金沢市立中央小学校

金沢市立中央小学校
国公私立の別 公立学校 22
設置者 金沢市
併合学校 金沢市立長町小学校
金沢市立松ヶ枝町小学校
金沢市立長土塀小学校
金沢市立芳斎町小学校
設立年月日 1987年
創立記念日 9月13日
共学・別学 男女共学
分校 芳斎分校
学期 3学期制
所在地 920-0865
石川県金沢市玉川町2-1

北緯36度34分2.1秒 東経136度39分1.1秒 / 北緯36.567250度 東経136.650306度 / 36.567250; 136.650306座標: 北緯36度34分2.1秒 東経136度39分1.1秒 / 北緯36.567250度 東経136.650306度 / 36.567250; 136.650306
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示
長町一丁目にあったときの校舎(2011年1月撮影)

金沢市立中央小学校(かなざわしりつ ちゅうおうしょうがっこう)は、石川県金沢市にある公立小学校。

金沢市の中心部にあり、1987年(昭和62年)に長土塀小学校、長町小学校、芳斎町小学校、松ヶ枝町小学校の4校が合併して誕生した[1]

概要

ドーナツ化現象により金沢市内中心部の児童数が減少したことに伴い、1987年に長町小学校、松ヶ枝町小学校、長土塀小学校、芳斎町小学校の4校を統合して誕生した小学校である[2]

学校の歴史

  • 長町、松ヶ枝町、長土塀、芳斎町を統合。
  • 長町小学校(現・長町公民館・中央公民館長町館)中央公民館長町館は老朽化のため、将来的に解体・移転する予定。
  • 松ヶ枝町小学校(現・松ヶ枝公民館・福祉館) 松ヶ枝福祉館は老朽化のため、将来的に解体・移転する予定。
  • 芳斎町小学校(芳斎分校となった後、解体[3][4]。跡地は小・中学校特学分校、特別支援教育サポートセンター(仮称)、芳斎公民館・児童館となる予定[5])
  • 旧芳斎分校 (2017年8月26日撮影)

    旧芳斎分校
    (2017年8月26日撮影)

金沢市立玉川こども図書館及び玉川公園の一部の敷地に新たな校舎を新築して移転するとともに、現在の跡地には金沢市立小将町中学校が移る予定[6]

沿革

この節の出典

  • 令和3年度学校紹介(概要) (PDF) (昭和62年度と平成28年度以降分の沿革のみ)

進学先中学校と通学区域

多くの児童は卒業後、3つの中学校に分れて進学する。

紫錦台中学校へ進学する区域
下柿木畠、竪町42~82番地、大工町、片町1丁目1番8~30号、2~12番、片町2丁目、木倉町、香林坊1丁目1~2番、香林坊2丁目1~3番、4番1~16号・22~36号、5番11~17号、9番、10番1~21号・28~31号、11~14番、高岡町19番、長町1丁目1~3番、4番1~27号・54~60号、長町2丁目1~3番、4番1~18号・35~38号、5番1~21号・37~41号、中央通町1~10番、11番1~26号・40~54号、12~15番、17番1号、18番1~2号・22~23号、玉川町1番[8]
小将町中学校へ進学する区域
香林坊2丁目4番17~21号、5番2~10号・18~43号、7~8番、10番22~27号、高岡町1~18番、20~23番、武蔵町1~16番、17番1~2号・22~40号、上堤町、下堤町、博労町、青草町、上近江町、下近江町、十間町、下松原町、西町3番丁、西町4番丁、西町藪ノ内通、尾山町、南町、玉川町2番、尾張町1丁目1番1~9号、11番1~6号・26~27号、尾張町2丁目1~5番、6番53~57号、7番1~6号・16~18号、8番1~7号、彦三町1丁目1番、2番1号・18~29号、4番1~2号・32~39号、彦三町2丁目2番1~3号・17~19号、安江町1番1~10号・32~41号、11番2~34号、12番3~33号、13番3~28号、14番1~5号、14番20~23号、15番3~6号、本町1丁目1番1~4号・39~44号、袋町、丸の内4~5番、大手町1番3~8号[8]
高岡中学校へ進学する区域
武蔵町17番3~21号、長町1丁目4番28~53号、5~10番、長町2丁目4番19~34号、5番22~36号、6~7番、長町3丁目、中央通町11番27~39号、16番、17番2~30号、18番3~21号、19~22番、長土塀1~3丁目、三社町、昭和町1~2番、3番20号、5番8~21号、6番1~19号・21~28号、11番19~24号、13番3~27号・33~37号、14~16番、20番、21番4~17号、芳斎1~2丁目、六枚町、玉川町3~17番、本町1丁目1番5~38号、2番5~46号、3番4~24号、本町2丁目1~14番、18番1~15号・31~32号、柳町、島田町、玉井町、元菊町1~5番、6番6~15号、10番6~14号、11番1~4号・21~22号、大和町1~2番、3番1~24号・36~40号、4~5番[8]

周辺

交通アクセス

  • 金沢ふらっとバス長町ルート「中央小学校」バス停下車。
  • 西日本旅客鉄道(JR西日本)IRいしかわ鉄道金沢駅北陸鉄道北鉄金沢駅から、
    • 上述の金沢ふらっとバスで、此花ルートで8分「武蔵ヶ辻・金澤表参道」バス停で長町ルートに乗り換えて「中央小学校」バスまで24分。
    • 徒歩で、約1.5km・約23分。
      • 金沢ふらっとバスは途中要乗り換えの為、駅からは徒歩移動が早い。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “伝統生かし 新校風づくり 中央小で開校式 6年生らがテープカット”. 北国新聞: p. 17. (1987年4月3日) 
  2. ^ 金沢市教育委員会五十年史編纂委員会, ed (2005-03). 金沢市教育委員会五十年史. 金沢市教育委員会. p. 368-371 
  3. ^ “さらば思い出の校舎 金沢・旧芳斎町小 20日に見学会、地元町連有志が企画”. 北國新聞. (2021年6月15日). https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/440748 
  4. ^ “150年の学びやに別れ 金沢・中央小芳斎分校で見学会”. 北國新聞. (2021年6月21日). https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/446480 
  5. ^ “令和2年 第12回金沢市教育委員会定例会議”. 金沢市教育委員会. pp. 9-11 (2020年12月23日). 2021年9月28日閲覧。
  6. ^ “石川)中央小・小将町中を移転方針 金沢市長が表明”. 朝日新聞. (2017年9月5日). https://www.asahi.com/articles/ASK94554YK94PJLB00G.html 
  7. ^ “新校舎の完成祝う 統合校にふさわしい校風を 金沢市中央小”. 北国新聞(夕刊). (1987年7月10日) 
  8. ^ a b c “金沢市立中学校生徒通学区域”. 金沢市. 2013年9月1日閲覧。

関連項目

外部リンク

  • 金沢市立中央小学校
執筆の途中です この項目は、石川県学校に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ学校)。