大衆社会

大衆社会(たいしゅうしゃかい)とは社会の形態を表す言葉であり、大衆の持っている特性が顕著に現れている社会歴史上で見れば、大衆社会とは文明社会社会主義などといった脅威に直面するということで顕著に現れている。例えばイタリアムッソリーニ政権やドイツヒトラー政権など。このような政治家が台頭する現象は、理想と思われる時代ではなく社会主義などといった脅威が存在する社会においてよく起こる傾向がある。大衆は自身の小さな幸福の追求や保身をしたり、独裁者宣伝に踊らされたり付和雷同する事が多くなる。こうした社会不安を背景に、ファシズムポピュリズムを推進するようになるのである。

外部リンク

  • 大衆社会 とは - コトバンク
執筆の途中です この項目は、社会科学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ:社会科学)。
典拠管理 ウィキデータを編集
  • EMU: 64265
  • J9U: 987007555779705171
  • LCCN: sh85081906
  • NDL: 01003326