ダカール・ラリー

曖昧さ回避 パリ・ダカールラリー」はこの項目へ転送されています。本レースを題材としたMicrosoft Windows・PlayStation 2用ゲームソフトについては「パリ・ダカールラリー (ビデオゲーム)」をご覧ください。
ダカールラリー
Dakar Rally
Nasser Al-Attiyah 2011 Dakar Rally 002.jpg
2011年大会
開始年 1979
主催 アモリ・スポル・オルガニザシオン (A.S.O)
公式サイト
公式ウェブサイト
旧称パリ-ダカールラリー
テンプレートを表示

ダカール・ラリーDakar Rally)は、フランス人冒険家、ティエリー・サビーヌの発案により1978年から例年1月に開催されているラリーレイド競技大会である。アモリ・スポル・オルガニザシオン (A.S.O.) が主催。「世界一過酷なモータースポーツ競技」とも言われている[1]

元々はフランスの首都、パリをスタートし、セネガルの首都、ダカールでゴールするという形で、主にアフリカ大陸で競技が行われ、パリ-ダカール・ラリーParis-Dakar Rally、日本での略称「パリダカ」)と呼ばれていた。1995年にスタート地点がスペイン南部のグラナダに変更となり、グラナダ-ダカール・ラリーに。2009年からは南米大陸に開催地を移し、さらに2020年からは中東サウジアラビアでの単独開催となり、現在に至る。

2022年からは、新設された世界ラリーレイド選手権(W2RC)の開幕戦としてカレンダーに加わった。

大会の公式語はフランス語であり、フランス語では一般に「ラリー・ダカール(Rallye Dakar[注釈 1])」と呼び、さらに短縮して「ル・ダカール(Le Dakar)」と呼ぶこともある。日本語では英語風の語順で「ダカール・ラリー」と呼ぶことが多い。

概要

赤色は、以前 パリ・ダカール・ラリーで通過した国々(オレンジ色は1992年のパリ〜ケープタウンでのみ通過)
2011年の優勝トロフィー。(カミオンクラス T4)

1979年に始まり、毎年開催されているラリーレイド大会であり、1981年より国際自動車連盟 (FIA) と国際モーターサイクリズム連盟 (FIM) の公認イベントとなっている[2]世界三大レースモナコグランプリインディ500ル・マン24時間レース)に比べれば開催回数は少ないが、それらに同じレベルの規模・知名度を誇っており、モータースポーツ/ラリー(ラリーレイド)を代表するイベントのひとつとなっている。

以前は、例年1月1日(前年の12月末に始まることもある)にフランスの首都、パリをスタートし、スペインバルセロナからアフリカ大陸に渡り、セネガルの首都、ダカールをゴールとするおよそ1万2000キロメートルを走ることで知られていたが、1995年にスタート地点がスペイン南部のグラナダに変更となった。2009年からは南米アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスからチリを回る周回コースに、2012年からはペルーを加えた3カ国を通るルートとなった。また2019年はペルー、さらに2020年からは中東サウジアラビアでの、それぞれ1カ国のみの開催となっている。

かつてのヨーロッパ-アフリカ大陸時代は、途中ほとんど集落や救護施設のないサハラ砂漠を縦断する過酷な競技なため、出場者の5割以上がリタイアする大会も珍しくなく、アフリカ大陸時代は年によっては死者が発生することもあった。競技区間には、西サハラなど政治的に不安定な国が入っていることも「世界一過酷」と呼ばれる由縁であった。それ故、「全ての完走者が勝者である」という言葉が出場者全員の共通の認識となっており、最終日のレースは「ビクトリーラン」と呼ばれていた。

同様にヨーロッパ-アフリカ大陸時代は、フランスなど欧米を中心とした選手とメーカーが、かつて植民地として支配していたアフリカ諸国で行っているだけに、植民地主義的だとする批判が根強く存在し、テロリストや強盗集団の標的にされる理由の一つであった。またアフリカの一般住民の住む地域を競技車両が猛スピードで駆け抜け住民と競技車の事故も発生しており、批判されるのもやむを得ないとする見方も多かった。それらの事情から、後に開催地が南米に変更となった。しかし、その南米も治安の問題などから開催国が減少し、2020年にはサウジアラビアへと移った。

