過去

過去(かこ)とは、時間 22の流れを3つに分けて理解する場合の、既に過ぎ去った部分のこと[1]現在より以前の時のこと[2]。あるいは、すでに終わったできごとのこと。昔。対義語は未来

概要

アウグスティヌス(354-430)は、著書『告白』第11巻において、過去・現在・未来という時があるのではないと述べ、実際には過去の現在(過去が現にあること、過去を現に心に描いていること)、現在の現在、未来の現在があるのだとした。つまり、我々が過去と思っているのは結局、すでに起きたことの想起(記憶)なのだと述べたのである。

大森荘蔵(1921 - 1997)は『時間と自我』において、過去は「想起という様式」で振り返られる中にのみ存在する、と述べ、人々が“想起とは過去経験の再現または再生である”と思っているのは間違いだ、と指摘する。想起という様式が過去なのであって、他に過去があるわけではない、とする。

想起とは、知覚の想起であって知覚の再生ではない。海の青さを眼前に知覚することもできるが、それを灰色の都会の真中で想起することもできる。つまり、想起とは海の青さにかかわる今一つの経験の仕方として知覚と並ぶのである。一般的に言えば、一つの経験にかかわる様式には二つあって、その一つが知覚と行動の様式、今一つが想起なのである。 — 『時間と自我』 41頁

大森は、過去というのは言語の過去形を用いた知覚であるとする。

過去は、歴史考古学古天文学歴史言語学・歴史地質学・ 古生物学古植物学・古民族植物学・古地理学古気候学・古環境学・古海洋学・古宇宙論などの分野の研究の対象となっている。

アメリカの原住民インディアン達は、過去に対して、「永遠に過ぎ去ったものではなく、なおどこかに現存するもの」という解釈をしていた[3]。インディアン達は、その精神世界において、過去と未来を極度に混同したものとして解釈していた[3]

意思決定

過度に心配したり、将来について嫌な気分になったりしたときは、過去の成功体験に注目すると、よりよい判断ができるようになる[4]

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 広辞苑
  2. ^ デジタル大辞泉
  3. ^ a b マヤ・アステカの神話 76頁
  4. ^ “Focusing on past successes can help you make better decisions” (英語). Harvard Health (2021年4月1日). 2022年1月30日閲覧。

関連する格言

ウィキクォートに過去に関する引用句集があります。

参考文献

  • アイリーン・ニコルソン著・松田幸雄翻訳『マヤ・アステカの神話』(青土社) ISBN 4-7917-5227-9

関連項目

ウィクショナリーに関連の辞書項目があります。
過去
執筆の途中です この項目は、哲学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(Portal:哲学)。
主要概念
単位と規格
クロノメトリー(英語版)
単位系
時計
編年 ・ 歴史
宗教 ・ 神話
哲学
  • A系列とB系列(英語版)
  • 時間のB理論(英語版)
  • 因果性
  • 持続
  • 全体主義(英語版)
  • 永劫回帰
  • 永遠主義(英語版)
  • 事象(英語版)
  • 部分主義(英語版)
  • 現在主義(英語版)
  • 時間的有限論(英語版)
  • 時間的部分(英語版)
  • 時間の非実在証明(英語版)
人間の経験と
時間の利用
  • 会計期間
  • 時間学(英語版)
  • 会計年度
  • 世代時間(英語版)
  • 心的時間測定(英語版)
  • 先延ばし
  • 時間厳守
  • 時制データベース(英語版)
  • 期間
  • 時間規律(英語版)
  • 時間管理(英語版)
  • 時間知覚
  • 見かけの現在(英語版)
  • 時間記録ソフトウェア(英語版)
  • 生活時間統計(英語版)
  • 時間通貨(英語版)
  • お金の時間的価値(英語版)
  • タイムレコーダー
  • 勤務時間表(英語版)
  • 昨日
分野別の時間
地質学
物理学
その他の分野
関連項目
  • カテゴリカテゴリ
  • 曖昧さ回避ページ曖昧さ回避
典拠管理 ウィキデータを編集
  • GND: 4316381-6