国道249号

一般国道 22
国道249号標識
国道249号
地図
総延長 258.2 km
実延長 228.6 km
現道 218.2 km
制定年 1956年昭和31年)
起点 石川県七尾市
川原町交差点(北緯37度2分31.03秒 東経136度58分11.17秒 / 北緯37.0419528度 東経136.9697694度 / 37.0419528; 136.9697694 (川原町交差点)
主な
経由都市
石川県珠洲市輪島市羽咋市
羽咋郡宝達志水町
終点 石川県金沢市
武蔵交差点(北緯36度34分19.72秒 東経136度39分21.32秒 / 北緯36.5721444度 東経136.6559222度 / 36.5721444; 136.6559222 (武蔵交差点)
接続する
主な道路
(記法)
国道159号標識 国道159号
国道160号標識 国道160号
国道415号標識 国道415号
国道471号標識 国道471号
国道8号標識 国道8号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ■PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
表示
オープンストリートマップに国道249号の地図があります。
国道249号 起点
石川県七尾市 川原町交差点
国道159号(重複区間)との分岐
石川県羽咋郡宝達志水町
免田交差点付近

国道249号(こくどう249ごう)は、石川県七尾市から輪島市を経由して、金沢市に至る一般国道である。

概要

国道159号とは起終点が同一地点に設定されているが、総延長では国道159号の68.5 kmに対して、国道249号は能登半島を一周し、4倍以上の251.7 kmを有する[1]

路線データ

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史

路線状況

松波鵜島バイパス
石川県珠洲市宝立町宗玄

羽咋市を境に交通量は大きく変わり、羽咋 - 金沢間と比べ、七尾 - 輪島 - 羽咋間の能登半島の海岸線を周回するルートの交通量はかなり少ない[10]

通称

  • 外浦街道
    • 羽咋市から能登半島北西側の日本海に面する海岸線に沿って、志賀・輪島を経て、半島北東端の禄剛埼に至る街道で、国道249号がその道筋を継承する[10]

バイパス

荒屋バイパス
石川県羽咋郡志賀町荒屋

重複区間

  • 国道159号(七尾市・川原町交差点(起点) - 七尾市・藤野町北交差点)
  • 国道159号(宝達志水町免田 - 金沢市・武蔵交差点(終点))

道路施設

トンネル

  • 新宇出津トンネル(鳳珠郡能登町藤波 - 能登町宇出津)
  • 鵜島トンネル(珠洲市宝立町宗玄)
  • 大谷トンネル(大谷峠、珠洲市若山町宇都山 - 大谷町)
  • 逢坂トンネル(珠洲市真浦町)
  • 八世乃洞門新トンネル(輪島市町野町曽々木)
  • 中屋トンネル(輪島市門前町西円山 - 門前町浦上)
  • 荒木トンネル(羽咋郡志賀町富来地頭町)

道の駅

地理

国道415号との分岐
石川県羽咋市兵庫町

通過する自治体

交差する道路

沿線にある施設など

白米千枚田(輪島市)を抜ける国道249号

ギャラリー

  • 国道470号との分岐 石川県七尾市垣吉町

    国道470号との分岐
    石川県七尾市垣吉町

  • 石川県七尾市田鶴浜町

    石川県七尾市田鶴浜町

  • 石川県鳳珠郡穴水町 曽福

    石川県鳳珠郡穴水町
    曽福

  • 石川県鳳珠郡能登町 波並

    石川県鳳珠郡能登町
    波並

  • 奥能登揚げ浜塩田付近 石川県輪島市渋田町

    奥能登揚げ浜塩田付近
    石川県輪島市渋田町

  • 石川県輪島市名舟町

    石川県輪島市名舟町

  • 石川県輪島市河井町

    石川県輪島市河井町

  • 石川県羽咋郡志賀町 大福寺

    石川県羽咋郡志賀町
    大福寺

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年3月1日に鳳至郡と珠洲郡が合併して鳳珠郡発足。
  3. ^ 2005年3月1日に羽咋郡志雄町と合併して宝達志水町発足。
  4. ^ a b c d e f g 2020年3月31日現在

出典

  1. ^ a b c d e f g h “表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2021. 国土交通省道路局. 2022年5月6日閲覧。
  2. ^ a b “一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年10月17日閲覧。
  3. ^ “一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年10月17日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和31年7月10日政令第231号)の原文があります。
  5. ^ 平成26年石川県告示第548号「一般国道の区域の変更」 (PDF) 」 『石川県公報』平成26年12月12日第12757号、石川県、2014年12月12日、 2頁、2015年10月17日閲覧。
  6. ^ 一般国道249号藤橋バイパス(七尾市国分町 - 小島町間)開通式 (PDF)”. 石川県土木部道路建設課 (2014年12月12日). 2014年12月14日閲覧。
  7. ^ 平成27年石川県告示第147号「一般国道の区域の変更」 (PDF) 」 『石川県公報』平成27年3月31日第12786号、石川県、2015年3月31日、 4頁、2015年10月17日閲覧。
  8. ^ 平成30年石川県告示第88号「一般国道の区域の変更」 (PDF) 」 『石川県公報』平成30年3月13日第13087号、石川県、2018年3月13日、 2頁、2018年4月19日閲覧。
  9. ^ 平成30年石川県告示第151号「一般国道の区域の変更」 (PDF) 」 『石川県公報』平成30年4月3日第13093号、石川県、2018年4月3日、 10頁、2018年4月19日閲覧。
  10. ^ a b 佐々木・石野・伊藤 2015, p. 85.

参考文献

  • 佐々木節、石野哲也、伊藤もずく 著、松井謙介編 編 『絶景ドライブ100選[新装版]』学研パブリッシング〈GAKKEN MOOK〉、2015年9月30日。ISBN 978-4-05-610907-8。 

関連項目

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、国道249号に関連するカテゴリがあります。
  • 国土交通省北陸地方整備局
    • 金沢河川国道事務所:七尾市(国道159号重用区間)、羽咋郡宝達志水町 - 金沢市(国道8号・国道159号重用区間)の各指定区間を管理
  • 石川県
    • 中能登土木総合事務所:七尾市、羽咋郡志賀町 - 羽咋郡宝達志水町の各指定区間外を管理
    • 奥能登土木総合事務所:鳳珠郡穴水町 - 輪島市の区間を管理
執筆の途中です この項目は、道路に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:道路/プロジェクト:道の駅/Portal:道路)。
 
1 - 100
(1 - 57号は旧一級国道。59 - 100号は欠番)
    01
21
41
02
22
42
03
23
43
04
24
44
05
25
45
06
26
46
07
27
47
08
28
48
09
29
49
10
30
50
11
31
51
12
32
52
13
33
53
14
34
54
15
35
55
16
36
56
17
37
57
18
38
58
19
39
20
40
 
501 - 507
    501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520