冠スポンサーは2007年はポルトガルでロト(日本でいえば宝くじ)を販売するユーロミルホーが務めた。過去にはテレフンケン(de:telefunken:ドイツの電機メーカー)、トタル(フランスの石油メーカー)、テレフォニカ(スペインの通信会社)などが務めている。日本企業では、大手音響機器メーカーのパイオニアが1988年 - 1991年に冠スポンサーを務めた。舞台が南米大陸になってからの2009年はトタル、2010年と2011年はpersonal社が冠スポンサーを務めた。

歴史

ティエリー・サビーヌ。(アルジェの港にて)

1978年12月26日に第1回大会が開催、この時の名称は「オアシス・ラリー」となっていた。

本ラリーの創始者はフランス人冒険家、ティエリー・サビーヌ (Thierry Sabine) である[1]。下記の言葉は1978年の第1回開催の時に彼が言ったとされ、ダカール・ラリー創設の精神を語る言葉として有名である。

  • フランス語: Je vous emmène aux portes de l'Aventure... mais c'est à vous de défier le sort.[3]
  • 英語: I will take you to the gateway of adventure, but you alone can challenge fate.[3]
  • 日本語: 私が冒険の扉を示す。開くのは君だ。望むなら連れて行こう。[4]

ティエリーは運営団体としてTSO(ティエリー・サビーヌ・オーガニゼーション)を設立、主催者としてパリ・ダカを象徴する存在となる。しかしティエリーは、大会期間中の1986年1月14日に起きたヘリコプターの墜落事故で死去[5][2]、彼の遺志とTSOは父ジルベールによって引き継がれた。だが、そのジルベールもティエリー程のカリスマ性を持つには至らず、高齢を理由に1994年1月に引退。TSOは主催者権を売却し、1994年からはフランスのアモリー・グループである「ASO」(アモリ・スポル・オルガニザシオン)が主催している。

1982年の大会では、競技者として参加していた当時のイギリスのマーガレット・サッチャー首相の息子、マーク・サッチャーが競技中に一時行方不明となり、世界を巻き込んだ大騒動に発展した[6]。この際、サッチャーは「息子が発見されなかったら、このような危険なレースを2度と開催させない。」と発言している。TSOによる捜索の結果、マークは数日後に無事発見・保護された[6]。この騒動でラリーが世界的に認知されることになる。

1985年大会では三菱・パジェロが、4輪部門で日本車初の総合優勝[7]。出場者も非常にバラエティに富んだものとなりモナコ王国のアルベール2世とその姉のカロリーヌ[8]、日本からは俳優の夏木陽介らが出場した[9]

1986年の大会では1万5000㌔にも及ぶ過酷なルート設定と酷い砂嵐に見舞われ、大会主催者であったティエリー・サビーヌと、日本人ライダーの金子靖雄を含む計6人が亡くなった。しかし、サビーヌ亡き後も86年のラリーは継続され、ゴールを迎えた[5]。86年をもってポルシェワークスは撤退。この年から篠塚建次郎が初参戦[10]

1987年の大会より、ティエリー・サビーヌの父親で、歯科医だったジルベールがラリーを主催[11]プジョー世界ラリー選手権(WRC)でグループBが廃止されたことにより行き場がなくなった205ターボ16を投入[12]し、圧倒的な速さでラリーを席巻した[11]。それまでのパリ・ダカは耐久ラリーの色合いが非常に濃いものであったが、プジョーはWRCのサービス体制をそのままパリ・ダカに持ち込み、どんなトラブルやアクシデントに見舞われようとも、ゴールまでたどり着けば翌日のスタートには新品同様に車両を修復するという手法でパリ・ダカの長丁場を乗り切った。プジョーの手法は三菱をはじめとした他のエントラントにも大きな影響を与えることになり[13][2]、この年以降、この動きに追従した三菱とプジョー(1990年からは同じPSAグループシトロエン)による優勝争いはより激しさを増し、パリ・ダカは高速化の一途をたどることになる。

Kees van Loevezijnの1988年の死亡事故によって残されたDAF FAV3600 95X2 TurboTwinの残骸。テネレの北部にて。

1988年の大会では、4輪部門で首位を走行していたアリ・バタネンの車両が盗難される事件が発生し、後に主催者から失格の裁定が下された[14]。この時、失格の裁定を巡って、プジョーと国際自動車連盟(FIA)、というより、以前から遺恨があったとされる、プジョーチーム監督ジャン・トッドとFIA会長ジャン・マリー・バレストル個人の間で深刻な対立が生じている(ジャン・マリー・バレストルの項目参照)。篠塚建次郎が2位入賞。なお、この年から日本の音響機器メーカー、パイオニアタイトルスポンサーを務めた。

