言語障害

障害 22 > 身体障害 > 言語障害

言語障害(げんごしょうがい、英:Language disorder)とは、言語の適切な理解表現が困難な病態(状態)を言う。『DSM‒5』では言語症も併記されている。

言語障害には、「音声機能の障害」と「言語機能の障害」とがある。前者は、音声、発音、話し方についてであり、後者は、表現や理解についてである。

症状

音声機能の障害

音声や構音(発音)、話し方の障害のことである。

  • 構音障害(機能性、器質性、運動障害性、聴覚性)
  • 吃音症(話し方の流暢性とリズムの障害)
  • 痙攣性発声障害(局所性ジストニア
  • 速話症、乱雑言語症、早口言語症(en:Cluttering)等がある。早口言語症は、聴覚フィードバック系の機能不全であることが解っている。
  • また、脳性麻痺聴覚障害、口蓋裂、喉頭摘出、舌切除等によっても音声障害が生じる。

言語機能の障害

ことばの理解表現の障害である。

なお、言語発達障害には、特異的言語発達遅滞のほか、LDとの重なり、知的障害自閉症スペクトラム広汎性発達障害を含む)等に伴う場合がある。

治療法

言語障害に対するリハビリテーションは、医療機関等で言語聴覚士によって行われている。訪問リハビリテーションも実施されている。幼児、児童、生徒に対しては、幼児療育施設や、小学校中学校の言語障害通級指導教室、特別支援学級(言語障害学級)での言語指導が、言語聴覚士のほか、保育士教員等によっても行われている。

出典

外部リンク

  • 全国公立学校難聴・言語障害教育研究協議会
  • 日本コミュニケーション障害学会
 
福祉
児童福祉施設
法律・国際条約
障害者手帳
障害者団体
テレビ番組
障害の分類
障害者の分類
精神行動の障害(ICD-F - 290-319)
 
認知症
その他
 
統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害
 
神経症 - ストレス関連 - 身体表現性障害
不安障害
恐怖症
その他
適応障害
身体表現性障害
解離性障害
 
生理的・身体的
摂食障害
非器質性睡眠障害
性機能障害
  • 性的欲求(性欲低下障害 - 性欲亢進)
  • 性的関心・興奮 (女性の性的関心・興奮障害)
  • 勃起障害
  • オルガスム(無快楽症 - 射精遅延 - 早漏 - 性的冷感)
  • 疼痛膣痙 - 性交疼痛)
産後
 
成人のパーソナリティと行動
性と性同一性
その他
 
小児の精神障害
精神遅滞
  • X連鎖精神遅滞
  • (Lujan-Fryns症候群)
精神発達(発達障害
感情・行動の障害
 
未分類
対象障害
言語障害

失語症失読症・言語発達遅滞

聴覚障害
声・音声障害

構音障害・音声障害・吃音

高次脳機能障害
発達障害
その他
原因疾患
理論

音声学心理学解剖学・音響物理学・言語学統計学生理学・臨床神経学・社会福祉学

職場
病院診療所
学校
福祉施設ほか

児童福祉施設(児童発達支援センター・障害児入所施設)・老人保健施設老人福祉施設補聴器会社

人物

ライオネル・ローグ笹沼澄子飯高京子藤田郁代、立石雅子、中川信子苅安誠、熊倉勇美、小島千枝子、清水充子、関啓子、森田秋子、半田理恵子、田中春美、水田秀子、小嶋知幸、日詰正文、平澤哲哉

養成
関連職種
  • カテゴリ カテゴリ
典拠管理 ウィキデータを編集
  • GND: 4056500-2
  • J9U: 987007555614705171
  • LCCN: sh85074558
  • NKC: ph124391