新津潔

新津 潔
Kiyoshi Niitsu 2020.jpg
2020年1月12日に行われた「最高位戦ペアマッチ2020」にて撮影
基本情報
出身地 東京都
生年月日 (1956-01-28) 1956年1月28日(66歳)
所属団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
テンプレートを表示

新津 潔(にいつ きよし、1956年1月28日 - )は、最高位戦日本プロ麻雀協会所属のプロ麻雀士であり、協会代表。東京都出身。血液型AB型。

人物

  • スキューバダイビングのインストラクターの仕事をしていたことがあり、現在も沖縄グアムの海などでダイビングを楽しむことがある。
  • 優しい一面もあり、第11期女流最高位戦でプロでは滅多にないチョンボをしてしまった柳まおに対して「将棋の対局でも反則で負けることがあるから気にしない方がいい。人間同士の対局だからこういうこともある。」という言葉をかけて慰めた。
  • 将棋好きでもあり、CSチャンネル「囲碁・将棋チャンネル」のお好み将棋道場で、久津知子女流初段と対局した。
  • 佐々木寿人によると歌手の森山直太朗はMONDOの麻雀番組をよく見るそうで、佐々木の前で「細かすぎて伝わらないモノマネ・麻雀プロ編」として「誰かの配牌がいい時の、解説者新津潔」を披露したという。
  • 対局スタイルは、常に沈着冷静で、対局中に感情を露にすることはほとんどない。これは、同じく最高位戦に所属する金子正輝が、時に見ている者が驚くほど喜怒哀楽を全面に出すのと好対照を為している。
  • サングラスやピアスなど強面な風貌ではあるが、当りは非常に柔らかく、飄々としたユーモラスな人柄である。それは、モンド名人戦でのプレイヤー解説や、新津のTwitterやブログにも如実に現れている。
  • カラオケでは、ももいろクローバーZの「Z女戦争」やアニメソングなども歌う。RMU多井隆晴は、新津や土田浩翔とカラオケに行った際、アニソンを歌うと土田は手拍子をしてくれたと語っている。一方の新津は、多井曰く「誰もわからない英語だけの曲」を歌っていたので、途中で強制終了してしまった。新津は「切るなよー」とボヤいたという。
  • 手先が器用でアクセサリーも自作したことがあるそう。
  • 仲の良い雀士からは「にいっちゃん」の愛称で親しまれている。

雀風

  • 極端な順子派であり、「シュンツマスター」の異名を持つ。七対子ができそうになっても無理矢理崩すほどで、対子・刻子手は対々和四暗刻くらいしか狙わないことにしているという(2020年3月29日に行われた麻雀最強戦2020・キングオブ鉄人では、最終局で四暗刻をアガり、ラス目から逆転優勝)。「七対子は大嫌い」「何を待ち牌にしたらいいのかわからない」「単騎待ちが好きじゃない」とコメントしたこともある。そのため、新津と反対に対子手を非常に好む雀風の土田浩翔とは相性が悪い。ただ、巡目が深過ぎる場合や点棒状況、配牌(既に対子が4組出来ているなど)によっては七対子で和了がることがあり、必ずしも七対子で和了らないわけではない。
  • 守りに重きを置いており、目一杯に手を広げることは少ない。安全牌の確保や当たり牌の絞り込みなどに非常に秀でている。
  • 2019年に放送された第13回モンド名人戦では、安定した打ち回しで予選・準決勝をトータルトップで通過。決勝1戦目(起家から沢崎・新津・藤崎・近藤)では3着に終わる。しかし、決勝2戦目(決勝1戦目と座り順同じ)では東場からアガリを重ね続け、東場終了時の持ち点は70000点超え。南場に入ると満貫の失点をするもののすぐに取り返す。しかし南3局に決勝1戦目に近藤誠一から逆転トップを獲った沢崎誠が4000・8000の倍満をツモり追い上げ。これにより新津と沢崎のポイント差は1200点となる。オーラスは近藤からアガり、逃げ切り。第8回以来5年ぶりの名人戦優勝を飾った。

獲得タイトル

  • 王位 1期(第19期)
  • 發王 1期(第2期)
  • MONDO21名人戦 3期(第2回・第8回・第13回)
  • 麻雀最強戦2020 キングオブ鉄人

著書

出演

外部リンク

  • 新津潔 - MONDO TV
  • 会員紹介(最高位戦日本プロ麻雀協会オフィシャルHP内)
  • 新津潔 (@niitsu_daihyo) - Twitter
1990年代
2000年代
  • 2000 土井泰昭
  • 2001 佐々木慶太
  • 2002 吉田幸雄
  • 2003 菊池俊幸
  • 2004 菊池俊幸
  • 2005 藤中慎一郎
  • 2006 瀬戸熊直樹
  • 2007 竹内孝之
  • 2008 石野豊
  • 2009 水巻渉
2010年代
2020年代
最高位戦日本プロ麻雀協会主催のプロアマ混合のオープンタイトル戦
王位 1期
1970年代
  • 1973 青木博
  • 1974 青木博
  • 1975 田中貞行
  • 1976 小原亮弘
  • 1977 荒正義
  • 1978 深野浩士
  • 1979 大類達夫
1980年代
1990年代
  • 1990 飯田正人
  • 1991 中島啓之
  • 1992 新津潔
  • 1993 野吹敬三
  • 1995 三好達也
  • 1996 羽山真生
  • 1997 羽山真生
  • 1998 井光一郎
  • 1999 鈴木譲
2000年代
2010年代
2020年代
  • 2020 中止
  • 2021 渡辺史哉
日本プロ麻雀連盟主催のプロアマ混合オープンタイトル戦
執筆の途中です この項目は、人物に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:人物伝、Portal:人物伝)。
執筆の途中です この項目は、麻雀に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。
典拠管理 ウィキデータを編集
  • ISNI: 0000 0003 7959 7438
  • NDL: 01186801
  • VIAF: 258580455
  • WorldCat Identities: viaf-258580455