1991年にはシトロエンチームのサポートカミオンが、モーリタニア国内でポリサリオ戦線が敷設していた地雷を踏み、ナビゲーターが逃げ遅れて焼死する事件が発生した。事前警告で地雷が存在するため、メインピストから外れて走らないよう指示が出ていたのにもかかわらず、主催者から指示され、ルートブックにも記載されていたメインピストを外れて走行していたのが原因とされている。

1992年、パリ・ダカの歴史上初めてゴール地点がダカールから南アフリカケープタウンに移された[15]。これに伴い、大会名称もパリ〜ル・カップに改められ、冠スポンサーも日本のパイオニアからフランスの石油企業、トタル (TOTAL) に変わった。この年は4輪部門で三菱・パジェロが7年ぶり2度目の優勝を果たした一方、大会のサポートカーが事故を起こし、救護に駆け付けようとしたメディカルカーに1989年のモトクラス覇者ジル・ラレイが接触し、この世を去るアクシデントが発生した。

1999年にはテレビ局の取材担当者らがテロ組織に襲撃された。

この事件だけではなく、特に近年の同レースはテロ組織以外にも強盗も現れ、ドライバーがその被害・脅迫に遭遇することは少なくなかった。銃撃を受ける、盗賊に金品を略奪される等、事件例は枚挙に暇が無い。通行する集落の住民による投石による事故や負傷も多い。シトロエンのサポートカミオンのドライバーが何者かに射殺されたり、三菱自動車のサポートカミオンが狙撃される事態も発生した。[要出典]

2008年は走行区間のアフリカ北西部モーリタニアの治安悪化のため、開幕前日に全区間の開催中止が発表された[16]。2008年の再開催の予定はなし。2007年末のフランス人旅行者殺害事件を契機にフランス政府が事実上のレース中止を勧告していたほか、主催者にも直接テロの脅迫が届いていたという。レースが全面中止となるのは、30年の大会の歴史上、初めてのことであり、主催者側はテロの危険が絶えないサハラ砂漠からの撤退を含めた議論を示唆した[17]

2008年2月4日、ASOは中止になったダカール・ラリーの代わりに中欧を舞台にしたラリー「ダカール・シリーズ」を創設、4月20日 - 26日セントラル・ヨーロッパ・ラリーとして開催すると発表した[18]ハンガリーの首都・ブダペストからスタートし、途中ルーマニアを通過、同国西部のバラトン湖までのおよそ4800kmを走る。

同年2月11日には2009年のダカール・ラリーは南米アルゼンチンチリを舞台に行われると報じられた[19]。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスが発着点となる。この地が舞台となった理由として、ダカール・ラリーの特徴である砂漠や難コースを持ちながらテロの脅威がないことが挙げられている。

2009年2月、2010年も引き続き南米で開催されることが発表された。この年、長らくトップコンテンダーとして健在だった三菱自動車が、2009年限りでワークスチームの活動から撤退すると発表した[20]。撤退が噂されていたフォルクスワーゲンは後に参戦継続を表明したが、パリダカはワークス主体のレースが継続されるか、初期のプライベーター主体のレースに回帰するか、開催地の問題も含め、大会存続の岐路に立たされた。

2010年1月、この年もアルゼンチンとチリを舞台にし、同年8月にコピアポ鉱山落盤事故が発生するサンホセ鉱山もルートに設定された。

2012年2013年大会ではペルーが開催国に加わり、南米開催となって以来初の片道ルートとなった。また、2016年大会ではアルゼンチン、2019年大会ではペルー1国での開催となった。

2020年以降は中東サウジアラビアでの単独開催となり、現在に至る。またロードブックは従来は前日に渡されていたものが、当日のスタート前に渡されるようになり、ナビゲーションの難易度が大幅に上がった。

2022年はスタート前に、あるプライベーターの移動用車両のペダルの裏側に仕掛けられていた爆弾が爆発し、6人が重軽傷を負うという事件が発生した。フランスの外相が中止について言及する事態になったが、運営は警備を厳重に強化することで対処し続行。最終的に第二の爆発は起きることなく、大会を終えている[21]

コース

コースの一部(2005年)

