性転換症

Part of a series 22
トランスジェンダーのトピック
     
歴史(英語版)
医療(英語版)

  • ホルモン療法(英語版)
    • 女性化(英語版)
    • 男性化(英語版)
  • 思春期抑制ホルモン療法(英語版)

  • 性別適合手術
    • female-to-male(英語版)
    • male-to-female(英語版)
  • 顔の女性化手術(英語版)
  • 顔の男性化手術(英語版)

  • 脱毛
  • 妊娠(英語版)
  • 生殖(英語版)
  • ボイス療法
  • WPATH(英語版)
    • 医療の基準(英語版)
権利と法的問題
社会と文化
  • LGBT関連映画
  • イベント
  • フラッグ
  • History(英語版)
  • メディアの描写(英語版)
    • フィクションのキャラクター(英語版)
    • 文学(英語版)
    • 映画(英語版)
    • テレビ(英語版)
  • 人物(英語版)
    • ノンバイナリー(英語版)
  • 出版物(英語版)
  • 宗教(英語版)
  • スポーツ(英語版)
  • 性転換
  • ジェンダーの脱移行(英語版)
  • トランスジェンダーの若者(英語版)
    • 自殺(英語版)
  • その他
理論と概念
国別
  • アルゼンチン(英語版)
  • オーストラリア
    • 権利(英語版)
    • Re Kevin(英語版)
  • ブラジル(英語版)
  • カナダ
    • Bill C-16, 2016(英語版)
    • 権利(英語版)
  • 中国(英語版)
  • コロンビア(英語版)
  • ドイツ(英語版)
  • インド
    • 2014年トランスジェンダーの権利法案(英語版)
    • タミル・ナードゥ州(英語版)
  • イラン(英語版)
  • アイルランド(英語版)
  • ニュージーランド(英語版)
  • シンガポール(英語版)
  • 南アフリカ(英語版)
  • トルコ(英語版)
  • イギリス
    • 権利(英語版)
    • 2004 年性別認識法(英語版)
    • イギリス(英語版)
  • アメリカ合衆国
    • カフェテリアの反乱
    • 権利剥奪(英語版)
    • アメリカ合衆国(英語版)
    • 法的歴史(英語版)
    • 権利(英語版)
    • Title IX(英語版)
関連項目
ポータルアイコン LGBTポータル

性転換症(せいてんかんしょう)とは1923年にマグヌス・ヒルシュフェルトが「Die intersexuelle Konstitution」において用いた「Transsexualismus」(ラテン語のsexus(男女の別)と trans(横ぎる、移行する、越える)との合成語、後記の参考文献を参照)という言葉に由来する言葉である。

1949年にコールドウェル(en: D. O. Cauldwell)はこの言葉から「心理的性と身体の性別の不調和」を意味する「transsexual」という言葉を用いた。当時は性的倒錯精神疾患であるとされていたが、ハリー・ベンジャミン(en: Harry Benjamin)の主著「性別移行現象(en: The Transsexual Phenomenon)」(1966年刊行)によって当事者に配慮した好意的な表現として用いられるようになった。

概説

現在では、性別移行(性同一性障害)のうち、特に身体的性別に対する違和感、嫌悪感が強く多くは性別適合手術をも必要とする症例を指すとされるが、これはWHO(世界保健機構)でのICD-10の定義(F64.0)に過ぎず、実際世界的にこの言葉は「出生時の外性器身体)の性別とは反対の性同一性を持つ現象」を指す言葉として広く用いられている。しかしジョグジャカルタ原則第18原則の規定にもかかわらず、ICD-10DSM-IVは未だにこうした症例を精神疾患として分類、掲載していること、多くの国で法的性別の変更の条件に不妊手術が必須とされ当事者の尊厳と自由が蹂躙されていることに欧州評議会人権弁務官を務めるトマス・ハマーベリは2010年8月31日に強い懸念を示し各国にその是正を要求した[1]

一方、2003年イギリス政府が示した「性別移行者に関する政府政策」(Government Policy concerning Transsexual People)」(外部リンク参照)では、「トランスセクシャリズム(性別移行)は異性装ではなく、自らの性同一性の選択の結果ではなく、性的指向とは別の問題であり、「ドラァグクイーン」とは無関係であり、さらに(ICD-10或いはDSM-IV規定とは異なり精神病ではない」と宣言している。性同一性障害という表現は、Transsexualismに代えてそれに相当する内容に、1994年にアメリカのハリーベンジャミン国際性別違和協会(2006年「世界トランスジェンダー健康専門協会(en: World Professional Association for Transgender Health」に改称)によって診断名として正式に用いられるようになったが、実際日本以外で用いられるのは米国とカナダだけである。この「Transsexualism」という言葉はかつて「性別倒錯」など極めて侮辱的で否定的な訳語が与えられた。現在も広辞苑第6版にはこの「性別倒錯」という表現が項目として存在し、「性転換症」という項目は存在しない。そのためそれらのイメージを払拭するため、現在日本ではこのTranssexualism に性同一性障害の訳語が、特に海外の情報を紹介する際に用いられることが多くなった。なおICD-10で言う「性同一性障害(F64)」に相当する一般的な表現としてトランスジェンダーがあり、英語圏を中心に広く用いられ近年では国際連合欧州評議会人権問題を取り扱った文書でもLGBTという概念と関連して用いられている。

参考文献

  • C.T. Lewis/ Elementary Latin Dictionary, 2000, Oxford University Press ISBN 0199102058
  • この辞書のP.867にはtransという単語に「変える」或いは「転換する」といった意味は無く、またP.948にはsexusという単語が「分離、切断」を意味する語根であるSACないしSECに由来する事実が記されている。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ Forced divorce and sterilisation - a reality for many transgender persons(トマス・ハマーベリの見解)

関連項目

Portal LGBT.svg LGBTポータル
プロジェクト LGBT

外部リンク

  • 性別移行者に関する政府政策(英国)
精神行動の障害(ICD-F - 290-319)
 
認知症
その他
 
統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害
 
神経症 - ストレス関連 - 身体表現性障害
不安障害
恐怖症
その他
適応障害
身体表現性障害
解離性障害
 
生理的・身体的
摂食障害
非器質性睡眠障害
性機能障害
  • 性的欲求(性欲低下障害 - 性欲亢進)
  • 性的関心・興奮 (女性の性的関心・興奮障害)
  • 勃起障害
  • オルガスム(無快楽症 - 射精遅延 - 早漏 - 性的冷感)
  • 疼痛膣痙 - 性交疼痛)
産後
 
成人のパーソナリティと行動
性と性同一性
その他
 
小児の精神障害
精神遅滞
  • X連鎖精神遅滞
  • (Lujan-Fryns症候群)
精神発達(発達障害
感情・行動の障害
 
未分類
性的指向
Gay flag.svg
個人の性
LGBTの文化
産業
歴史
法・権利
宗教
社会
課題・問題
  • Portal LGBT.svg ポータル
  • プロジェクトページ プロジェクト
  • カテゴリ カテゴリ
執筆の途中です この項目は、性科学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ウィキプロジェクト 性)。
執筆の途中です この項目は、医学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:医学/Portal:医学と医療)。
執筆の途中です この項目は、LGBTレズビアンゲイバイセクシュアルトランスジェンダー)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:LGBT/PJ:LGBT)。


典拠管理 ウィキデータを編集
  • BNE: XX533275
  • BNF: cb11953336f (データ)
  • GND: 4185937-6
  • J9U: 987007549282405171
  • LCCN: sh94005829
  • LNB: 000078615
  • NKC: ph153193