柳生藩

柳生藩(やぎゅうはん)は、大和国添上郡柳生郷(現奈良市柳生地区)を治めた。石高1万石程度の小藩であったが、藩主家の柳生家(江戸柳生家)は代々将軍家の剣術指南役として幕閣に重きをなした。藩庁は柳生陣屋

藩史

藩祖である宗矩の死後、1万2500石の所領は、有名な長男の柳生三厳(十兵衛)に8300石、三男の柳生宗冬に4000石、四男の六丸(列堂義仙)に200石、と分知されたため、柳生家は大名から旗本となった。三巌の死後、宗冬がその家督と遺領を継ぎ(4000石は幕府に返上)、さらに寛文8年(1668年)1700石を加増され、1万石を領する大名に復帰する。藩庁は柳生陣屋

代々の藩主は将軍家の剣術指南役を務めるため、江戸定府していた。

以後、柳生家が13代にわたって支配し、明治時代を迎えた。

歴代藩主

柳生家

譜代 - 1万2500石→8300石(旗本)→1万石

氏名 院号 官位 在職期間 享年 出身家
1 柳生宗矩
やぎゅう むねのり
芳徳院 従四位下
但馬守
寛永13年 - 正保3年
1636年 - 1646年
76 柳生家
(2) 柳生三厳
やぎゅう みつよし
長岩院 - 正保3年 - 慶安3年
1646年 - 1650年
44 柳生家
3 柳生宗冬
やぎゅう むねふゆ
- 飛騨守 寛文8年 - 延宝3年
1668年 - 1675年
63? 柳生家
4 柳生宗在
やぎゅう むねあり
寂光院 従五位下
対馬守
延宝3年 - 元禄2年
1675年 - 1689年
36 柳生家
5 柳生俊方
やぎゅう としかた
- 従五位下
備前守
元禄2年 - 享保15年
1689年 - 1730年
58 柳生家
6 柳生俊平
やぎゅう としひら
得心院 従五位下
飛騨守
享保15年 - 寛保2年
1730年 - 1742年
70 久松松平家
7 柳生俊峯
やぎゅう としみね
大心院 従五位下
備前守
寛保2年 - 宝暦13年
1742年 - 1763年
45 真田家
8 柳生俊則
やぎゅう としのり
- 従五位下
但馬守
宝暦13年 - 文化4年
1763年 - 1807年
87 松前家
9 柳生俊豊
やぎゅう としとよ
- 従五位下
飛騨守
文化4年 - 文政3年
1807年 - 1820年
31 柳沢家
10 柳生俊章
やぎゅう としあきら
大機院 従五位下
飛騨守
文政3年 - 嘉永2年
1820年 - 1849年
54 柳生家
11 柳生俊能
やぎゅう としよし
大源院 従五位下
飛騨守
嘉永2年 - 嘉永3年
1849年 - 1850年
21 田沼家
12 柳生俊順
やぎゅう としむね
陽徳院 従五位下
但馬守
嘉永3年 - 文久2年
1850年 - 1862年
27 高家武田家
13 柳生俊益
やぎゅう とします
雄心院 従五位下
但馬守
文久2年 - 明治2年
1862年 - 1869年
77 高家武田家

幕末の領地

明治維新後に、添上郡1村で相給となっていた旗本領と、山辺郡2村(旧津藩領1村、柳本藩領1村)が加わった。

関連項目

先代
大和国
行政区の変遷
1636年 - 1871年 (柳生藩→柳生県)
次代
奈良県(第1次)
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。