コースはASOのコースディレクターによる事前の試走に基づいて決定される。経由地やルートは毎年変更され、前年と全く同じコースを走行することはほとんどない。なお、コースディレクションはティエリー・サビーヌの存命中は彼自身の手によって行われ、彼亡き後はルネ・メッジやユベール・オリオールなど、本ラリーの過去の参加経験者の手によって行われている。

日々のコースは、リエゾンと呼ばれる移動区間とSS(通常のラリーではスペシャルステージの略であるが、本ラリーにおいてはセレクティブセクターもしくはそのままエスエスと呼称される事がある)と呼ばれる競技区間とで構成される。リエゾンとSSを合計した1日の走行距離はおよそ500 kmから800 kmにも及び、過去には1,000 kmを超える競技区間が設けられた事もあった。

また、マラソンステージと呼ばれる区間が全コース中1度ないし2度設けられる。これは競技車が到着後、通常はその日のビバーク地で行う事が出来る整備を一部禁じ(具体的にはエンジン、駆動系などの部品交換が禁止される)、そのまま翌日のステージを走行するものである。2日にわたるステージをタイヤ交換などの軽整備のみで乗り切らなければならないため、ステージ内でのエンジンや駆動系の深刻なトラブルは即リタイヤに繋がる。そのため、車両を壊さないように労わりながらも速く走らなければならないという、2つの相反する要素が求められるステージとなっている。

