 本体とコントローラ

誕生

2013年の日本#誕生」および「Category:2013年生」も参照

死去

訃報 2013年」を参照

ノーベル賞

フィクションのできごと

  • 5月 - 鳳凰島にて、死亡事故が発生。この事故を口実に島での噂を調査させるため、甲斐峯秋警察庁次長からの密命を受けた警察庁長官官房付の神戸尊が特命係を訪問、杉下右京警部と甲斐亨巡査部長に鳳凰島に行くように命じる。命を受けた二人は島に上陸。調査を開始する。この事故を期に防衛省、政府の陰謀に関わる事件に発展していく。(映画『相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』)
  • 5月 - 「キカイマシーン帝国」の巨大飛行物体が飛来し、16日に地球の明け渡しを要求。日本政府がこの要求を黙殺したため、キカイマシーン帝国はビーム兵器や機械兵軍団などによって地上を攻撃する。これに対し、地球防衛を目的とする謎の組織「グランゼーラ防衛軍」が対抗する。(グランゼーラエイプリルフールイベント「キカイマシーン帝国襲来」)[161]
  • 6月29日6月30日 - 7月1日 - アメリカのトールオークスと中国蘭祥(ランシャン)で相次いでバイオテロが発生。アメリカ大統領を含む多数の死者が出る。トールオークスが爆撃され消滅。同時に合衆国大統領直轄組織『DSO』と対バイオテロ組織『B.S.A.A.』によって、蘭祥でのバイオテロが鎮圧されると同時に、バイオテロの首謀者の大統領補佐官ディレック・C・シモンズと、テロ組織『ネオ・アンブレラ』総統のカーラ・ラダメスが殺害された事によりバイオテロが終結する。(ゲーム『バイオハザード6』)
  • 初夏 - 北海道雲雀ヶ崎市を始めとする日本各地で数十年ぶりとなる部分日食、一部地域では皆既日食を観測する。(ゲーム『星空のメモリアeternal heart』)
  • 8月10日[注釈 1] - 「K-DAY」。太平洋海底の地殻プレートに生じた「ブリーチ」から怪獣「トレスパッサー」が出現し、サンフランシスコからアメリカに上陸。トレスパッサーは戦術核兵器を含む攻撃を受けて6日後に倒され、核爆発によってオークランドに生じた汚染区域は、後に「オブリビオン・ベイ」となる。(映画『パシフィック・リム』)[162][163]
  • 8月23日 - 地球帝国宇宙軍が建造した人類初の超光速宇宙戦艦「るくしおん」が進宙する。(アニメ『トップをねらえ!』)[164][165]
  • 8月27日 - オクラホマ州クーガーズロック、房総半島沖合、地中海上にて、重力低下現象や電磁誘導現象、時間の加速などを伴う「スポット」が出現。翌日には南太平洋インド洋南大西洋上にも発生する。これにより、スポット付近の「停滞台風」や、世界各地での異常気象などが生じることになる。(小説『時の果てのフェブラリー』)[注釈 2][166]
  • 10月4日 - 「糸守町彗星災害」発生。1200年ぶりに地球に最接近した「ティアマト彗星」の核が地球近傍で砕け、直径40メートルの岩塊を内包した破片が隕石となり岐阜県糸守町に落下する。被害は町内の広範囲におよび、500名以上が死亡。糸守湖に隣接する形で生じたクレーターは糸守湖と一体化し「新糸守湖」となる。(アニメ映画『君の名は。』)[167]
  • 時期不明 - 映画『エスケープ・フロム・L.A.』の設定年代。
  • 警視庁捜査一課刑事の三浦信輔が、昇任試験に合格、警部補へ昇格するが、甲斐峯秋警察庁次長が浚われた事件で足を負傷、杖なしでは歩けない状態になり、警視庁を依願退職。(テレビドラマ『相棒 season12』)
  • 宇宙船「ギャニミード号」が誤って地球に持ち帰った宇宙病原体によって「ギャニミード号の惨事」が発生する。(小説『宇宙ヴァンパイアー(英語版)』)[168]
  • 宇宙からの電波および飛行物体の確認によって、地球外生命体「フォーリナー」の存在が発見される。その後、フォーリナーとの接触が試みられるも失敗に終わる。(ゲーム『地球防衛軍3』)[169][170]
  • 大知性体が地球人の魂をインターネット上にアップロードする。(ドラマ『ドクター・フー』)
  • ザイゴンがロンドン塔を制圧、人類側の自衛措置によりロンドン滅亡の危機。(ドラマ『ドクター・フー』)
  • 揚陸艇型の「進化侵略体」が台湾・高雄市に上陸し、台湾軍および超国家機関「DOGOO」と交戦。DOGOO所属者および居合わせた小椋しおら「E遺伝子ホルダー」によって揚陸艇型は蓮池潭公園内で撃破されるが、直後に自爆する。この進化侵略体の地上への初上陸を受けて、DOGOOの存在が公表される。(漫画・アニメ『ノブナガン』)[171]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 小説版では8月11日
  2. ^ 旧版では1998年。

