小久保藩

小久保藩(こくぼはん)は、明治維新期の短期間、上総に存在した1868年遠江相良藩田沼家が移封され、1871年廃藩置県まで存続した。石高は1万石余、藩庁は上総国天羽郡小久保村(現在の千葉県富津市小久保)の小久保陣屋[1]

藩史

[全画面表示]
関連地図(千葉県富津市付近)

慶応4年/明治元年(1868年)5月、徳川宗家当主徳川家達は新政府から駿府藩主として認められ、70万石の領主として駿河遠江に入ることとなった。これに伴って同年9月[2]遠州相良藩主・田沼意尊(1万石)が周准郡天羽郡内に移封されたことにより立藩した[1]

意尊は、第10代将軍・徳川家治のもとで老中を務めた田沼意次の曾孫である。翌明治2年6月、版籍奉還により意尊は小久保藩知事となるが、同年12月に病死した[3]。養嗣子の田沼意斉(実父は大岡忠恕)が家督を相続した[4]

明治2年、意斉は弁天山古墳の南西麓に小久保陣屋の建設に着手したが、完成したかどうかは不明である[2]。藩庁・県知事邸・役所用地などからなる小久保陣屋は現在の富津市中央公民館周辺に位置しており[2]、記念碑が建つ[2]藩校「盈進館」[2]は明治3年(1870年)に開設され[5][注釈 1]、英語教育も行われていた[6]

明治4年(1871年)の廃藩置県により廃藩となった。小久保藩の存続期間は4年間であり、小久保も陣屋町として大きく発展したわけではなく[7]、明治の町村制施行に伴って大貫村に含まれることとなった。

歴代藩主

田沼家

譜代、1万1270石

  1. 意尊(おきたか)〈従五位下、玄蕃頭〉
  2. 意斉(おきなり)〈従五位下〉

廃藩時点の領地

なお、いずれも相給が存在するため、村数の合計は一致しない。

小久保県

小久保県は1871年8月29日(明治4年7月14日)の廃藩置県で設置された県。1871年12月24日(明治4年11月13日)に合併して木更津県になる。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 明治6年に盈進館跡地に小久保小学校(のちの富津市立大貫小学校)が設立されている[5]

出典

  1. ^ a b 川名登. “小久保藩”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2021年9月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e “小久保陣屋(大名陣屋) (pdf)”. 千葉県教育振興財団研究紀要 第28号 房総における近世陣屋. 千葉県教育振興財団. pp. 76 (2013年3月). 2018年4月15日閲覧。
  3. ^ “田沼意尊”. 朝日日本歴史人物事典. 2021年9月21日閲覧。
  4. ^ “田沼意斉”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 2021年9月21日閲覧。
  5. ^ a b “富津市歴史年表”. 富津市. 2021年9月21日閲覧。
  6. ^ “市宝探訪79 小久保陣屋”. 富津市 (2012年12月). 2021年9月21日閲覧。p.7
  7. ^ 中島義一 1965, p. 18.

参考文献

  • 中島義一「一万石大名の城下町 (第3報) その1」『新地理』第13巻第1号、1965年。doi:10.5996/newgeo.13.73。 

外部リンク

先代
上総国
(藩としては相良藩
行政区の変遷
1868年 - 1871年 (小久保藩→小久保県)
次代
木更津県
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。