競技期間中には1日ないし2日の休息日があり、競技車両の整備やクルーの休息に充てられる。

日程・ルート

1979年のルート図
2006年のルート図
アフリカ開催時代
開催日程 ルート 総距離 / SS走行距離 ST/P+SS
第1回 1978年12月26日 - 1979年1月14日 フランスの旗パリアルジェリアの旗アルジェセネガルの旗ダカール 10,000 km / 3,168 km 8/10
第2回 1980年1月1日 - 23日 10,000 km / 4,059 km 7/13
第3回 1981年1月1日 - 20日 6,263 km / 3,357 km 12/13
第4回 1982年1月1日 - 20日 10,000 km / 5,963 km 14/18
第5回 1983年1月1日 - 20日 12,000 km / 5,210 km 15/15
第6回 1984年1月1日 - 20日 12,000 km / 5,882 km 18/21
第7回 1985年1月1日 - 22日 14,000 km / 7,470 km 17/20
第8回 1986年1月1日 - 22日 15,000 km / 7,731 km 18/22
第9回 1987年1月1日 - 22日 13,000 km / 8,315 km 20/20
第10回 1988年1月1日 - 22日 12,874 km / 6,605 km 18/16
第11回 1988年12月25日 - 1989年1月13日 フランスの旗パリ→ チュニジアの旗チュニスセネガルの旗ダカール 10,831 km / 6,605 km 17/16
第12回 1989年12月25日 - 1990年1月16日 フランスの旗パリ→ リビアの旗トリポリセネガルの旗ダカール 11,420 km / 8,564 km 18/21
第13回 1990年12月29日 - 1991年1月17日 9,186 km / 6,747 km 11/14
第14回 1991年12月25日 - 1992年1月16日 フランスの旗パリ→ リビアの旗スルト→ 南アフリカの旗ル・カップ 12,427 km / 6,263 km 22/17
第15回 1993年1月1日 - 16日 フランスの旗パリ→ モロッコの旗タンジェセネガルの旗ダカール 8,877 km / 4,476 km 11/11
第16回 1993年12月28日 - 1994年1月16日 フランスの旗パリ→ セネガルの旗ダカール→ フランスの旗パリ 13,379 km / 4,446 km 16/20
第17回 1995年1月1日 - 15日 スペインの旗グラナダセネガルの旗ダカール 10,109 km / 5,725 km 14/14
第18回 1995年12月30日 - 1996年1月14日 7,579 km / 6,179 km 15/16
第19回 1997年1月4日 - 19日 セネガルの旗ダカール→ ニジェールの旗アガデスセネガルの旗ダカール 8,049 km / 6,509 km 14/15
第20回 1998年1月1日 - 18日 フランスの旗パリ→ スペインの旗グラナダ→セネガルの旗ダカール 10,593 km / 5,219 km 16/16
第21回 1999年1月1日 - 17日 スペインの旗グラナダ→ セネガルの旗ダカール 9,393 km / 5,638 km 16/16
第22回 2000年1月6日 - 23日 セネガルの旗ダカール→ エジプトの旗カイロ 7,863 km / 5,012 km 13/13
第23回 2001年1月1日 - 21日 フランスの旗パリ→ セネガルの旗ダカール 10,219 km / 6,180 km 20/19
第24回 2001年12月18日 - 2002年1月13日 フランスの旗アラススペインの旗マドリードセネガルの旗ダカール 9,436 km / 6,486 km 16/15
第25回 2003年1月1日 - 19日 フランスの旗マルセイユエジプトの旗シャルム・エル・シェイク 8,552 km / 5,216 km 17/17
第26回 2004年1月1日 - 18日 フランスの旗クレルモン=フェランセネガルの旗ダカール 9,506.5 km / 4,635.5 km 17/15
第27回 2004年12月31日 - 2005年1月16日 スペインの旗バルセロナセネガルの旗ダカール 9,039 km / 5,433 km 16/14
第28回 2005年12月31日 - 2006年1月15日 ポルトガルの旗リスボンセネガルの旗ダカール 9,043 km / 4,813 km 15/14
第29回 2007年1月6日 - 21日 7,915 km / 4,309 km 15/14
第30回 中止(2008年1月5日 - 20日予定) 9,273 km / 5,736 km 16/16
2009年のルート図
2013年のルート図
南米開催時代
開催日程 ルート 総距離 / SS走行距離 ST/P+SS
第31回 2009年1月3日 - 18日 アルゼンチンの旗ブエノスアイレスチリの旗バルパライソアルゼンチンの旗ブエノスアイレス 9,574 km / 5,652 km 14/13
第32回 2010年1月1日 - 17日 アルゼンチンの旗ブエノスアイレス→ チリの旗アントファガスタアルゼンチンの旗ブエノスアイレス
  • 8,937 km / 4,717 km (Bike Quad)
  • 9,030 km / 4,810 km (Car Truck)
14/14
第33回 2011年1月1日 - 15日 アルゼンチンの旗ブエノスアイレス→ チリの旗アリカ→ アルゼンチンの旗ブエノスアイレス
  • 9,605 km / 5,007 km (Bike Quad)
  • 9,618 km / 5,020 km (Car)
  • 9,458 km / 4,457 km (Truck)
13/13
第34回 2012年1月1日 - 16日 アルゼンチンの旗マル・デル・プラタチリの旗コピアポペルーの旗リマ
  • 8,391 km / 4,372 km (Bike Quad)
  • 8,377 km / 4,161 km (Car)
  • 8,336 km / 4,120 km (Truck)
14/13
第35回 2013年1月5日 - 20日 ペルーの旗リマ→ アルゼンチンの旗サン・ミゲル・デ・トゥクマンチリの旗サンティアゴ
  • 8,423 km / 4,146 km (Bike Quad)
  • 8,474 km / 4,155 km (Car)
  • 8,121 km / 3,541 km (Truck)
14/14
第36回 2014年1月5日 - 1月18日 アルゼンチンの旗ロサリオアルゼンチンの旗サルタチリの旗バルパライソ
  • 8,734 km / 5,228 km (Bike Quad)
  • 9,374 km / 5,522 km (Car)
  • 9,188 km / 5,212 km (Truck)
13/13
第37回 2015年1月4日 - 1月17日 アルゼンチンの旗ブエノスアイレス→ チリの旗イキケアルゼンチンの旗ブエノスアイレス
  • 9,295 km / 4,752 km (Bike Quad)
  • 9,111 km / 4,578 km (Car)
  • 3,759 km / 8,159 km (Truck)
13/13
第38回 2016年1月2日 - 1月16日 アルゼンチンの旗ブエノスアイレス→ アルゼンチンの旗サルタ→ アルゼンチンの旗ロサリオ
  • 8,973 km / 4,690 km (Bike Quad)
  • 9,237 km / 4,792 km (Car)
  • 9,039 km / 4,320 km (Truck)
13/13
第39回 2017年1月2日 - 1月14日 パラグアイの旗アスンシオンボリビアの旗ラパスアルゼンチンの旗ブエノスアイレス
  • 8,818 km / 4,089 km (Bike Quad)
  • 8,823 km / 4,093 km (Car UTV)
  • 8,781 km / 3,910 km (Truck)
12/10
第40回 2018年1月6日 - 20日 ペルーの旗リマ→ ボリビアの旗ラパス→ アルゼンチンの旗コルドバ
  • 8,276 km / 4,234 km (Bike Quad)
  • 8,793 km / 4,329 km (Car UTV)
  • 8,710 km / 4,154 km (Truck)
14

