乾和宣

 
凡例
乾和宣
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 元亀 22元年4月26日(1570年5月30日
別名 通称:九十郎、作兵衛
主君 織田信長
氏族 乾氏
父母 父:乾重頼
稲葉福正坊娘
和信宣光和三
テンプレートを表示

乾 和宣(いぬい かずのぶ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田氏の家臣。

略歴

乾氏清和源氏土岐氏頼貞流の流れを汲む名門であった。

乾(土岐)重頼の嫡子として美濃国池田郡東野村[1]にて誕生。

父・重頼は当初土岐氏を称したのち乾氏に改めた。重頼は大永2年(1522年)の小野山の合戦(一説には永正15年の合戦)で討死したという。

和宣は織田信長に仕えたが、元亀元年(1570年)に越前国朝倉氏との金ヶ崎の戦いにおいて討死した。

系譜

  • 父:乾重頼(久右衛門)
    • 妻:稲葉福正坊の娘
      • 嫡子:和信(彦作)
      • 二男:宣光(七郎左衛門)
      • 三男:和三(備後)

脚注

  1. ^ 現・岐阜県揖斐郡池田町東野。

出典

  • 『御侍中先祖書系圖牒』高知県立図書館寄託文書、1826年。