ユーロビジョン・ソング・コンテスト1966

ユーロビジョン・ソング・コンテスト 1966
日程
決勝 3月5日 22
主催者
会場 ルクセンブルクの旗ルクセンブルク市
ヴィラ・ルヴィニー
司会 ジョジアーヌ・シェン
指揮者 ジャン・ロデル
主催放送局 CLTテレ・ルクセンブルク
幕間演技 Les Haricots Rouges
参加者
参加国数 18
参加国
  • ESC 1965-66 Map.svg      参加国
投票
無得点 イタリアの旗 イタリア
モナコの旗 モナコ
優勝曲 オーストリアの旗 オーストリア
"メルシー・シェリー"
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄1965 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 1967►

ユーロビジョン・ソング・コンテスト1966こと第11回ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Grand Prix Eurovision de la chanson Europeenne 1966)は1966年3月5日(土曜日)に、ルクセンブルクのヴィラ・ルヴィニーで開催された。これは1962年と同じ会場。製作はCLTテレ・ルクセンブルク。プレゼンター ジョジアーヌ・シェンは英語とフランス語を用いた。音楽監督ジャン・ロデルはルクセンブルクとベルギーの指揮を担当。フランスは、フランク・プゥルセルが8年目となった。放送時間:1時間27分。

参加国及び放送ネットワーク

18ヶ国のネットワーク。(変動なし)

  • ルクセンブルクの旗(10) CLT テレ・ルクセンブルク

( )内数字は参加回数
以下は、不参加ながら、中継放送を実施した局。
DFF ドイツテレビジョン放送(東ドイツ) 、TP ポーランド・テレビČST チェコスロバキア・テレビMTV ハンガリー・テレビTVR ルーマニア・テレビЦТ СССР ソビエト連邦中央テレビ、モロッコSNRT 国営ラジオ・テレビ協会

リハーサル騒動

2年連続で騒動が起きた。今回は、イタリア代表のドメニコ・モドゥーニョがオーケストラの演奏にケチをつけ、リハーサルを中止した。一時イタリアの出場は危ぶまれたが、彼は夕方の本番には戻り、ステージに上がることは果たした。

規則の変更

前年にスウェーデン代表イングヴァル・ヴィクセルが自国の公用語ではない英語で歌唱した。このことが論争となったため、出品作品は、必ず自国の言語で歌うことが義務付けられることになった。

大会史上初めての出来事

  • オランダ代表ミリースコット(スリナム出身)は、初めてのユーロビジョンに出場した黒人歌手となった。
  • デンマーク代表ウラ・ピアが、ダンサー2人を伴って出場。大会史上初のダンサー付出場となった。
  • ノルウェー代表アイセ・クリーヴランドは、女性出場者として初めてズボンを着用した。
  • イギリス代表ケネス・マッケラー(スコットランド出身)は 、民族衣装であるスコッチ・キルトを着用した。

投票方式

前年同様。各国審査員が各20名で持ち点は各人9点。お気に入り3曲に配分するというもので、配分方法は、5-3-1でも6-3-0、9-0-0でも良かった。各放送局は、その得点を集計し順位を決定。1位=5点、2位=3点、3位=1点として会場に連絡した。
プレゼンターのジョジアーヌは、BBCのスポークスマン デビッド・ジェイコブスへ呼びかける際、「こんばんは、ロンドン(Good evening, London !)」というべきところを「お休み、ロンドン(Good night, London !)」と言い間違えた。これに対してデビッドが「おはよう、ルクセンブルク(Good morning, Luxembourg)」と返した。

フランス・ギャルからメダルを受け取ったウド・ユルゲンス

結果

優勝は3年連続出場のオーストリア代表ウド・ユルゲンスの「メルシー・シェリー」。初めてのドイツ語歌唱での優勝となった。
2位、3位にスウェーデン、ノルウェーが入賞。このことについて、「北欧4ヶ国が結託して互いに高得点を与えあったみたいで不愉快だ」という意見が出た。スウェーデン代表リル・リンドフォッシュは「フランス語圏の時代を終わらせようと、北欧が団結しただけよ」とコメントした。
無得点は、フランス語圏であるモナコと、リハーサル騒動を起こしたイタリアだった。