参加車両

2022年現在、以下の7つの部門に分かれている。

AUTO/CAR

3500 kg未満のクロスカントリー四輪車のための部門。

グループT1

改造範囲が極めて広い、事実上のプロトタイプカー。

年間1000台以上生産される車両のシャーシかモノコックボディ、または単一製造の鋼鉄製パイプフレームシャーシを使用する必要がある。エンジンはグループN、GT(2012年GT公認規定)、T2のいずれかの規定でホモロゲーション取得されているものが使用可能。南米開催時代に北米オフロードレースの車両を呼び込むため、二輪駆動車は規則が非常に緩く設定されていた(排気量次第で重量を200 kg - 650 kg軽くできる、タイヤを130 mm太くできる、コックピットからタイヤの内圧調整ができるなど)。これに目をつけたプジョー、ついでMiniが二輪駆動のバギーで幾度も優勝を収めている。しかしメーカーたちの協議の末、2022年から四輪駆動の規制を緩和したグループT1+が発足し、以降は四輪駆動がメインになる方針に変わっている。

  • T1.1 - 4×4(四輪装着・四輪駆動)のガソリンディーゼル
  • T1.2 - 4×2(四輪装着・二輪駆動)のガソリンディーゼル
  • T1.3 -バハ1000など北米オフロードレースを主催するSCOREインターナショナルの規則に合致した車両。旧称は「グループOP」「グループT1.5」など。
  • T1.U - 「グループT1アルティメット」。代替燃料や電動車など、カーボンニュートラルに向けた動力を用いる車両。

グループT2

四輪駆動、あるいはそれ以上の駆動輪を持つ量産車のためのクラス。年間1000台生産されている車両がホモロゲーション対象。T1とは逆に改造範囲が極めて狭く、安全装備や粉塵対策、アンダーガードなど最低限のボディ補強しか認められない。日本では以前「市販車無改造部門」と紹介されていたが、現在はグループT1が市販車改造部門からプロトタイプへと発展したため、「市販車部門」と紹介されることが多い。ガソリンエンジン車について過給器は禁止されている。長きに渡りトヨタ・ランドクルーザーが支配している。しかしそのせいか、世界ラリーレイド選手権で唯一賞典が用意されていない。

このほか、女性や初参加者 (Trophée 1ère Participation) にも別に競技クラスが用意されている。

Camion/Track

1980年に創設された、3,500 kg以上の車両(=トラック)のための部門。グループT5と呼ばれる規定で、量産車のT5.1、改造車のT5.2、競技中に後方から支援を行うサポートトラックのためのT5.3の3つに分けられている。なお2020年まではそれぞれ"グループT4(T4.1、T4.2、T4.3)"と呼ばれていたが、後述のSSVがその名を譲り受けたため、T5を名乗るようになっている。

駆動形式が6×6、天然ガスやハイブリッド車などの特殊動力源車両、初参加者はそれぞれ別に競技クラスが用意される。排気量10 L未満の車両用のクラスもあったが、エントリーが日野自動車と2~3台のプライベーターしかおらず、2021年を最後に消滅した。

Moto/Bike

自動二輪車両の部門。全車両最大排気量450cc、気筒数は1~2に制限されている。グループ1(エリートクラス)とグループ2(ノンエリートクラス)に分かれ、総合トップ10フィニッシュまたはステージウィン経験者は黄色いゼッケンのエリートクラスに強制的にカテゴライズされる。

また車両は改造範囲の広いクラス1(スーパープロダクション)と、狭いクラス2(マラソン)に分けられており、エリートクラスはクラス1車両のみとなっている。この他女性ライダー、初参加者のための賞典も用意されている。

2022年は世界ラリーレイド選手権発足に伴い、同選手権の規定であるRally GPが導入され、旧クラス1はRally 2、旧クラス2はRally 3へと改称されている。

Quad

2009年にMOTO/BIKE部門から独立した全地形対応車(四輪バギー、ATV)のための部門。FIMのグループ3と呼ばれる規定で、二輪駆動・単気筒・最大750 ccのグループ3.1と、四輪駆動・2気筒・最大900 ccのグループ3.2に分けられている。部門創設から2021年現在までの全ての開催でヤマハ発動機の二輪駆動車が部門制覇を収めている。

