モスク

Allah logo.svg

イスラム教

教義・信仰

アッラーフ · イスラーム
六信 · 五行
タウヒード · ジハード
モスク · マドラサ
カアバ · ハッジ

指導者

ムハンマド
ハディージャ · アーイシャ
アブー・バクル
ウマル · ウスマーン
アリー · ファーティマ
預言者 · カリフ
イマーム · ウラマー
スルタン

法・規範

クルアーン · シャリーア
スンナ · ハディース

経済・金融

イスラム経済
ジズヤ
ハラージュ

ウンマ · ハワーリジュ派
スンナ派 · シーア派 · イバード派
スーフィズム
ワッハーブ運動
イスラム主義

秀逸な記事

ムハンマド・アリー

良質な記事

イスラームにおけるイーサー
イスラーム建築
モリスコ
ムハンマド・アリー・ジンナー

ポータル・イスラーム
  

モスク: mosque)は、イスラム教礼拝堂のことである。

アラビア語ではマスジドمَسْجِد‎, masjid, 「ひざまずく場所」(サジダ سجدة‎ を行う場所)の意)もしくはジャーミイ(جامع, jāmiʿ, 「集まり」(ジュムア جمعة‎ も同源)の意)と言い、モスクはマスジドが訛った語である。イスラーム帝国イベリア半島を占領していた時代、マスジドがスペイン語でメスキータ (mezquita) となり、それが英語ではさらに訛ってモスク (mosque) となった。多くの言語ではマスジドに由来する言葉で呼ぶが、ジャーミイに由来する言葉で呼ぶ言語(トルコ語でcami、ギリシャ語でτζαμί (jami)、アルバニア語xhami、ルーマニア語džámija)もある。中国ではモスクを清真寺(qīngzhēnsì、せいしんじ、清真はハラール中国語訳)と呼び、ロシアではメチェーチ(Мечеть)と呼んでいる。

モスクは欧米日本韓国などにおける呼称である。しばしばイスラーム寺院または回教寺院と訳されるが、モスクの中には一部の例外となるもの[注釈 1]を除いて崇拝の対象物はなく、あくまで礼拝を行うための場である。

概要

エジプトアスワンにあるモスク

モスクは都市の各街区、各村ごとに設けられる。都市の中心には金曜礼拝を行うための大きなモスクが置かれ、金曜モスク(マスジド・ジャーミー مسجد جامعmasjid jāmi` 、略してジャーミー جامعjāmi` )と呼ばれる[注釈 2] 。このようなモスクは、専任職員としてイマーム(導師)、ムアッジンアザーンを行う者)を抱えている。エジプトカイロにあるアズハルのような特に大きなモスクは複合施設(コンプレックス)を伴っており、マスジド(ジャーミー)だけでなくマドラサ(イスラーム学院)や病院、救貧所のような慈善施設が併設されている場合もある。これらのモスク複合施設の維持・運営はワクフ(寄進財産)によって担われる。

伝統的に、モスクは政府の布告を通達する役所、カーディーの法廷が開かれる裁判所、ムスリム(イスラーム教徒)の子弟に読み書きを教える初等学校(クッターブ)であった。また、小モスクは現在でも「無料人生相談所」とでも言うべき機能を持っており、近隣に住むイスラーム法の知識を持った人物が、人生相談に対してイスラーム法に基づいて助言・回答などを与える場所として活用されている。

一部のモスクは、イスラム過激派の勧誘に利用されていると報道されている[1]

また、モスクの中には歴史上ならび芸術的な観点での付加価値が高いものがあり、世界各国に点在する。それらの中には、嘗て存在していたが何らかの要因から倒壊してしまったもの[注釈 3][2]や損壊が著しいもの、ある理由から存在自体が危ぶまれているもの[注釈 4]が含まれている。このため、これらを如何なる形で確実に保存あるいはどう復元させるかが問題となっている面がある。

モスクのない地域ではムスリムの旅行者や留学生に配慮し、駅の構内や市役所などの公共施設やホテルに礼拝用の部屋を用意する例もある。またオリンピックなどの大規模なイベントではムスリムの旅行者が急増するため、トラックの荷台に礼拝所を乗せた「モスクカー」で対応することも検討されている[3]

モスクの内部と付属設備

礼拝堂内部(東京ジャーミー)

