ピエル・ルイジ・ベルサーニ

ピエル・ルイジ・ベルサーニ
Pier Luigi Bersani
Pier Luigi Bersani 2009.jpg
生年月日 (1951-09-29) 1951年9月29日(71歳)
出生地 エミリア=ロマーニャ州ピアチェンツァ県ベットラ
出身校 ボローニャ大学卒業
所属政党 憲法第1条・民主進歩運動(英語版)
民主党
左翼民主主義者
配偶者 ダニエラ ・ フェラーリ
公式サイト Bersani segretario

イタリアの旗 下院議員
選挙区 エミリア=ロマーニャ州
当選回数 4回
在任期間 2001年 -

第3代 民主党書記長
在任期間 2009年10月25日 - 2013年4月20日
テンプレートを表示

ピエル・ルイジ・ベルサーニイタリア語: Pier Luigi Bersani1951年9月29日 - )は、イタリア政治家。現在、下院議員(4期)。

民主党(PD)書記長(第3代)、欧州議会議員(1期)、経済開発相、運輸相、エミリア=ロマーニャ州知事を歴任した。

概要

エミリア=ロマーニャ州ピアチェンツァ県ベットラ出身。

ボローニャ大学卒業後、教師として就職したがイタリア共産党(PCI)の活動に従事する。

ピアチェンツァの副市長を経て、1990年にエミリア=ロマーニャ州議会議員に当選し、副知事に就任。1993年から1996年まで知事。

1996年、ロマーノ・プローディ率いるオリーブの木を中心とした中道左翼政権に経済開発相として初入閣、マッシモ・ダレマ内閣でも運輸相として入閣する。2001年の左翼民主主義者(DS)から下院議員選挙に出馬し、初当選。DSやPDでは経済の政策責任者として活動する。

2004年に欧州議会議員に選出されるも、2006年に下院議員に復帰し第二次プローディ内閣において経済開発相として再入閣。

2009年に民主党書記長に就任。2012年12月2日には、2013年2月の総選挙における、民主党を中心とした中道左翼陣営の首相候補に選出された[1]。総選挙の結果を受け、3月下旬にジョルジョ・ナポリターノ大統領より組閣に向けた連立交渉を指示されたが難航し、3月28日に交渉失敗を報告した[2][3]。4月19日に行われた大統領選挙(上下両院議員の投票で行われる)で、中道左派の候補として擁立したプロディ元首相が当選に必要な過半数の票を得られなかった事から、翌20日に書記長辞任を表明した[4]

政策

2012年12月にベルサーニが中道左翼陣営の首相候補に選出された際、首相就任時にはモンティの財政緊縮路線を受け継ぐ姿勢を表明していた[1]

家族

1980年に結婚、娘が2人いる。

出典

  1. ^ a b “イタリア中道左派はベルサニ氏が首相候補に、経済・雇用問題を重視”. ロイター. (2012年12月3日). http://jp.reuters.com/article/jp_eurocrisis/idJPTYE8B202O20121203 2014年2月20日閲覧。 
  2. ^ “イタリア連立協議が難航、苦境のベルサーニ氏「精神病」発言も”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年3月28日). http://www.afpbb.com/article/politics/2936069/10509399 2013年3月29日閲覧。 
  3. ^ “伊中道左派トップ、大統領に組閣交渉失敗を報告”. 読売新聞. (2013年3月29日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130329-OYT1T00488.htm 2013年3月29日閲覧。 
  4. ^ “イタリア最大勢力リーダーが辞意 大統領選の混乱など受け”. MSN産経ニュース. (2013年4月20日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130420/erp13042014550004-n1.htm 2013年4月27日閲覧。 

関連項目

  • 民主党 (イタリア)

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、ピエル・ルイジ・ベルサーニに関連するカテゴリがあります。
  • Bersani segretario, per I'Italia e per il PD(公式サイト)


党職
先代
ダリオ・フランチェスティーニ
民主党書記長
第3代:2009年 - 2013年
次代
グリエルモ・エピファーニ
典拠管理 ウィキデータを編集
全般
  • 統合典拠ファイル(ドイツ)
  • ISNI
    • 1
  • VIAF
    • 1
  • WorldCat
国立図書館
  • フランス (データ)
  • ICCU識別子の値LO1V274977は正しくありません。
  • アメリカ
その他
  • Faceted Application of Subject Terminology
  • SUDOC(フランス)
    • 1