出典

一部の出典の記事タイトルに伏字としている部分がある

  1. ^ “中国、民主政治求める記事改ざん”. ロイター (ロイター通信). (2013年1月4日). http://jp.reuters.com/article/kyodoMainNews/idJP2013010401001258 2013年1月9日閲覧。 
  2. ^ 7代目シボレー・コルベットは2013年1月13日、デトロイトで発表されます(clicccar 2012/10/21)
  3. ^ 【デトロイトモーターショー13】シボレー コルベット 新型、フロントデザイン流出(レスポンス 2012年12月19日)
  4. ^ アルジェリアの天然ガス施設襲撃、人質の日本人負傷か AFP BBNews 2013年1月17日閲覧
  5. ^ “米国とソマリアが国交樹立”. AFPBB News (AFP通信). (2013年1月18日). http://www.afpbb.com/article/politics/2921716/10122639 2013年1月18日閲覧。 
  6. ^ 「最高の国務長官の一人」クリントン氏退任 日テレNEWS24 2013年2月2日閲覧
  7. ^ トルコの米大使館前で自爆テロ 3人死傷 スポーツニッポン 2013年2月1日閲覧
  8. ^ ソロモン沖地震:5人死亡、複数の不明情報も 毎日新聞 2013年2月6日閲覧
  9. ^ ソロモン諸島:地震の死者9人に 毎日新聞 2013年2月8日閲覧
  10. ^ “ローマ法王が28日に退位 高齢理由、600年ぶり自己意思で 3月末までに新法王選出へ”. 産経新聞. (2013年2月11日). https://www.sankei.com/world/news/130211/wor1302110002-n1.html 2013年2月11日閲覧。 
  11. ^ 北朝鮮が核実験強行 成功と発表 産経新聞 2013年2月12日閲覧
  12. ^ 【グアム通り魔】繁華街に刃物男、日本人観光客2人死亡12人重軽傷 地元のXX歳男を逮捕 MSN産経新聞 2013年2月13日閲覧。
  13. ^ 隕石落下 負傷者150人に ロシア非常事態省「パニックに陥らないよう」呼び掛け MSN産経ニュース 2013年2月15日閲覧。
  14. ^ 韓国:朴大統領が就任「北朝鮮、核放棄を」 毎日新聞 2013年2月25日閲覧
  15. ^ ルクソール気球墜落:死者は19人 日本人は4人 毎日新聞 2013年2月27日閲覧
  16. ^ WBCを世界一決戦と公認(スポニチ 2011年12月4日)
  17. ^ 選管発表:次回総選挙2013年3月実施—迷走する日程設定(ジェトロ・アジア経済研究所 2012年3月21日)
  18. ^ チャベス大統領が死去 ベネズエラ(CNN.co.jp)
  19. ^ “チャベス大統領の国葬、30か国以上の首脳が参列 ベネズエラ”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年3月9日). http://www.afpbb.com/article/politics/2933013/10406486 2013年3月9日閲覧。 
  20. ^ “【東日本大震災2年】中国が追悼式ボイコット 台湾の「指名献花」に反発”. 産経新聞. (2013年3月11日). https://www.sankei.com/politics/news/130311/plt1303110001-n1.html 2013年3月11日閲覧。 
  21. ^ EUがほとんどの化粧品の動物実験を禁止へ(The Straits Times 2003年1月17日/地球生物会議ALIVE)
  22. ^ Actuele stand van zaken veiligheidstests voor cosmetica(NCV-Cosmetica 14/07/2011)
  23. ^ Planck 2013 results. I. Overview of products and scientific results Astronomy & Astrophysics
  24. ^ 米特許制度が先願主義に転換へ、オバマ大統領が改正案に署名(ITpro 2011年9月20日)
  25. ^ [アメリカ特許制度の改正]13) 先願主義への移行(アペリオ国際特許事務所)
  26. ^ 山崩れで83人生き埋め チベット自治区の金鉱山 MSN産経新聞 2013年3月30日閲覧。
  27. ^ http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013040500999
  28. ^ イラン南西部でM6.3の地震、32人死亡・原発に被害なし ワールド 中東 ロイター、2013年4月9日-2013年4月14日閲覧
  29. ^ イラン南部地震の被災地の最新情報 イラン日本語ラジオ 2013/04/11(木曜) 20:02-2013年4月14日閲覧
  30. ^ 市場の鶏・ウズラからウイルス 中国の鳥インフルエンザ 朝日新聞 2013年4月7日閲覧。
  31. ^ a b “イラン・パキスタン国境付近でM7.8”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月16日). オリジナルの2013年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0417-2332-38/www3.nhk.or.jp/news/html/20130416/t10013963871000.html 2013年4月17日閲覧。 
  32. ^ Magnitude 7.8 - IRAN-PAKISTAN BORDER REGION 2013 April 16 10:44:20 UTC
  33. ^ Magnitude 7.5, Sistan va Baluchestan Province Tuersday, April 16, 2013 at 10:44:17 (UTC) Preliminary Earthquake Report Iranian Seismological Center
  34. ^ 四川雅安地震死亡人数达124人 3000余人受伤 中国新闻网 2013年4月20日付
  35. ^ 四川省地震の死者124人、負傷者3千人以上 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013年4月20日付
  36. ^ 中国四川地震、死者157人に 負傷者5800人超す 朝日新聞デジタル 2013年4月20日付/2013年4月21日更新
  37. ^ “87歳、伊ナポリターノ大統領2期目就任「政府は即刻つくらねば」主要陣営を叱責”. 産経新聞. (2013年4月23日). https://www.sankei.com/world/news/130423/wor1304230003-n1.html 2013年4月23日閲覧。 
  38. ^ 首相候補にレッタ氏=中道左右の大連立へ-伊 時事通信 2013年4月24日閲覧
  39. ^ オランダで新国王の即位式、皇太子ご夫妻も笑顔で参列 Reuters JAPAN 2013年5月1日閲覧
  40. ^ オーストラリアで金環日食 AFP BBNews 2013年5月11日閲覧
  41. ^ The Economist (2013年6月24日). “ブラジルのデモ:街頭に繰り出す市民の望みは?”. Japan Business Press. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38071 2013年6月27日閲覧。 
  42. ^ “安倍首相との会談翌日、チェコ首相が辞任”. 読売新聞. (2013年6月18日). オリジナルの2013年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/ixHqp 2013年6月18日閲覧。 