内部には、イスラーム教の偶像崇拝の徹底排除の教義に従い、天使預言者聖者の像(偶像)は置かれることも描かれることもない。装飾はもっぱら幾何学模様のようなものだけである。マッカ(メッカ)の方角(この方角をキブラقبلة‎ qibla)という)に向けて、壁にミフラーブمحرابmiḥrāb)と呼ばれる窪みがある。これは、『コーラン』の規程に従ってメッカの方向に対して行わる礼拝の方向をモスクに集う人々に指し示すためのもので、礼拝の場であるモスクに必須の設備である。その向かって右隣にはイマームが集団礼拝の際に説教を行う階段状の説教壇がある。付属設備としては、礼拝の前に体を清めるための(ウドゥー、泉がない場合はシャワールームで代用)などが見られ、礼拝への呼びかけに用いるミナレット(マナーラ)を有する場合も多い。

モスク建築

建築構造は、回廊に囲まれた四角形の広い中庭と礼拝堂を持つ形が基本形である。アラブ圏ではダマスカスウマイヤ・モスクのようにキリスト教の教会の構造を取り入れた多柱式のモスクが主流であったが、イランではイーワーン(半ドーム)を多用した形式が起こった。アナトリア半島では中庭をドームで覆う形式が起こり、オスマン帝国に至ってビザンツ帝国キリスト教教会建築を取り入れ、大ドームを小ドームや半ドームで支えることで柱のない広大な礼拝堂空間を持つ形式を生み出した。オスマン帝国はコンスタンティノープル(現・イスタンブール)征服後、教会だったアヤソフィアをモスクに転用した(トルコ共和国建国後、博物館とされた)。

図像を廃した内装と外観を持つモスクは、その装飾美・建築美から、非イスラーム教徒にとっても観光施設としての役割も果たしている。イスタンブールのスルタンアフメト・モスクトルコ語名スルタンアフメット・ジャーミー。通称ブルーモスク)や、イラン、イスファハーンのイマーム・モスク(ペルシア語名マスジデ・エマーム。旧名はマスジデ・シャーで、意味は「王のモスク」)などの著名なモスクは世界遺産に登録されており、世界中から観光客を集めている。

日本におけるモスク

詳細は「日本のモスクの一覧」を参照

ムスリムの居住者や旅行者が増えると、イスラム圏以外でもモスクが新設される。日本では1935年開設の神戸ムスリムモスク兵庫県神戸市)が最古である[4]早稲田大学教授の店田廣文によると、1980年代末に3カ所だった日本国内のモスクは、2018年末時点で36都道府県105カ所へと増えている。1980年代のバブル景気時にイスラム圏のイランやパキスタンバングラデシュから労働者が、1990年代以降は留学生や研修生、技能実習生としてインドネシアなどから来日するムスリムの増加を背景に、三大都市圏から各地の県庁所在地などへ広がった[5]。日本国内のモスクは礼拝のほか、在日ムスリムの結婚式に使われることもある[6]

2019年時点で日本国内には約20万人のムスリムが暮らすと推定されており、うち約4万3000人は改宗・入信した日本人である。日本全体では少数であるため、近隣でのモスク設立に不安・反発を表明する日本人も多い。このため町内会に加盟するなど地域活動に参加したり、街並みに調和した外観にしたりするといった配慮をするモスクもある[5]

ギャラリー

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ マウソレウムとしての機能を持つものが現在2ヶ所存在している。サウジアラビア預言者のモスクムハンマド霊廟として存在、トルクメニスタンテュルクメンバシュ・ルーフ・モスク(英語版)は初代大統領であるニヤゾフ家族を葬っており、そのモスクの隣にはニヤゾフの霊廟が設けられている。
  2. ^ ムスリムは金曜日にモスクに集まって皆で一緒に礼拝するため、金曜日はアラビア語で「集まる」を意味する動詞 جَمَعَjama`a に由来する جُمْعَةjum`aと呼ばれる。このため、特にその地区や地域で重要であったり大きなモスクを「ジャーミー」「ジャーミウ」 جامعjāmi` と呼ぶ。
  3. ^ トルクメニスタンアナウに存在していたセイット・ジュマール・アッディン・モスク(SEYIT JAMAL-AD-DIN MOSQUE)がその一例
  4. ^ マリ泥のモスクがその一例