初参加者、女性にも賞典が用意される。

ORIGINAL by MOTUL

バイク・クアッド部門のうちサポートスタッフを一切雇わず、運営からの一定のサポート以外は全て自分一人で行うアマチュア競技者のための賞典。イベント中、エンジンオイルの解析サービスを行っているモチュールが協賛している。

LWV

「Light Weight Prototype(軽量プロトタイプ)」の部門。「Light Prototype」「LW Prototype」などの表記揺れがある。従来は後述のS×Sクラスに含まれていたが、2021年に市販SSVをベースとしない、競技専用設計の軽量プロトタイプバギーのグループT3が一部門として独立した。AUTO部門より安価に参戦できるため、プライベーターからの人気が高い。またAUTO部門へステップアップしたい若手の修行の場でもある。

グループT3

ベースのシャーシ・モノコックについて最低生産台数を必要としない、軽量なプロトタイプバギーの規定。4×4または4×2の鋼鉄製パイプフレームシャーシであることが求められる。紫背景のゼッケンを用いる。

最低重量は850 kg。最大気筒容積は1,050 cc以下で搭載位置は自由だが、前部車軸を含むエンジン、トランスミッションのアッセンブリー全体は市販車両(エンジンは二輪出自も可)からのものでなければならない。

従来はグループT3.1~T3.3オープンの4クラスに細かく規定されていたが、新生グループT4の発足に伴い2021年から"グループT3"のみとなっている。

SSV

2017年にAUTO/CAR部門から独立した、SSV(サイド・バイ・サイド・ビークル)を主とする軽車両のための部門。先述の通り、従来は軽量プロトタイプバギーと市販SSVが混走していたが、2021年から市販SSVを改造するグループT4のクラスが独立した。かつての部門名は「UTV」や「S×S」であったが、2021年以降は「SSV」で統一されている。Light Weight Prototypeよりも更に低コストで、アマチュアドライバーからの人気が高い。

グループT4

連続する12ヶ月の間に500台が生産された、SSVを用いる規定。最低重量は900 kg、最大気筒容積は1,050 cc。白背景のゼッケンを用いる。

  • T4.1 - 過給器を装着する市販車ベースのSSV
  • T4.2 - 過給器なしの市販車ベースのSSV

Dakar Classic

2021年に創設された部門で、2000年までにパリ-ダカールラリーに参戦した旧車の四輪・トラックが対象。勝敗は他の部門と異なり、各ステージに設定された平均速度をどれだけ維持できるかで争われる。

過去の規定

ごく初期においては2輪車と4輪車にカテゴリー分けされている程度であり、ナンバープレートが取得可能な車両であればどのような車両であっても大抵の場合は参加することが可能であった。そのため参加車両には、街中を走るごく普通の市販車を改造したものもあり、たとえば2輪部門ではスーパーカブベスパも参加したことがあり、また自動車メーカーのプロトタイプ・カー、軍用車両の流用などもあった。

2008年時点の大まかなクラス分けは下記のとおりで、更に燃料の種類や排気量で細分化されていた。

  • プロダクション(無改造の市販車:二輪・四輪共通)
  • スーパープロダクション(市販車ベースの改造車および競技専用車。バギーを含む:二輪・四輪共通)
  • カミオン(トラックベース)
  • エクスペリメンタル(サイドカーや三輪・四輪のATVなど)

1997年にワークスチームのプロトタイプカー(競技専用車)とガソリンターボエンジンを搭載しての参戦が禁止されたが、2001年からスーパープロダクションという形でプロトタイプカーが実質解禁となった。ガソリンNAエンジンの市販改造車のほか、ディーゼルエンジンを採用するチームが多く登場した。

歴代優勝者

  • 2018年度までの出典:(ASO 2019)
  • 第1回大会(1979年)は部門・クラス区分なし(オート・モト・カミオン全車の総合順位)。

オート(四輪)