  43. ^ “ラッド氏、豪労働党の党首に返り咲き首相に”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2013年6月27日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324873304578570413118195002.html 2013年6月27日閲覧。 
  44. ^ “富士山を正式登録 世界遺産委が実質審議終了”. 静岡新聞社. (2013年6月27日). http://www.at-s.com/news/detail/696033433.html 2013年6月27日閲覧。 
  45. ^ “日本の調査捕鯨、豪が中止要求 国際司法裁で審理”. 日本経済新聞. (2013年6月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2603D_W3A620C1FF1000/ 2013年6月27日閲覧。 
  46. ^ “「同性婚否認」の法律は違憲、米連邦最高裁が初の判断”. ロイター. (2013年6月27日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE95Q00620130627 2013年6月27日閲覧。 
  47. ^ “ブラジル、3-0の完勝でコンフェデ杯3連覇! スペインの公式戦無敗記録に終止符”. goal.com. (2013年7月1日). http://www.goal.com/jp/match/114883/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB-vs-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/report 2013年7月1日閲覧。 
  48. ^ “クロアチア、EU加盟でバルカン安定へ前進 財政・汚職には課題、不安視”. 産経新聞. (2013年7月2日). https://www.sankei.com/world/news/130702/wor1307020032-n1.html 2019年7月29日閲覧。 
  49. ^ “エジプト軍がクーデター、大統領を排除 憲法停止宣言”. 産経新聞. (2013年7月4日). https://www.sankei.com/article/20130704-JD36CAULVBLGHM4L2X6WD253Y4/ 2013年7月4日閲覧。 
  50. ^ “ソフトバンクのスプリント買収が完了 孫氏が会長に就任 携帯世界3位に”. 産経新聞. (2013年7月11日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130711/biz13071109090002-n1.htm 2013年7月14日閲覧。 
  51. ^ “パリ郊外列車脱線 死傷者多数”. NHK News Web. 日本放送協会. オリジナルの2013年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0715-1724-23/www3.nhk.or.jp/news/html/20130713/k10013018611000.html 2013年7月15日閲覧。 
  52. ^ 行方不明者5700人の死亡宣告=インド北部の豪雨 時事通信 2013年7月15日閲覧。
  53. ^ “パナマ当局が北朝鮮籍の船舶を拿捕、砂糖のコンテナから武器”. ロイター. (2013年7月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96F05K20130716 2013年8月8日閲覧。 
  54. ^ “キューバ「北で修理」 拿捕船舶から武器、釈明”. 産経新聞. (2013年7月18日). https://www.sankei.com/article/20130718-4FM4ILRW7JLVNC6TAIKMKVXL6M/ 2013年8月8日閲覧。 
  55. ^ “デトロイト市が財政破綻、米地方自治体として過去最大規模”. ロイター. (2013年7月19日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0FO4CL20130718 
  56. ^ 海兵隊真似たキャンプ 高校生5人波にさらわれ死亡 KBS WORLD Radio (2013年7月20日) 2020年11月2日閲覧。
  57. ^ “ベルギー国王が退位表明、フィリップ皇太子即位へ 建国記念日の21日”. 産経新聞. (013-07-04). https://www.sankei.com/article/20130704-E6TKAZY2Q5NPFG4WWI6AIE22SM/ 2013年7月4日閲覧。 
  58. ^ “中国・甘粛省地震の死者89人に、家屋倒壊で重傷者も500人超”. ロイター. (2013年7月23日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96M02Q20130723 2013年8月16日閲覧。 
  59. ^ “甘粛省での地震…死者95人、負傷者は1000人以上”. サーチナ. (2013年7月24日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0724&f=national_0724_061.shtml 2013年8月16日閲覧。 
  60. ^ “Accidente en Santiago: Un novo falecemento eleva o número de vítimas mortais a 79” (ガリシア語). La Voz de Galicia (2013年7月28日). 2013年7月29日閲覧。
  61. ^ a b “運転士の身柄拘束=減速間に合わず-スペイン脱線事故”. 時事通信. (2013年7月26日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013072600960 2013年7月26日閲覧。 
  62. ^ “速度超過が事故原因か=スペインの高速鉄道脱線”. 時事通信. (2013年7月26日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013072500939 2013年7月26日閲覧。 
  63. ^ “シリア内戦の犠牲者10万人超す 国連事務総長”. CNN. (2013年7月26日). http://www.cnn.co.jp/world/35035153.html 2013年7月26日閲覧。 
  64. ^ “北朝鮮の停戦60周年記念行事から見えてきたこと”. 2014年6月27日閲覧。
  65. ^ “カンヌで52億円相当の宝石盗難 高級ホテルの展示会”. 産経新聞. (2013年7月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130729/erp13072900450000-n1.htm 2013年7月29日閲覧。 
  66. ^ “ロシア、スノーデン容疑者の1年間亡命認める”. 読売新聞. (2013年8月1日). オリジナルの2013年8月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/PNRuy 2013年8月1日閲覧。 
  67. ^ “スノーデン容疑者亡命に「失望」=ロシアとは協力、G20出席へ-米大統領”. 時事通信. (2013年8月4日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013080700235 2013年8月7日閲覧。 