登場順 国名 言語 アーティスト名 曲目
(英題)
順位 得点
01 西ドイツの旗 西ドイツ Margot Eskens
マルゴット・エスケンス
Die Zeiger der Uhr 10 7
02 デンマークの旗 デンマーク Ulla Pia
ウラ・ピア
Stop, mens legen er go' 14 4
03 ベルギーの旗 ベルギー Tonia
トニア
Un peu de poivre, un peu de sel 4 14
04 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク Michele Torr
ミシェル・トール
Ce soir je t'attendais
(en: Only tears are left for me)
10 7
05 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア sl Berta Ambrož
ベルタ・アンブロシュ
Brez besed 7 9
06 ノルウェーの旗 ノルウェー Åse Kleveland
アイセ・クリーヴランド
Intet er nytt under solen 3 15
07 フィンランドの旗 フィンランド Ann Christine
アン・クリスティーン
Playboy 10 7
08 ポルトガルの旗 ポルトガル Madalena Iglesias
マダレナ・イグレシアス
Ele e Ela 13 6
09 オーストリアの旗 オーストリア Udo Jürgens
ウド・ユルゲンス
Merci, Chérie 1 31
10 スウェーデンの旗 スウェーデン Lill Lindfors & Svante Thuresson
リル・リンドフォッシュ&スヴァンテ・スレッソン
Nygammal vals(Hip man svinaherde) 2 16
11 スペインの旗 スペイン 西 Raphael Martos
ラファエル
Yo soy aquél 7 9
12 スイスの旗 スイス Madeleine Pascal
マデリーヌ・パスカル
Ne vois-tu pas 6 12
13 モナコの旗 モナコ Tereza Kesovija
テレザ・ケソヴィヤ
Bien plus fort 17 0
14 イタリアの旗 イタリア Domenico Modugno
ドメニコ・モドゥーニョ
Dio, come ti amo
(en: Oh, how much I love you)
17 0
15 フランスの旗 フランス Dominique Walter
ドミニク・ワルテル
Chez nous 16 1
16 オランダの旗 オランダ Milly Scott
ミリー・スコット
Fernando en Philippo 15 2
17 アイルランドの旗 アイルランド Dickie Rock
ディッキー・ロック
Come Back to Stay 4 14
18 イギリスの旗 イギリス Kenneth McKellar
ケネス・マッケラー
A Man Without Love 9 8

言語 sl=スロベニア語 伊=イタリア語 英=英語 蘭=オランダ語 典=スウェーデン語 西=スペイン語 丁=デンマーク語 独=ドイツ語 諾=ノルウェー語 芬=フィンランド語 仏=フランス語 葡=ポルトガル語

得点表

審査員

西






































































西ドイツ 7 1 5 1
デンマーク 4 1 3
ベルギー 14 5 3 1 5
ルクセンブルク 7 1 5 1
ユーゴスラビア 9 3 1 5
ノルウェー 15 1 3 3 3 5
フィンランド 7 3 3 1
ポルトガル 6 1 5
オーストリア 31 5 5 5 1 1 3 5 3 3
スウェーデン 16 5 5 5 1
スペイン 9 1 5 3
スイス 12 1 5 3 3
モナコ 0
イタリア 0
フランス 1 1
オランダ 2 1 1
アイルランド 14 3 3 5 3
イギリス 8 3 5

歌詞

各曲の歌詞については以下を参照のこと
Diggiloo Thrush

出典

英語版・フランス語版

プロジェクト ユーロビジョン
概要
  • 歴史
  • ルール
  • 開催地
  • 優勝者
  • 司会
  • 投票
  • 参加国
  • 言語
  • ランキング
  • OGAE
  • マルセル・ブザンソン賞
各年度
参加国
活動中
※は「BIG 5」
休止中
資格停止中
現存しない国
ジュニア
各年度
参加国
活動中
休止中
資格停止中
現存しない国
予選
国内選考
現在
過去
特別番組
関連作品