櫛羅藩

櫛羅藩(くじらはん)は、幕末大和国(現在の奈良県御所市櫛羅)に存在した。藩庁は櫛羅陣屋大和新庄藩の後身であり、領地は同じで、同じく永井氏が治めた。

概要

文久3年(1863年)、大和新庄藩の第8代藩主永井直壮は、幕府による文久の改革の一端である参勤交代制度改革の余波を受けて、陣屋を櫛羅に新設したことから、櫛羅藩を立藩した。櫛羅は藩領の中でも特に栄えていたところで、要害の地でもあったことが理由だったとされている。直壮は領民の移住や集住を奨励し、藩名も正式に櫛羅藩と改めたが、慶応元年(1865年)8月19日に死去し、跡を永井直哉が継ぐ。直哉は翌年3月、歴代藩主として初めて藩領に入部したが、まもなく明治維新を迎える。そして明治2年(1869年)6月24日の版籍奉還で直哉は櫛羅藩知事となるが、同4年(1871年)7月14日の廃藩置県で廃藩となり、櫛羅藩はその後は櫛羅県を経て奈良県に編入された。

歴代藩主

永井家

Ichimonjimitsuboshi.png 譜代 1万石

大和新庄藩より)

  1. 永井直壮
  2. 永井直哉

櫛羅陣屋

櫛羅陣屋(くじらじんや)は、現在の奈良県御所市にあった陣屋。1863年(文久3年)に築かれた。

幕末の領地

先代
大和新庄藩
行政区の変遷
1863年 - 1871年 (櫛羅藩→櫛羅県)
次代
奈良県(第1次)
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。