  68. ^ “ロシアとの首脳会談見送り=元CIA職員亡命も一因-米大統領”. 時事通信. (2013年8月8日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013080701050 2013年8月8日閲覧。 
  69. ^ “ベルルスコーニ元首相の有罪確定…伊最高裁”. 読売新聞. (2013年8月2日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130802-OYT1T00214.htm 2013年8月2日閲覧。 
  70. ^ “脱税のベルルスコーニ氏、公職停止を2年に短縮”. 読売新聞. (2013年10月19日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131019-OYT1T00818.htm?from=blist 2013年10月20日閲覧。 
  71. ^ “ロウハニ大統領が就任=核制裁の解除訴え-国際社会、穏健路線注視・イラン”. 時事通信. (2013年8月4日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013080400003 2013年8月4日閲覧。 
  72. ^ “収入格差は242倍 都市部でも深刻な富の偏在 中国 北京大調査”. 産経新聞. (2013年8月3日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130803/chn13080310170001-n1.htm 2013年8月7日閲覧。 
  73. ^ “米在外公館の閉鎖、10日まで延長-テロ攻撃への警戒続ける”. Bloomberg.co.jp. (2013年8月5日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MR15WZ6JTSEE01.html 2013年8月6日閲覧。 
  74. ^ “イエメンの米大使館職員が退避、アルカイダ攻撃警戒で”. AFPBB. (2013年8月7日). http://www.afpbb.com/article/politics/2960538/11143406 2013年8月7日閲覧。 
  75. ^ “米政府、パキスタンの米領事館に退避命令 テロ警戒”. CNN.co.jp. (2013年8月9日). http://www.cnn.co.jp/world/35035777.html 2013年8月10日閲覧。 
  76. ^ “密林40年生活の父子保護 ベトナム中部、戦争中から”. 産経新聞. (2013年8月9日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130809/asi13080922060003-n1.htm 2013年8月10日閲覧。 
  77. ^ “鳥インフル、「人・人」感染初確認=江蘇省で死亡の親子-中国”. 時事通信. (2013年8月8日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013080800633&j4 2013年8月8日閲覧。 
  78. ^ “火山噴火で6人死亡 インドネシア3000人避難”. 産経新聞. (2013年8月10日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130810/asi13081021470001-n1.htm 2013年8月16日閲覧。 
  79. ^ モスク襲撃で44人死亡 ナイジェリア - 2013.08.13 Tue posted at 10:18 JST (CNN)
  80. ^ モスクなど襲撃で56人死亡 ナイジェリア、過激派か - 2013.8.13 12:13(MSN産経ニュース)
  81. ^ 56人殺害される=ナイジェリア 時事ドットコム
  82. ^ “インド:初の国産空母が進水式 中国をけん制”. 毎日新聞. (2013年8月13日). http://mainichi.jp/select/news/20130813k0000m030133000c.html 2013年8月13日閲覧。 
  83. ^ “エジプト衝突の死者578人に、国連安保理は緊急会合開催へ”. ロイター. (2013年8月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97E06C20130815 2013年8月16日閲覧。 
  84. ^ フィリピンのフェリー沈没、死者38人に 82人依然不明 (CNN .co.jp)
  85. ^ 死者38人、不明者82人に=比フェリー沈没事故(時事ドットコム)[リンク切れ]
  86. ^ 貨物列車が脱線、無賃乗車の外国人ら23人死傷 メキシコ CNN.co.jp
  87. ^ イラクで爆発や銃撃相次ぎ27人死亡 CNN.co.jp
  88. ^ ブラジル外相が辞任 ボリビアとの外交問題で引責か CNN.co.jp
  89. ^ 建設中の商業施設倒壊、作業員6人死亡 ブラジル CNN.co.jp
  90. ^ インド西部で建物倒壊、5人死亡 CNN.co.jp
  91. ^ ケニアでバス事故、死者多数 CNN.co.jp
  92. ^ アラスカで推定M7.0の地震 CNN.co.jp 2013年8月30日
  93. ^ 中国南西部のM5.9地震、被害の拡大判明 犠牲者4人に CNN.co.jp 2013年8月31日
  94. ^ 中国、M5.9の地震で死者 CNN.co.jp 2013年8月31日
  95. ^ 中国でM5.9の地震、被害も CNN.co.jp 2013年8月31日
  96. ^ チュニジアで49人が脱獄、13人拘束 CNN.co.jp 2013年9月3日付
  97. ^ バグダッドで爆発相次ぐ 27人死亡、50人負傷 CNN.co.jp 2013年9月4日付
  98. ^ G20:開幕 シリア問題が最大の焦点に 毎日jp 2013年9月5日付
  99. ^ “G20首脳会合が今夜ロシアで開幕 シリア問題も議題に”. 産経新聞. (2013年9月5日). https://www.sankei.com/economy/news/130905/ecn1309050023-n1.html 2013年9月5日閲覧。 
  100. ^ イスタンブール、2020年夏季五輪開催ならず AFP (2013年9月8日) 2020年8月27日閲覧。
  101. ^ 2020年五輪、東京が開催都市に決定
  102. ^ 2020年「東京五輪」に決定
  103. ^ “習近平主席がカザフスタンの大学で講演”. (2013年9月8日). http://j.people.com.cn/94474/8393141.html 2014年5月28日閲覧。 
  104. ^ 東京五輪、レスリング残留決定…改革着手を評価 YOMIURI ONLINE 2013年9月9日付
  105. ^ IOC会長にバッハ氏…ドーピング問題取り組む YOMIURI ONLINE 2013年9月11日付
  106. ^ “米ロ、化学兵器管理・廃棄で合意=軍事行動は当面回避-14年半ばの達成目標”. 時事ドットコム (時事通信社). (2013年9月15日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013091500002 2013年9月15日閲覧。 
  107. ^ イラク北部のモスルで自爆テロ、死傷者84人 CNN.co.jp 2013年9月15日付
  108. ^ インドネシアで火山噴火、6200人避難 CNN.co.jp 2013年9月17日付
  109. ^ カナダでバスと列車が衝突、6人死亡 CNN.co.jp 2013年9月19日付
