広州天聞角川動漫

KADOKAWA > 広州天聞角川動漫
広州天聞角川動漫有限公司
Guangzhou Tianwen Kadokawa Animation and Comics Co.,Ltd
種類 情報・通信業
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
510000
広東省広州市黄埔大道中309号羊城創意産業園3-07C
設立 2010年7月14日
業種 情報・通信業
事業内容 出版・編集業
代表者 董事長兼総経理 劉烜偉
資本金 3000万人民元
主要株主 KADOKAWA HOLDINGS ASIA LTD. 49%
テンセント 41%
湖南天聞動漫伝媒有限公司 10%
外部リンク http://www.gztwkadokawa.com/
テンプレートを表示
広州天聞角川動漫有限公司
广州天闻角川动漫有限公司总部.JPG
広州天聞角川動漫有限公司本社ビル
各種表記
繁体字 廣州天聞角川動漫有限公司
簡体字 广州天闻角川动漫有限公司
拼音 Guǎngzhōu Tiānwén Jiǎochuān Dòngmàn Yǒuxiàn Gōngsī
発音: クァンチョウ ティエンウェン チャオチュアン
トンマン ヨウシエン コンスー
英文 Guangzhou Tianwen Kadokawa Animation and Comics Co.,Ltd
テンプレートを表示

広州天聞角川動漫有限公司(こうしゅうてんぶんかどかわどうまん、略称:天聞角川天角)は、日本の出版社・KADOKAWA及びグループ企業の中華人民共和国における現地法人。本社は広州市に所在。

概要

2010年3月8日に、角川グループのアジア市場統括会社である角川ホールディングス・チャイナと、中国の中南出版伝媒集団傘下の出版社、湖南天聞動漫伝媒有限公司による合弁会社として設立が発表され[1]、同年7月14日に設立された。

日本でのアニメ、漫画、ライトノベルに関する出版事業を中国語圏へ発展させるために発足しており、角川グループから編集者を派遣しノウハウを提供するとともに、角川グループ各社で発行している漫画やライトノベルを翻訳・出版し、中南出版の流通インフラを用いて中国市場で販売する。

2010年10月に第1弾として、日本の「灼眼のシャナ」「サマーウォーズ」(同名映画のノベライズ)「半分の月がのぼる空」「生徒会の一存」「デュラララ!!」のライトノベル5作品と台湾のライトノベル「罌籠葬」(日本語版 久遠「華葬伝 〜Flower Requiem〜」)を発行する。

発行雑誌

雑誌

  • 天漫・軽小説(中国語版)(毎月20日発売)
    • ライトノベル雑誌。2011年9月20日創刊。2013年3月号から電子書籍による配信が開始し[2]、同年5月号で紙媒体による発行を終了。同年6月号より電子書籍のみの配信となった[3][4]
  • 天漫・藍色(BLue)(中国語版)(毎月20日発売)
    • 女性向けボーイズラブ漫画雑誌。2013年9月10日創刊[5]。当初は『天漫・赤風』の姉妹誌として分立し、『赤風』と『藍色』が隔週で発行される形態をとっていた[6]

かつて発行・発売していた雑誌

  • 天漫(中国語版)天漫・赤風(中国語版)(毎月5日発売)
    • 2011年9月5日創刊[7][8][9][10]。中国の漫画が中心だが、『新世紀エヴァンゲリオン』『Fate/Zero』などの日本の漫画が特別連載されたほか、中国の漫画化が執筆する『涼宮ハルヒの憂鬱』『機動戦士ガンダムUC』が創刊号より目玉として連載されていた。しかし売り上げが伸び悩み[11]、2012年3月号より倍の400ページに増やして、美水かがみによる表紙の描き下ろしから『らき☆すた』の連載を開始、さらに2013年8月25日発売の9月号より少年漫画雑誌『天漫・赤風』と改称しBL漫画雑誌『天漫・藍色』を分立するなど数々のてこ入れを行ったが、2014年4月25日発売の5月号を持って休刊した[4]

関連項目

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 湖南天聞動漫伝媒有限公司との合弁会社設立に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社 角川グループホールディングス (2010年3月8日). 2014年1月22日閲覧。
  2. ^ “《天漫·轻小说》电子版正式上线” (中国語). Gztwkadokawa.com. 2015年3月27日閲覧。
  3. ^ “【公告】《天漫·轻小说》6月起正式升级为电子期刊!” (中国語). Gztwkadokawa.com. 2015年3月27日閲覧。
  4. ^ a b “《天漫》 赤风/蓝色/轻小说”. 中国漫画について (2014年8月7日). 2015年3月22日閲覧。
  5. ^ “他在这里•和他一起 天闻角川纯男主刊《天漫•蓝色》全国上市!” (中国語). Gztwkadokawa.com. 2015年3月27日閲覧。
  6. ^ “すきだらけな社員インタビュー”. KADOKAWA. 2015年3月27日閲覧。
  7. ^ “无标题文档” (中国語). Gztwkadokawa.com. 2014年8月19日閲覧。
  8. ^ “《天漫》创刊福音敢达前来助阵,国漫日漫交相辉映 | 和邪社” (中国語). Hexieshe.com. 2014年8月19日閲覧。
  9. ^ “角川グループの奇手・天漫創刊号購入”. トリフィドの日が来ても二人だけは読み抜く (2011年9月11日). 2015年3月22日閲覧。
  10. ^ “ハルヒが春日に、キョンが阿虚になった日”. トリフィドの日が来ても二人だけは読み抜く (2011年9月16日). 2015年3月22日閲覧。
  11. ^ 中国の夢 2014- 『天漫』と、同時期に講談社が発行した『勁漫画』のどちらも10万から20万部程度で、目標の100万部には到底及ばなかったという。これは、中国では既にスマートフォンの普及によるネット配信、しかも安価な海賊版が主流になっていたためとされる。

参考文献

  • 山田順 編 『「中国の夢」は100年たっても実現しない 人がまともに生きられない14億人の絶望国家』PHP研究所、2014年。ISBN 978-4569821153。 

外部リンク

  • 天聞角川
  • 湖南天聞動漫伝媒有限公司との合弁会社設立に関するお知らせ
KADOKAWA / KADOKAWAグループ
取締役
Kadokawa logo.svg
ブランド
連結子会社
持分法適用会社
学校法人角川ドワンゴ学園
関連人物
関連項目
執筆の途中です この項目は、出版に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ出版)。
項目が文学作品の場合には{{Lit-stub}}を、文学作品以外の書籍・雑誌の場合には{{Book-stub}}を、漫画の場合には{{Manga-stub}}を貼り付けてください。