高須藩

高須藩(たかすはん)は、江戸時代美濃国石津郡高須(岐阜県海津市)付近を領有した。藩庁は高須陣屋(初期は高須城)。一時期、駒野館(宝暦13年(1763年)- 安永7年(1778年))。江戸中期以降は名古屋藩支藩であった。

概要

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦い後、高須城1万石の高木盛兼は西軍に与したため改易となる。代わって東軍方の美濃松ノ木城主徳永寿昌が高須城を攻め取った軍功により、5万673石で入封し、高須藩が立藩した。寿昌は慶長6年(1601年)から城郭の修築などに尽力し、藩政を確立した。第2代藩主昌重の時代には加増を受けて5万3000石となった。しかし、寛永5年(1628年)2月28日、大坂城石垣普請助役に任ぜられたが、任務遅滞を理由に改易となった。このため、高須藩は廃藩となって笠松代官岡田善同が支配することとなる。

寛永17年(1640年)9月28日、下総関宿藩より小笠原貞信が2万2000石で入封した。貞信は城下の復興に尽力し、「高須日記」によると天和元年(1681年)には「繁昌の城と相成り、郷中堤樋共丈夫に相成り、万民安堵」とある。しかし水害の多さから藩政は困難となり、元禄4年(1691年)7月26日、越前勝山藩に転封となり、廃藩となる。その後、高須藩は幕府領を経て、笠松代官領となる。

信濃伊那郡高井郡水内郡内に3万石の所領を得て、高井藩を立藩していた名古屋藩第2代藩主徳川光友の次男松平義行は元禄13年(1700年)3月25日、所領の半分である1万5000石を高井郡・水内郡の領地と美濃国石津郡・海西郡内の領地とに交換された。よって高須に居所を定め、再度高須藩が成立し、以後尾張徳川家御連枝である松平家が領した。

名古屋藩主の子が立藩しており、宗家に嗣子が絶えたときこれを相続し、名古屋藩を輔弼する役割を果たすなど支藩として機能した。しかし、所領は幕府より与えられたものであった。第3代藩主の松平義淳は徳川宗勝として名古屋藩第8代藩主となり、第5代藩主の松平義柄も徳川治行として第9代藩主徳川宗睦の養子となった(相続前に早世)。また、第10代藩主松平義建には子が多く、次男は名古屋藩第14代藩主徳川慶勝、三男は石見浜田藩松平武成、五男は高須藩第11代藩主から名古屋藩第15代藩主、さらに後には御三卿一橋家当主となった(名乗りも松平義比→徳川茂徳→徳川茂栄と変遷)。七男が会津藩松平容保で、九男が桑名藩松平定敬幕末に活躍した藩主となった。十男の義勇は高須藩第13代藩主となっている。

藩政で特筆すべきことは、第4代藩主松平義敏が水害が起こることを考慮して、幕府に嘆願して駒野へ館を移し、第6代藩主松平義裕の時代に高須に戻したことくらいである。

明治2年(1869年)の版籍奉還で、最後の藩主であった松平義勇は高須藩知事に任じられる。明治3年(1870年)、名古屋藩に併合され廃藩となった。

歴代藩主

徳永家

外様 5万石 1600年 - 1628年

  1. 徳永寿昌
  2. 徳永昌重

小笠原家

譜代 2万2千石 1640年 - 1691年

  1. 小笠原貞信

高須松平家

親藩御連枝 3万石 1700年 - 1870年

  1. 松平義行
  2. 松平義孝
  3. 松平義淳
  4. 松平義敏
  5. 松平義柄
  6. 松平義裕
  7. 松平義当
  8. 松平義居
  9. 松平義和
  10. 松平義建
  11. 松平義比
  12. 松平義端
  13. 松平義勇
  14. 松平義生

幕末の領地

江戸屋敷

荒木町 (新宿区)にあった。

脚注


参考文献

先代
美濃国
行政区の変遷
1700年 - 1870年
次代
名古屋藩
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。