  110. ^ “【シリア化学兵器】安保理、全廃決議 来年半ば期限に来月1日までに査察”. MSN産経ニュース. (2013年9月28日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130928/erp13092810060000-n1.htm 2013年10月1日閲覧。 
  111. ^ “米連邦政府機関が17年ぶりに閉鎖―予算協議まとまらず”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2013年10月1日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304827404579108320201967580.html 2013年10月1日閲覧。 
  112. ^ “【米政府機関閉鎖】自由の女神や国立公園も閉鎖 警察、医療は維持も影響に懸念広がる”. MSN産経ニュース. (2013年10月1日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/131001/amr13100123020009-n1.htm 2013年10月1日閲覧。 
  113. ^ “米、デフォルト回避=政府機関、きょう再開-上下院が合意案可決”. 時事通信. (2013年10月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013101700316 2013年10月17日閲覧。 
  114. ^ 「神の粒子」ヒッグス粒子の存在が確定 科学がどんどん霊界に近づいていく(ザ・リバティWeb 2013年10月4日)
  115. ^ “水俣条約を採択…水銀の採掘や輸出入など規制”. 読売新聞. (2013年10月10日). http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20131010-OYT1T00426.htm 2013年10月11日閲覧。 
  116. ^ “フィリピン地震から5ヶ月、ボホール島の現状 -自分事と捉えるべき防災減災について(矢萩邦彦) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2021年4月6日閲覧。
  117. ^ “ラオス航空の旅客機が墜落、乗員乗客49人死亡”. CNN.co.jp. (2013年10月17日). http://www.cnn.co.jp/world/35038610.html 2013年10月17日閲覧。 
  118. ^ “サウジ、国連安保理の非常任理事国辞退─安保理入り拒否は前例なし”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2013年10月20日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304134704579146190446733808.html 2013年10月21日閲覧。 
  119. ^ “山火事「45年で最悪」か=シドニー含め非常事態宣言-豪”. 時事通信. (2013年10月21日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013102100056 2013年10月21日閲覧。 
  120. ^ “天安門前で車突入、5人死亡 故意の可能性 邦人ら38人けが”. 日本経済新聞. (2013年10月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2804E_Y3A021C1FF1000/ 2013年10月28日閲覧。 
  121. ^ “【天安門車炎上】警察、長安街を封鎖、AFP記者ら一時拘束、ネット投稿次々削除”. 産経新聞. (2013年10月29日). https://www.sankei.com/world/news/131029/wor1310290019-n1.html 2013年10月29日閲覧。 
  122. ^ “欧州の暴風で十数人が死亡、空の便など乱れる”. ロイター. (2013年10月29日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE99S00320131029 2013年10月29日閲覧。 
  123. ^ “アジアと欧州結ぶ海底トンネルが開通 トルコ”. CNN.co.jp. (2013年10月30日). http://www.cnn.co.jp/business/35039169.html 2013年11月1日閲覧。 
  124. ^ “米連邦航空局、全飛行段階での電子機器使用を解禁へ”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2013年11月1日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303343404579170283982942094.html 2013年11月1日閲覧。 
  125. ^ “米ロス空港で銃撃事件 空港職員1人死亡、容疑者拘束”. MSN産経ニュース. (2013年11月2日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131102/crm13110208030001-n1.htm 2013年11月3日閲覧。 
  126. ^ “史上最強スーパー台風「ハイエン」フィリピン上陸から5年 (森さやか) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年5月19日閲覧。
  127. ^ “米とイスラエル、ユネスコでの投票権失う”. 読売新聞. (2013年11月9日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131109-OYT1T00739.htm 2013年11月10日閲覧。 
  128. ^ ロシアで旅客機が墜落、炎上 乗客乗員50人全員が死亡 朝日新聞 2013年11月17日閲覧
  129. ^ 仏左翼紙襲撃、X人重体=散弾銃の男が侵入 時事ドットコム 2013年11月19日閲覧。
  130. ^ “ラトビア首相が辞任、屋根崩落事故の引責で”. CNN.co.jp. (2013年11月28日). http://www.cnn.co.jp/world/35040602.html 2013年11月29日閲覧。 
  131. ^ “中国、尖閣上空に「防空識別圏」 日本と重複…空の緊張必至”. MSN産経ニュース. (2013年11月23日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131123/plc13112312410007-n1.htm 2013年11月29日閲覧。 
  132. ^ “米当局、B52爆撃機による中国の防空識別圏進入を日本に事前通知”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2013年11月27日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304471504579223411133560726.html 2013年11月29日閲覧。 
  133. ^ “アイソン彗星、消滅 「太陽最接近時に蒸発」NASA発表”. MSN産経ニュース. (2013年11月29日). http://sankei.jp.msn.com/science/news/131129/scn13112910260002-n1.htm 2013年12月1日閲覧。 
  134. ^ “アイソン彗星「生き延びたかも」…白く輝き飛ぶ”. 読売新聞. (2013年11月30日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131130-OYT1T00354.htm 2013年12月1日閲覧。 
