乾正行

乾正行の墓(安楽寺)
 
凡例
乾 正行
時代 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 1650年1月20日慶安2年12月18日)
改名 山内平九郎、乾金右衛門
墓所 瑞応寺
主君 山内忠義
土佐藩
氏族 永原氏→乾氏
父母 実父:永原一照、養父:乾正信
兄弟 永原一長
毛利治郎右衛門の女
乾正祐乾正直、乾友正
テンプレートを表示

乾 正行(いぬい まさゆき)は、江戸時代初期の土佐藩士。土佐乾氏板垣流)の2代目。前名山内平九郎、のち乾金右衛門と称す。家禄は300石。妻は毛利治郎右衛門の娘。家紋は「榧之内十文字」。

来歴

永原刑部一照[1] の次男として生まれる。父一照は、宇多源氏佐々木氏の分流永原氏で、山内一豊に仕えて功多く、山内姓と偏諱「一」の字を賜い山内刑部一照という。一照の長男を永原但馬一長と言い、のち山内金右衛門一長と称したが、ゆえあって改易された。正行はその弟で、はじめ永原(山内)平九郎と言い、乾加兵衛正信の養子となり、乾平九郎正行と名乗る。

実兄改易の時は既に乾家に入っていたため連座を免れた。のち兄の名「金右衛門」を襲名し乾金右衛門正行と改めた。養父正信死去ののち、慶長年中養父跡目高1000石の内、300石を下し置かれ相続する。1614年慶長19年)、江戸御城の御普請の時、普請御用を仰せ付けられた。1650年1月20日慶安2年12月18日)病死。

系図

土佐板垣(乾)氏系図

  • 実線は実子、点線は養子
  • 江戸時代部分は(御侍中先祖書系圖牒)より
板垣信国
 
 
 
 
板垣信鑑
 
 
 
 
板垣信能
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣信為板垣信泰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣信経板垣信方室住虎登女子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1板垣信憲酒依昌光板垣信安[2]板垣信安妻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2板垣正信板垣正寅女子板垣修理亮板垣隼人
 
 
 
 
 
 
 
 
3乾正行[3]板垣正善酒依昌吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4乾正祐乾正直乾友正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5乾正方乾十次郎乾正房乾六一[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾加助6乾正清乾十助乾吉勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7乾直建乾直強中山秀信乾強正乾正英乾正愛
 
 
 
 
 
 
8乾正聰乾正壽
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9乾信武野本信照女子乾正春本山茂良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10乾正成平井政実妻長屋彦太夫妻乾正勝乾正厚乾正厚[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11板垣退助乾久馬日野成義妻女子女子乾正士[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣鉾太郎乾正士[7]板垣孫三郎板垣正實乾六一[8]片岡兵子宮地軍子小川婉子浅野千代子小山良子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣武生12板垣守正13板垣正貫川瀬美世子中村朝子乾一郎宮地茂秋本山信子浅野一治浅野五郎小山朝光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾崎正三島拓子板垣正明秋山範子14板垣退太郎板垣直磨川瀬勝世杉崎光世中村純子髙岡眞理子浅野治史浅野一小山朝和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾崎公正秋山竹生秋山竹史秋山ゆり板垣裕子板垣晶大中村直敬中村和敬井深美香髙岡功太郎浅野造史浅野一郎小山朝顯

家族

家紋(榧之内十文字)
  • 養父:乾正信(加兵衛)
  • 養母:服部勘解由の娘
    • 本人:乾正行(金右衛門)
    • 正妻:毛利治郎右衛門の娘

補註

  1. ^ 瀧山一揆を収めた人物。
  2. ^ 板垣信方の娘婿。実は於曾氏。永祿元年(1558年)、武田信玄の命に依って、板垣家を再興
  3. ^ 永原一照次男
  4. ^ 板垣退助五男、絶家再興
  5. ^ 乾正春の養子となる
  6. ^ 板垣退助次男
  7. ^ 乾正厚の養子となる
  8. ^ 乾友正家の絶家再興

参考文献

  • 『南路志』巻50。
  • 『御侍中先祖書系圖牒』高知県立図書館寄託文書、1826年
地黒花菱紋板垣氏当主
宗家
  • 板垣兼信?-1190
  • 板垣頼重1190-?
  • 板垣頼兼
  • 板垣行頼
  • 板垣長頼
  • 板垣頼房
  • 板垣信房
  • 板垣兼光
  • 板垣信将
  • 板垣信国
  • 板垣信鑑
  • 板垣信能?-1490
  • 板垣信為1490-1515
  • 板垣信泰1515-1530
  • 板垣信方1530-1548
  • 板垣信憲1548-1557
  • 板垣信安1558-1579
  • 板垣修理亮1579-1600
  • 板垣半右衛門1605-?
  • 板垣平右衛門
  • 板垣知貞1651-1704
  • 板垣信精1704
  • 板垣久五左衛門1704-?
  • 板垣知素
  • 板垣信房
  • 板垣致知

分家・支流

信憲流
守正流
正直流
友正流
  • (正祐弟)乾友正1648-1689
  • (208年間断絶した家を絶家再興)
  • 乾六一1898-1903
  • (乾姓を絶家して板垣に復姓)無嗣断絶
土佐流
  • 板垣喜右衛門1602-1631
  • 板垣喜右衛門1631-1674
  • 板垣喜右衛門1674-1738
  • 板垣只平1738-1741
  • 板垣宇助1741-1773
  • 板垣喜助1773-1815
  • 板垣惇平1815-1857
  • 板垣堅助1857-1859
  • (弟)板垣高幸1859-1885
  • 板垣四十六郎1885-1945
伴内流
  • 板垣伴内
  • 板垣伴内
  • 板垣甚内
  • 板垣政次
  • 佐々木政清
  • (弟)佐々木権右衛門
  • 佐々木権右衛門
  • (養子)佐々木権右衛門
  • (養子)佐々木登政
  • 板垣政純
  • 板垣政徳
  • 板垣政一
  • 板垣賛造
  • 板垣進吾
  • 女子
征四郎流
執筆の途中です この項目は、日本の歴史に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:日本/P:歴史/P:歴史学/PJ日本史)。