吹上藩

吹上藩(ふきあげはん)は、下野都賀郡吹上村(現在の栃木県栃木市吹上町)の吹上陣屋を藩庁とし、江戸時代後期の約30年間存在した摂津有馬家が2代にわたって治めた。石高は1万石。

藩史

[全画面表示]
関連地図(栃木県南部)[注釈 1]

藩主有馬家は、筑後久留米藩主・有馬家の分家であり、久留米藩初代藩主・有馬豊氏の三男・頼次を祖とする。頼次の子孫は紀州徳川家に代々仕え、頼次から4代目の氏倫徳川吉宗の将軍就任に伴って幕臣となり、のちに大名として取り立てられた。このため、氏倫系有馬家(伊勢西条藩、のち上総五井藩)は譜代大名として扱われる。吹上藩初代藩主の氏郁は、氏倫から数えて9代目にあたる。

天保13年(1842年)、五井藩主だった有馬氏郁が下野吹上に移封され、吹上藩が立藩された。2代氏弘天狗党の乱戊辰戦争への対応を行っており、戊辰戦争では新政府側に与して奥州に出兵している。明治2年(1869年)3月には、家老が若年の氏弘を欺いて軍費や戦死者の手当金を横領しているとして、家臣団の一部が江戸藩邸を襲撃、家老らを殺害するという事件が起こった。この事件を起こした9人の吹上藩藩士と平民1人について、8人を自裁(切腹)、1人を斬首刑武士の身分でない平民のため)、1人を終身流刑の判決が明治2年(1869年)8月に出ている。また、太政類典によれば、有馬氏弘はこの事件の責任を取る形で明治2年5月12日から同年9月28日まで謹慎と10日間の閉門の刑罰が執行される[1][2]

明治4年(1871年)7月の廃藩置県で吹上藩は廃藩となり、栃木県に編入された。

明治17年(1884年)7月8日、旧藩主家当主の頼之(久留米藩主家からの養子)は子爵に叙されている。

歴代藩主

有馬家

譜代 1万石

氏名 官位 在職期間 享年 備考
1 有馬氏郁
ありま うじしげ
従五位下
備後守
天保13年 - 安政5年
1842年 - 1858年
32 上総五井藩から転封。
2 有馬氏弘
ありま うじひろ
従五位下
兵庫頭
安政5年 - 明治4年
1858年 - 1871年
不詳 実父は旗本の有馬則篤

幕末の領地

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 赤丸は本文内で藩領として言及する土地。青丸はそれ以外。黒文字は本文内で言及する土地。灰文字はそれ以外。

出典

  1. ^ 太政官 (1869-08). “吹上藩鈴木錞次外九名同藩辻元宗之進外二名ヲ殺害スルノ罪ヲ処断シ有馬氏弘ニ閉門ヲ命ス附暴動顛末” (日本語). 太政類典 (国立公文書館) 第一編 (第百九十八巻). https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/result?DEF_XSL=detail&IS_KIND=detail&DB_ID=G9100001EXTERNAL&GRP_ID=G9100001&IS_TAG_S16=eadid&IS_KEY_S16=M0000000000000839959&IS_LGC_S16=AND&IS_TAG_S1=all&IS_KEY_S1=%E6%9C%89%E9%A6%AC%E6%B0%8F%E5%BC%98&IS_MAP_S1=&IS_LGC_S1=&IS_EXTSCH=F2009121017005000405%2BF2005021820554600670%2BF2005021820554900671%2BF2005031609204303022%2BF2005031609204303023%2BF0000000000000000323&IS_ORG_ID=M0000000000000839959&IS_STYLE=default&IS_SORT_FLD=sort.y1%2Csort.m1%2Csort.d1%2Csort.y2%2Csort.m2%2Csort.d2&IS_SORT_KND=asc 2021年11月8日閲覧。. 
  2. ^ 太政官 (1869-09-17). “吹上藩知事有馬氏弘其藩士人ヲ殺害シ情状越訴スルニ付閉門ニ処ス” (日本語). 太政類典草稿 (国立公文書館) 第一編 (第二百十九巻). https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/result?DEF_XSL=detail&IS_KIND=detail&DB_ID=G9100001EXTERNAL&GRP_ID=G9100001&IS_TAG_S16=eadid&IS_KEY_S16=M0000000000000888960&IS_LGC_S16=AND&IS_TAG_S1=all&IS_KEY_S1=%E6%9C%89%E9%A6%AC%E6%B0%8F%E5%BC%98&IS_MAP_S1=&IS_LGC_S1=&IS_EXTSCH=F2009121017005000405%2BF2005021820554600670%2BF2005021820554900671%2BF2005031609204303022%2BF2005031614023903030%2BF0000000000000331417&IS_ORG_ID=M0000000000000888960&IS_STYLE=default&IS_SORT_FLD=sort.y1%2Csort.m1%2Csort.d1%2Csort.y2%2Csort.m2%2Csort.d2&IS_SORT_KND=asc 2021年11月8日閲覧。. 

外部リンク

先代
下野国
行政区の変遷
1842年 - 1871年 (吹上藩→吹上県)
次代
栃木県
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。