  135. ^ “両陛下、インドへご出発 53年ぶり公式訪問”. MSN産経ニュース. (2013年11月30日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/131130/imp13113011400004-n1.htm 2013年12月1日閲覧。 
  136. ^ “和食が世界の和食に 「世界無形文化遺産」に登録”. 日本経済新聞. (2013年12月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXZZO63210430X21C13A1000004/ 2013年12月5日閲覧。 
  137. ^ “金正恩氏、個人独裁狙う ナンバー2張成沢氏解任 軍・党の世代交代急ぐ”. 日本経済新聞. (2013年12月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0903W_Z01C13A2FF2000/ 2013年12月10日閲覧。 
  138. ^ “張成沢氏を処刑 「敵に同調、国家転覆陰謀」と朝鮮中央放送 死刑判決、即日執行”. 産経新聞. (2013年12月13日). https://www.sankei.com/article/20131213-3DAYKKFYNFNDJEFSKNPHB35SCE/ 2013年12月13日閲覧。 
  139. ^ “中国の探査機、初の月面着陸に成功”. 日本経済新聞. (2013年12月14日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131214-OYT1T00944.htm 2013年12月15日閲覧。 
  140. ^ ロンドン地下鉄が開業150周年 - 英国ニュース、求人、イベント、コラム、レストラン、イギリス生活情報誌 - 英国ニュースダイジェスト
  141. ^ “ワーグナー生誕200年、論争の的であり続けた音楽家”. フランス通信社. (2013年5月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/2944936 2017年2月13日閲覧。 
  142. ^ “革命開始60年で式典 キューバ、議長が演説”. 産経新聞. (2013年7月26日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130726/amr13072623510009-n1.htm 2013年7月27日閲覧。 
  143. ^ “北朝鮮、朝鮮戦争休戦60年で大規模軍事パレード”. 産経新聞. (2013年7月23日). https://www.sankei.com/article/20130727-GHKSZKC7WZLWNAGZFTQE4LVF34/ 2013年7月27日閲覧。 
  144. ^ “Kristallnacht 75 Reflecting on Kristallnacht 75 Years Later.” (英語). 2013年11月9日閲覧。
  145. ^ “The 50th: HONORING THE MEMORY OF PRESIDENT JOHN F. KENNEDY” (英語). President John F. Kennedy Commemorative Foundation. 2013年10月26日閲覧。
  146. ^ “First Flight Society News & Events” (英語). First Flight Society. 2013年10月26日閲覧。
  147. ^ “毛泽东诞辰120周年” (中国語(簡体字)). 新浪公司. 2013年12月26日閲覧。
  148. ^ “GLOBAL 110TH ANNIVERSARY EVENTS” (英語). Harley Davidson. 2013年10月26日閲覧。
  149. ^ 新彗星「アイソン」、満月より明るい?(ナショナルジオグラフィックニュース 2012年10月1日)
  150. ^ アイソン彗星、崩壊した可能性 近日点通過(ITmedia 2013年11月29日)
  151. ^ 第25太陽活動周期の開始を確認。極小期は2019年12月だった(sorae 2020年9月16日)
  152. ^ 太陽活動の第25周期がスタート(アストロピクス 2020年9月16日)
  153. ^ a b 極大期でも低調な太陽活動:長期的活動低下も?(WIRED 2013年9月18日)
  154. ^ 太陽観測衛星「ひので」、太陽極域磁場の反転を捉えた(国立天文台「ひので」ホームページ 2012年4月19日)
  155. ^ NASA が「太陽の磁極の反転(磁場のポールシフト)」が始まったことを確認(In Deep 2013年8月8日)
  156. ^ 太陽活動に異常―黒点や磁極反転に異例の現象(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2013年11月12日)
  157. ^ Video: Sun has 'flipped upside down' as new magnetic cycle begins (英語記事)(インデペンデント 2013年12月29日)
  158. ^ “太陽元気なし 寒冷化予兆 11年周期の磁場転換起きず、黒点も最少”. 産経新聞. (2013年11月18日). https://www.sankei.com/article/20131118-YMCVZH2EY5OZ5CHDBDQWEQHXDM/ 
  159. ^ a b “2013年の自然科学部門のノーベル賞 物理学賞”. 産経新聞. (2013年10月21日). https://www.sankei.com/life/news/131021/lif1310210036-n1.html 
  160. ^ 次世代の据え置き型ゲーム機「Steam Box」とは何かがわかるまとめ(Gigazine 2013年11月07日)
  161. ^ キカイマシーン帝国襲来 オープニングムービー - Granzella Inc.公式チャンネル(YouTube)、2013年5月16日、2018年11月8日閲覧。
  162. ^ アレックス・アーバイン 『パシフィック・リム』角川書店、2013年、6,7,156頁。ISBN 978-4-04-100926-0。 
  163. ^ 映画の前日譚を描いたコミック『パシフィック・リム:イヤーゼロ』、2013年12月4日(水)発売! - PR TIMES小学館集英社プロダクションによるプレリリース)、2013年11月29日、2016年2月20日閲覧。
  164. ^ トップをねらえ!』劇中、第1話冒頭の新聞記事より。
  165. ^ 『トップをねらえ大全!』バンダイビジュアル、2012年、26,138,140頁。ISBN 978-4-04-899247-3。 
  166. ^ 山本弘 『時の果てのフェブラリー —赤方偏倚世界—』徳間書店、2001年、54-65,296頁。ISBN 978-4-19-905035-0。 
  167. ^ 新海誠 『小説 君の名は。』KADOKAWA、2016年、124,125,127頁。ISBN 978-4-04-102622-9。 
  168. ^ コリン・ウィルソン 『宇宙ヴァンパイアー』新潮社、1977年、13頁。ISBN 978-4-10-216201-9。 
  169. ^ 地球防衛軍3 - 『地球防衛軍3』公式サイト、2018年11月9日閲覧。
  170. ^ ストーリー - 『地球防衛軍3 PORTABLE』公式サイト、2018年11月8日閲覧。
  171. ^ 久正人 『ノブナガン 1』アース・スター エンターテイメント、2012年、13-117,213頁。ISBN 978-4-8030-0308-6。 

