鶴牧藩

鶴牧藩(つるまきはん)は、江戸時代 22後期から廃藩置県まで上総国に存在した。藩庁は鶴牧城(鶴牧陣屋。現在の千葉県市原市椎津)に置かれた。

藩史

鶴牧藩の位置
鶴牧 (椎津)
鶴牧 (椎津)
五井
五井
木更津
木更津
千葉
千葉
関連地図

安房国北条藩主であった水野忠韶文政10年(1827年)5月19日、上総国市原・望陀両郡に移封されたことから、鶴牧藩が立藩した。忠韶は市原郡椎津村1万7000坪の城地に陣屋を建設する。城主格大名であったことから、この陣屋は鶴牧城(鶴牧陣屋)と名づけられた。しかし忠韶は翌年5月27日に68歳で死去し、跡を養嗣子の水野忠実(酒井忠徳の次男)が継いだ。忠実は奏者番・西の丸若年寄などを歴任し、藩政においては藩財政再建のために倹約などの諸政策を講じたが、あまり効果はなかった。天保13年(1842年)1月19日に忠実は死去し、跡を嫡男の水野忠順が継いだ。明治元年(1868年)4月、戊辰戦争のときに鶴牧藩内の市原郡五井村で五井村戦争が起こる。この不手際から同年10月、安房国長狭や上総国夷隅・市原・埴生・長柄・山辺などの所領を上知され、代わって上総国市原・望陀両郡に新たな所領を与えられた。翌年の版籍奉還で忠順は藩知事となった。そして忠順は官制・軍制改革を主とした藩政改革を行なったが、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で鶴牧藩は廃藩となった。

歴代藩主

水野家

譜代。1万5000石。

  1. 水野忠韶
  2. 水野忠実
  3. 水野忠順

領地

1868年明治元年)の領地替えで、望陀郡1村、長柄郡1村を除いて領地が入れ替わっている。

幕末

  • 上総国
    • 望陀郡のうち - 1村(安房上総知県事を経て鶴牧藩に復帰)
    • 市原郡のうち - 12村(うち3村が菊間藩、1村が鶴舞藩、6村が安房上総知県事を経て鶴舞藩、1村が安房上総知県事を経て菊間藩に編入。1村が安房上総知県事を経て鶴牧藩に復帰)
    • 夷隅郡のうち - 1村(安房上総知県事を経て大多喜藩に編入)
    • 埴生郡のうち - 1村(鶴舞藩に編入)
    • 長柄郡のうち - 31村(うち24村が一宮藩、3村が花房藩、2村が鶴舞藩、1村が安房上総知県事を経て花房藩に編入)
    • 山辺郡のうち - 11村(安房上総知県事に編入)
  • 安房国
    • 長狭郡のうち - 5村(うち2村が花房藩、3村が安房上総知県事を経て花房藩に編入)
    • 朝夷郡のうち - 1村(安房上総知県事を経て長尾藩に編入)

廃藩時

  • 上総国
    • 望陀郡のうち - 13村(旧旗本領9村、与力給地1村、安房上総知県事領12村、内訳は旧旗本領9村、与力給地1村、鶴牧藩領1村、幕府領1村。なお相給が存在するため村数の合計は一致しない)
    • 市原郡のうち - 1村(旧佐貫藩西大平藩相給1村)
    • 長柄郡のうち - 2村(旧安房上総知県事領2村、内訳は旧鶴牧藩領1村、旗本領1村)

関連項目

  • 椎津城 - 中世に椎津にあった城郭
  • 姉崎藩 - 江戸時代前期に同一地域に藩庁を置いた藩
先代
上総国
行政区の変遷
1827年 - 1871年 (鶴牧藩→鶴牧県)
次代
木更津県
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。