日本国憲法第10章

日本国憲法 第10章(にほんこくけんぽう だい10しょう)は、日本国憲法の章の1つ。「最高法規」の章名で、憲法の最高法規性について規定している。第97条から第99条までの3条からなる。

構成

内容

憲法に制定されるべき項目について、基本的人権の尊重を確認している。

憲法はあらゆる法の基本法であって、憲法に違反する法は効力を有しない。条約や国際法規については「誠実に遵守することを必要とする」(98条2項)と定められているが、条約等の効力が憲法に優位するとすると、憲法より簡単な手続で締結される条約により、実質的に憲法を改正することを認めることになり妥当でないことから、効力の点では憲法が優位すると解するのが多数説である。

関連項目

  • 全文:新字体
  • 旧字体
  • 原本
上諭と前文
第1章 天皇
第2章 戦争の放棄
第3章 国民の権利及び義務
第4章 国会
第5章 内閣
第6章 司法
第7章 財政
第8章 地方自治
第9章 改正
第10章 最高法規
第11章 補則
  • 関連項目:解説(ウィキブックス)
  • カテゴリCategory:日本国憲法
執筆の途中です この項目は、法分野に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:法学/PJ:法学)。