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、2013年に関連するメディアおよびカテゴリがあります。
21世紀の十年紀と各年
《1990年代 《2000年 19世紀 20世紀 - 21世紀 - 22世紀 23世紀 2101年》 2110年代》
2000年代 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
2010年代 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
2020年代 2020年 2021年 2022年 2023年 2024年 2025年 2026年 2027年 2028年 2029年
2030年代 2030年 2031年 2032年 2033年 2034年 2035年 2036年 2037年 2038年 2039年
2040年代 2040年 2041年 2042年 2043年 2044年 2045年 2046年 2047年 2048年 2049年
2050年代 2050年 2051年 2052年 2053年 2054年 2055年 2056年 2057年 2058年 2059年
2060年代 2060年 2061年 2062年 2063年 2064年 2065年 2066年 2067年 2068年 2069年
2070年代 2070年 2071年 2072年 2073年 2074年 2075年 2076年 2077年 2078年 2079年
2080年代 2080年 2081年 2082年 2083年 2084年 2085年 2086年 2087年 2088年 2089年
2090年代 2090年 2091年 2092年 2093年 2094年 2095年 2096年 2097年 2098年 2099年
2100年代 2100年
 
2013年の各国
Americas (orthographic projection).svg 2013年のアメリカ(関連カテゴリ:Category:2013年のアメリカ)
北アメリカ
中央アメリカ
カリブ海地域
南アメリカ
米国自治連邦区