出典

  1. ^ 「難民を勧誘するイスラム過激派-警戒強めるドイツ」『ウォール・ストリート・ジャーナル』2015年12月1日(2019年11月28日閲覧)
  2. ^ “Shrine complex of Jamal al-Din, Anau, Turkmenistan”. Square Kufic. 2016年8月27日閲覧。
  3. ^ 50人超が礼拝できる「モスクカー」開発 五輪でのもてなしに[リンク切れ] - NHK 2018年7月23日
  4. ^ 「神々の戸を開いた街」『日本経済新聞』朝刊2019年1月13日(NIKKEI The STYLE)。
  5. ^ a b 【追跡】増えるモスク 共存課題/36都道府県に105カ所/残る偏見 交流少なく/イスラム圏から留学生、労働者増加『毎日新聞』朝刊2019年11月28日(総合面)同日閲覧。
  6. ^ 【ズームアップ】ご近所のムスリム『読売新聞』夕刊2019年2月18日(5面)2019年2月26日閲覧。

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、モスクに関連するメディアおよびカテゴリがあります。
関連ポータルのリンク
  • ウィキポータル イスラーム
  • ウィキポータル 建築

外部リンク

  • オールド・カイロ、アムルのモスク (日本語)
  • ダマスクス、ウマイヤのモスク (日本語)
  • イスファハーン、シャイフ・ロトフォッラー・モスク (日本語)
  • 中国北部のイスラーム建築」 北京のモスクなど
  • 書籍、神谷武夫著『イスラーム建築』
西洋
アブラハム
イラン(英語版)
東洋
インド
東アジア
中央アジア
土着
ヨルバ(英語版)
  • アフリカ(英語版)
  • アフロアメリカ(英語版)
  • ダーラマラン
  • 中国
  • フィンランド・エストニア(英語版)
  • グルン(英語版)
  • ジャワ(英語版)
  • マダガスカル(英語版)
  • インディアン(英語版)
  • イボ神話(英語版)
  • フィリピン(英語版)
  • ボン教
  • ポリネシア
  • ブードゥー教(西アフリカ、ハイチ(英語版)ルイジアナ(英語版))
新宗教
古代宗教
オリエント(英語版)
インド・ヨーロッパ(英語版)
原始
  • 旧石器時代(英語版)
側面
有神論
宗教学
宗教と社会
世俗主義
無宗教
  • 一覧記事一覧
  • カテゴリカテゴリ
  • ポータルポータル
Sagradafamilia-overview.jpg
建築
コンサルタント
土木
都市
景観
環境
造園
エクステリア
インテリア
住宅と居住
住宅
家屋
一軒家
の類型
集合住宅
の類型
利用形態
可動型
仮設住宅
公共/
福祉
宗教
邸宅
国王
その他
の分類
住宅の
倉庫
構想
Vista-kfm home-alt.png
居住用建築物
一時的な居住
住宅がない
スコッター
関連項目
  • カテゴリ カテゴリー
  • コモンズ コモンズ
  • ポータルポータル 建築/Housing
アーバン
関連資格
安全衛生
  • カテゴリカテゴリ
  • コモンズコモンズ
  • ポータルポータル
  • プロジェクトページプロジェクト
様式
形成期
  • ウマイヤ建築 (en)
  • アッバース建築 (en)
古典期
  • ペルシャとトルキスタン
  • エジプト
    • ファーティマ建築 (en)
    • アイユーブ建築 (en)
    • マムルーク建築 (en)
  • イベリア半島と北アフリカ
    • ムーア建築 (en)
ポスト古典期
モダニズム
イスラム圏
北アフリカ
西アフリカ
  • スーダン・サヘル建築 (en)
  • ハウサ建築 (en)
  • マリの建築 (en)
  • ナイジェリアの建築 (en)
東アフリカ
  • ソマリアの建築 (en)
西アジア中東
  • アゼルバイジャンの建築
  • アラブ首長国連邦の建築 (en)
  • イエメンの建築 (en)
  • イラクの建築 (en)
  • イランの建築 (en)
    • コラサニ様式 (en)
    • ラジ様式 (en)
    • アザリ様式 (en)
    • サファヴィー建築
    • ペルシアの伝統的住宅 (en)
    • ハシュト・ビヒシュト (en)
  • クウェートの建築 (en)
  • サウジアラビアの建築 (en)
  • ジョージアの建築 (en)
  • トルコの建築 (en)
  • バーレーンの建築 (en)
  • ヨルダンの建築 (en)
  • レバノンの建築 (en)
南アジア
  • アフガニスタンの建築 (en)
  • インド・イスラーム建築 (en)
  • パキスタンの建築 (en)
  • バングラデシュの建築 (en)
中央アジア
  • 中央アジアの建築 (en)
