運動障害

障害 22 > 身体障害 > 運動障害
Movement disorder
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
神経学
ICD-10 F44.4, F98.4, G25.8-G25.9, R25
ICD-9-CM 333.9, 781.0
MeSH D009069
テンプレートを表示

運動障害(うんどうしょうがい、: Movement disorder)とは、人体運動機能において何らかの永続的な障害が存じており、それが日常生活に不自由をもたらすほどの状態。治療法はその疾患によりけりである。

分類

25の障害と、18の下位分類を挙げることができる。

分類

身体障害者福祉法障害者総合支援法学校教育法等の法律では、肢体不自由と称する(ただし、肢体不自由者に対する教育を、運動障害教育[1]とする専門家もいる[2])。

先天性の場合と後天性の場合がある。運動障害とされている人の状況や重度は様々であり、自分自身で大抵のことができる者から他人の介護なしでは生活することが不可能な者まで存在する。

学校教育については「肢体不自由者#学校教育」を参照

関連項目

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 佐藤泰正編『特別支援教育概説 改訂版』学芸図書 2011年 など
  2. ^ 学校教育法上は、「肢体不自由教育」。

外部リンク

執筆の途中です この項目は、医学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:医学/Portal:医学と医療)。