水玉螢之丞

水玉 螢之丞
本名 吉田 けい
生誕 (1959-05-03) 1959年5月3日
日本の旗 日本 埼玉県浦和市(現さいたま市
死没 (2014-12-13) 2014年12月13日(55歳没)
日本の旗 日本 東京都
職業 漫画家、イラストレーター
ジャンル SF、イラスト
テンプレートを表示

水玉 螢之丞(みずたま けいのじょう、本名:吉田 けい(よしだ けい、旧姓:岡部)[1][2]、女性、1959年5月3日[3] - 2014年12月13日[4])は、日本イラストレーター漫画家である。

人物

埼玉県浦和市(現在のさいたま市)出身[5]。父は漫画家の岡部冬彦、兄は作家、軍事評論家の岡部いさく、姉は漫画家・挿絵画家のおかべりかである[2]。主にSF小説挿絵イラストを手がけるほか、漫画コラムも執筆している。くっきりした描線のポップなイラストで知られる。

自称「いさましいちびのイラストレーター」(トマス・M・ディッシュのSF小説『いさましいちびのトースター』に由来[6][7])。

釣りを趣味とする。

経歴

専門学校中退後、フリーターを経て会社員となるが11ヶ月で失業しフリーのイラストレーターになる[5]。初期は、立東社(2001年に倒産)から出版された音楽雑誌『PLUM』『キーボードスペシャル』『ロッキンf』においてインタビュー記事やコラムやイラストを執筆していたが、大森望によりSFファンであることを見出だされ、『SFマガジン』に連載を持つようになった。

第24回(1993年)、第26回(1995年)及び第46回(2015年)、星雲賞アート部門受賞[8][9]。第46回分は追贈。また、第47回(2016年)には『SFまで10000光年』『SFまで10万光年以上』で同賞ノンフィクション部門を受賞している[10]

2014年12月13日、肺がんのため、東京都内の病院で死去。55歳没。同年12月15日、本人のツイッターアカウントで夫から訃報がツイートされた。故人の希望により親族のみで葬儀が行われた[1][2][4][11][12][13]

没後の2018年2月27日~3月17日、東京古書会館でイラスト原稿、当時の掲載誌、関連グッズなどを展示した『水玉螢之丞おしごといろいろ展』が開かれた[14]

主な作品

著書・連載

  • こんなもんいかがっすかぁ(漫画、アスキー)ISBN 4-756106-31-5
    • こんなもんいかがっすかぁ まるごと!(漫画、復刊ドットコム)ISBN 978-4-8354-5297-5 ※上記の新装版
  • どんなもんありゃ〜すかぁ(イラスト&コラム、ASCII DOS/V ISSUE→ASCII Digital Buyer連載)
  • 水玉紳士録、元祖水玉本舗(イラスト&コラム、ファミコン通信、ファミ通連載)
  • 辺境の電脳たち(大森望との対談+イラスト、The BASIC連載)
  • SFまで10000光年(イラスト&コラム、SFマガジン連載、早川書房)ISBN 978-4152095527
  • SFまで100000光年(イラスト&コラム、SFマガジン連載)
    • SFまで10万光年以上(イラスト&コラム、早川書房)ISBN 978-4152095824
  • こんな○○欲しいッス(イラスト&コラム、モデルグラフィックス連載)
  • ナウなヤング(杉元伶一共著、岩波ジュニア新書)
  • 埼玉の恋(朝日新聞埼玉版、1992年10月 - 1996年3月[5]
  • 一人前釣り師への道(イラスト&コラム、月刊磯・投げ情報連載)
  • 堤防釣り部の野望(イラスト&コラム、月刊磯・投げ情報連載)
  • Hello Dolly!(イラスト&コラム、お人形ムック『Dolly*Dolly』連載)
  • すごいぞ!おかあさん(漫画、主婦と生活社『ね〜ね〜』連載)
  • ワンフェスのワンダちゃん(画集、本の雑誌社)ISBN 978-4860112899