  • ウズベキスタンの建築 (en)
東南アジア
ヨーロッパ
  • アルバニアの建築 (en)
  • ボスニア・ヘルツェゴビナの建築 (en)
構造
空間
意匠
部位
素材
  • カダッド (en)
  • タデラクト (en)
アーチ
  • 入隅迫持
  • ヴォールト (en)
  • オジー・アーチ (en)
  • 尖頭アーチ (en)
  • 多弁形アーチ (en)
  • チャハルタック (en)
  • ディスチャージング・アーチ (en)
  • 馬蹄形アーチ (en)
  • フォーセンタード・アーチ (en)
  • ランブレキン・アーチ (en)
屋根
  • グルダスタ (en)
  • セミ・ドーム (en)
  • タジュグ (en)
  • チャジャ (en)
  • ドーム
    • アラビアのドーム (en)
    • オニオン・ドーム (en)
    • ペルシアのドーム (en)
    • 南アジアのドーム (en))
宗教的
物体
装飾
  • イスラーム装飾 (en)
  • アブラーク (en)
  • アラベスク
  • アルカット・アルアシリ (en)
  • アルフィズ (en)
  • イェセリア (en)
  • イスラームの幾何学模様 (en)
  • イスラームの書法
  • カシャニ (en)
  • ギリー (en)
  • ギリー・タイル (en)
  • シャバカ (en)
  • シャムサ (en)
  • ジャリ (en)
  • セブカ (en)
  • ゼリージュ (en)
  • ソカラ (en)
  • バンナーイ (en)
  • ムカルナス
  • モスク・ランプ (en)
部屋
  • アンダルニ (en)
  • イーワーン
  • カア (en)
  • ゼナナ (en)
  • ハレム
  • ホッシュ (en)
  • リワン (en) (entrance hall)
庭園
  • イスラーム庭園 (en)
  • チャーバー (en)
  • 反射プール (en)
  • ペルシャ式庭園
  • ムガル庭園 (en)
  • 楽園 (en)
  • リヤド
屋外の
物体
  • イードガー (en)
  • シャディルヴァン (en)
  • セビル (en)
  • チャートリ (en)
  • メカワー (en)
自然空調
  • クチェ (en)
  • サフン (en)
  • サラサビル (en)
  • シャベスタン (en)
  • ジャロカ (en)
  • バードギール
  • ハイポスタイル (en)
  • ハウズ (en)
  • マシュラビヤ (en)
  • メディナ・ハラーム・ピアッツァの日よけ傘 (en)
  • リワーク (en)
ビルディング
・タイプ
宗教
  • キュッリエ (en)
  • クッバ (en)
  • ゴンベイ (en)
  • ザーウィヤ (en)
  • ジャーマー・マスジド (en)
  • ジャーマート・ハーナ (en)
  • スラウ (en)
  • ダルガー (en)
  • テキーエ (en)
  • テッケ
  • テュルベ (en)
  • マカーム (en)
  • マクバラ
  • マザール (en)
  • マドラサ
  • ムサッラー (en)
  • モスク
  • ラウザ (en)
一般
軍事
  • アムサール (en)
  • アルカサバ (en)
  • アルカサル (en)
  • アルバラーナ・タワー (en)
  • カスバ (en)
  • カラート (en)
  • クサール
  • リバート
賞など
影響
  • インド・サラセン様式 (en)
  • 西洋美術に対するイスラムの影響 (en)
  • ムーア・リヴァイヴァル (en)
  • ムデハル様式
カテゴリー
ページ
  • アラブ建築
  • イエメンの建築
  • イスラーム建築
  • イランの建築
  • オスマン建築
  • ベルベル建築
  • ムガル建築
  • モロッコの建築
  • カテゴリ カテゴリー
  • コモンズ コモンズ
  • ポータルポータル 建築/イスラーム
典拠管理 ウィキデータを編集
  • BNE: XX525304
  • BNF: cb11953036m (データ)
  • FAST: 1026761
  • GND: 4040320-8
  • J9U: 987007546049205171
  • LCCN: sh85087470
  • NDL: 00567870
  • NKC: ph137432
  • SUDOC: 027505464
  • TDVİA: cami
  • Allah-green.svgイスラームポータル
  • Asia (orthographic projection).svgアジアポータル
  • P parthenon.svg建築ポータル