塩崎剛三

塩崎 剛三(しおざき ごうぞう 1957年9月13日生)は、日本の雑誌編集者 22。ペンネームは東府屋ファミ坊(とうふやファミぼう)。

ペンネーム「東府屋ファミ坊」の由来は、「ビデオゲーム通信」の主幹「雷門ビデ坊」(野々村文宏)にならったため、名づけた。「日本一のC調編集者」としても知られていた。

経歴

1983年(昭和58年)、早稲田大学卒業後、アスキーに入社。ログイン編集部に配属される。同誌では主に「ビデオゲーム通信」などの記事を担当した。入社前からアスキーでアルバイトをしていて、同誌の編集長である小島文隆は「アルバイト時代からプログラムもできるし原稿も書けた」[1]として塩崎を評価し、雑誌作りだけでなくゲームソフトの開発にも力を発揮する[1]

1986年(昭和61年)には同誌の一コーナーであった「ファミコン通信」の独立雑誌化に尽力し、副編集長に就任[1]。両誌の編集長を兼任していた小島が1990年(平成2年)に勇退すると二代目編集長に就任する。小島と塩崎の結束は固く、社内では「小島組」と呼ばれていた[1]

1991年(平成3年)のファミ通が週刊化の際には「ゲーム誌はファミコン通信でウッドボール(木毬=きまり)だな」というキャッチコピーを考えた[2]。そのことからファミ通誌面では「ウッド尊師」の名で呼ばれることもあった。

編集業務の傍ら、ゲーム開発も積極的にこなすようになる。

1983年(昭和58年)、ログイン10月号の取材記事、「スターゲームデザイナー登場」で知り合った堀井雄二ドラゴンクエスト)と意気投合し、北海道へのシナリオハンティングを経てアドベンチャーゲーム『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』(1985年アスキー)を開発スタート。以降、ログイン同年12月号以降でロケハン記事を複数回特集し、堀井雄二の新連載コラム「ゆう坊の虹色ディップスイッチ」でも、積極的にオホーツクのネタを展開、雑誌連動型ゲーム企画開発の新しい形を提示していった。

以降、堀井雄二とは「いただきストリート~私のお店によってって」(1991年)『いただきストリート2 〜ネオンサインはバラ色に〜』(1994年)などでも、開発を共にする。

ボードゲームの開発にも積極的に取り組んでおり、「メタルマックス」のデザイナーである宮岡寛などとともに、「タワードリーム」(アスキー)、「天空のレストラン 」(メディアファクトリー)などの複数のボードゲームを完成させた。

1985年(昭和60年)からの攻略本ブームの先駆けとなった「ドルアーガの塔のすべてがわかる本」での編集経験を活かした、自分が携わったゲームの攻略本を自分で編集して創り上げるという図式は、塩崎独特のものである。

食通でも知られファミ通のクロスレビュー担当時の近況コメントは毎回、食べ物に関する話であった。

競馬好きであり、1995年(平成7年)には競馬雑誌『サラブレ』の創刊に携わる[3]

1996年(平成8年)に小島がアスキーを退社してアクセラを設立するとこれに同行し、同社の副社長を務めた[4][3]。アクセラでは週刊TV Gamer等の創刊に携わる。

現在は株式会社アイスコメット社長。

主な編集

プロデューサーとして開発に携わったゲーム

脚注

  1. ^ a b c d 日本経済新聞1996年7月24日付夕刊「ひと News」
  2. ^ 【注・巨大画像】ウッドボール触接地雷魚信管
  3. ^ a b 黒川文雄のエンタメ偉人伝
  4. ^ “アスキー辞任の4役員ら、新会社「アクセラ」を設立”. PC Watch (1996年7月16日). 2020年10月23日閲覧。
先代
小島ファミ隆
週刊ファミ通編集長
1990年 - 1992年
次代
浜村通信