イラスト

  • パソコンはまぐり(岬兄悟著、カバーイラスト、挿絵)ISBN 978-4877193065
  • わたしが愛したゲームキャラ(横山智佐著、カバーイラスト)ISBN 978-4797309416
  • つかぬことをうかがいますが…科学者も思わず苦笑した102の質問(イラスト)ISBN 978-4150502324
  • また、つかぬことをうかがいますが…科学者も居留守を使う98の質問(イラスト)ISBN 978-4150502591
  • おたくのインターネット(イラスト)ISBN 978-4840213851
  • おたくのインターネット2(イラスト)ISBN 978-4840215893
  • おたくのインターネット3(イラスト)ISBN 978-4840217422
  • ファイアーエムブレム・ザ・コンプリート(イラスト)ISBN 4-87188-822-3
  • 神麻嗣子の超能力事件簿シリーズ(カバーイラスト、口絵)
  • ゲームマシンはデイジーデイジーの歌をうたうか(小野不由美著、イラスト、対談)ISBN 978-4890529070
  • 「マジカルランド」シリーズ(イラスト)ISBN 978-4150202347
  • 「ハイテク遊戯塾」読売新聞日曜版(イラスト)
  • フリーゾーン大混戦(カバーイラスト) 1994年、ハヤカワ文庫SF

キャラクターデザイン・原案

脚注

  1. ^ a b “漫画家の水玉螢之丞さん死去 「SFマガジン」で活躍”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年12月16日). 2014年12月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c “イラストレーター・水玉螢之丞さんが死去”. 2014年12月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。, 読売新聞, 2014年12月16日
  3. ^ お人形ムック『Dolly*Dolly』内のコラム「Hello Dolly!」では「バービーと同い年、リカちゃんの誕生日生まれ」と紹介されている。
  4. ^ a b @miztama1016 (2014年12月15日). "12月13日、妻・螢之丞が入院先の病院で永眠いたしました。" (ツイート). Twitterより2020年11月6日閲覧
  5. ^ a b c “水玉螢之丞さん、オタクへ愛あるツッコミ 異色企画「埼玉の恋」”. withnews. (2014年12月20日). https://withnews.jp/article/f0141220000qq000000000000000W01n0601qq000011284A 
  6. ^ 辺境の電脳たち(Internet Archive)
  7. ^ 水玉螢之丞「解説(大森望)」 『SFまで10000光年』早川書房、2015年7月23日、232頁。ISBN 978-4-15-209552-7。 
  8. ^ 星雲賞リスト - 日本SFファングループ
  9. ^ 2015年 第46回星雲賞 - 日本SFファングループ
  10. ^ 2016年 第47回星雲賞 - 日本SFファングループ
  11. ^ “漫画家・イラストレーターの水玉螢之丞さん死去 SFマガジン・ファミ通などでコラム執筆 「ワンフェス」公式キャラもデザイン”. ねとらば. (2014年12月16日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1412/16/news046.html 2020年11月6日閲覧。 
  12. ^ “「まおゆう魔王勇者」水玉螢之丞さん死去”. 日刊スポーツ. (2014年12月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141216-1409809.html 2020年11月6日閲覧。 
  13. ^ “イラストレーター・水玉螢之丞さん死去”. ORICON NEWS. (2014年12月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2045999/ 2020年11月6日閲覧。 
  14. ^ “水玉螢之丞 おしごといろいろ展”. 東京古書組合. 2021年8月1日閲覧。

外部リンク

  • 辺境の電脳たちWeb版(Internet Archive)
  • どんなもんありゃ〜すかぁ(Internet Archive)
  • 民営 ヨシダジム(旦那さんのページ、Internet Archive)
  • 水玉螢之丞(miztama1016) (@miztama1016) - Twitter
  • フォト - Google+
典拠管理 ウィキデータを編集
  • CINII: DA04210821
  • GND: 1025281624
  • ISNI: 0000 0003 7583 4766
  • NDL: 00191363
  • VIAF: 252228070
  • WorldCat Identities: viaf-252228070