各列内は五十音順。

  • 1 カリブ海地域にも領土を有する。
  • 2 中央アメリカと南アメリカに跨っている。
  • 3 南アメリカにも分類され得る。
Europe (orthographic projection).svg 2013年のヨーロッパ(関連カテゴリ:Category:2013年のヨーロッパ)
西ヨーロッパ
東ヨーロッパ
中央ヨーロッパ
南ヨーロッパ
北ヨーロッパ
バルト三国
自治領
その他

各列内は五十音順。
バチカンは国際連合非加盟。
「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧独立主張のある地域一覧も参照。

  • 1 アジアに分類されることもある。
  • 2 島嶼部はアジアにも分類され得る。
  • 3 バルカン半島はヨーロッパに分類され得る。
Africa (orthographic projection).svg 2013年のアフリカ(関連カテゴリ:Category:2013年のアフリカ)
北アフリカ
西アフリカ
東アフリカ
中部アフリカ
南部アフリカ
その他

各列内は五十音順。
「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧独立主張のある地域一覧も参照。モロッコ以外の独立国および西サハラはアフリカ連合に加盟。

Asia (orthographic projection).svg 2013年のアジア(関連カテゴリ:Category:2013年のアジア)
東アジア
東南アジア
南アジア
中央アジア
西アジア
北アジア
その他

各列内は五十音順。
「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧独立主張のある地域一覧も参照。

Oceania (orthographic projection).svg 2013年のオセアニア(関連カテゴリ:Category:2013年のオセアニア)
大陸部
ポリネシア
ミクロネシア
メラネシア
アメリカ合衆国の自由連合国
  • パラオ
  • マーシャル諸島
  • ミクロネシア連邦
ニュージーランドの自由連合国
  • クック諸島
  • ニウエ
海外領土・自治領等
  • アメリカ領サモア
  • ウォリス・フツナ
  • 北マリアナ諸島
  • グアム
  • トケラウ
  • ニューカレドニア
  • ノーフォーク島
  • フランス領ポリネシア
  • ピトケアン諸島
各列内は五十音順。
典拠管理 ウィキデータを編集
  • NKC: ch967314