参加台数 完走台数 優勝クルー 優勝マシン 備考
ドライバー ナビゲーター
第1回 (1979) 80台   フランスの旗アラン・ジェネスティエール
  • フランスの旗ジョセフ・テルブロー
  • フランスの旗ジャン・ルモルダン
イギリスの旗ランドローバー・レンジローバー 総合4位
第2回 (1980) 116台 49台 スウェーデンの旗フレディ・コトゥリンスキー ドイツの旗ゲルト・ルッフェルマン ドイツの旗フォルクスワーゲン・イルティス(英語版)
第3回 (1981) 170台 60台 フランスの旗ルネ・メッジ フランスの旗ベルナール・ジロー イギリスの旗ランドローバー・レンジローバー
第4回 (1982) 233台 94台 フランスの旗クロード・マロー フランスの旗ベルナール・マロー フランスの旗ルノー・20
第5回 (1983)     ベルギーの旗ジャッキー・イクス フランスの旗クロード・ブラッスール ドイツの旗メルセデス・280GE
第6回 (1984)     フランスの旗ルネ・メッジ フランスの旗ドミニク・ルモイヌ ドイツの旗ポルシェ・953
第7回 (1985) 362台 101台 フランスの旗パトリック・ザニローリ フランスの旗ジャン・ダ・シルバ 日本の旗三菱・パジェロ
第8回 (1986) 282台   フランスの旗ルネ・メッジ フランスの旗ドミニク・ルモイヌ ドイツの旗ポルシェ・959
第9回 (1987) 154台   フィンランドの旗アリ・バタネン フィンランドの旗ベルナール・ジロー フランスの旗プジョー・205T16GR
第10回 (1988) 311台   フィンランドの旗ユハ・カンクネン フィンランドの旗ユハ・ピロネン
第11回 (1989) 241台 100台 フィンランドの旗アリ・バタネン スウェーデンの旗ブルーノ・ベルグルンド フランスの旗プジョー・405T16GR
第12回 (1990) 236台 64台
第13回 (1991) 184台   フランスの旗シトロエン・ZXラリーレイド
第14回 (1992) 133台 68台 フランスの旗ユベール・オリオール フランスの旗フィリップ・モネ 日本の旗三菱・パジェロ
第15回 (1993) 65台   フランスの旗ブルーノ・サビー フランスの旗ドミニク・セリエス
第16回 (1994) 96台 57台 フランスの旗ピエール・ラルティーグ フランスの旗ミシェル・ペラン フランスの旗シトロエン・ZXラリーレイド
第17回 (1995) 86台 58台
第18回 (1996) 99台 61台
第19回 (1997) 282台 71台 日本の旗篠塚建次郎 フランスの旗アンリ・マーニュ 日本の旗三菱・パジェロ
第20回 (1998) 115台 55台 フランスの旗ジャン=ピエール・フォントネ フランスの旗ジル・ピカール 日本の旗三菱・パジェロエボリューション
第21回 (1999) 88台 54台 フランスの旗ジャン=ルイ・シュレッサー フランスの旗フィリップ・モネ フランスの旗シュレッサー・ルノー
第22回 (2000) 135台 95台 フランスの旗アンリ・マーニュ
第23回 (2001) 133台 53台 ドイツの旗ユタ・クラインシュミット ドイツの旗アンドレアス・シュルツ 日本の旗三菱・パジェロ
第24回 (2002) 117台 52台 日本の旗増岡浩 フランスの旗パスカル・メモン
第25回 (2003) 130台 61台 ドイツの旗アンドレアス・シュルツ 日本の旗三菱・パジェロエボリューション
第26回 (2004) 142台 60台 フランスの旗ステファン・ペテランセル フランスの旗ジャン=ポール・コトゥレ
第27回 (2005) 165台 75台
第28回 (2006) 174台 67台 フランスの旗リュック・アルファン フランスの旗ジル・ピカール
第29回 (2007) 181台 109台 フランスの旗ステファン・ペテランセル フランスの旗ジャン=ポール・コトゥレ
第30回 (2008) 中止
第31回 (2009) 178台 91台 南アフリカ共和国の旗ジニール・ドゥビリエ ドイツの旗ディルク・フォン・ツィツェヴィッツ ドイツの旗フォルクスワーゲン・レーストゥアレグ2
第32回 (2010) 134台 57台 スペインの旗カルロス・サインツ スペインの旗ルーカス・クルス
第33回 (2011) 140台 55台 カタールの旗ナサール・アルアティヤ ドイツの旗ティモ・ゴットシャルク ドイツの旗フォルクスワーゲン・レーストゥアレグ3
第34回 (2012) 161台 78台 フランスの旗ステファン・ペテランセル フランスの旗ジャン=ポール・コトゥレ イギリスの旗ミニ・オール4レーシング
第35回 (2013) 153台 90台
第36回 (2014) 147台 61台 スペインの旗ナニ・ロマ フランスの旗ミシェル・ペラン
第37回 (2015) 137台 68台 カタールの旗ナサール・アルアティヤ フランスの旗マシュー・バウメル
第38回 (2016) 111台 67台 フランスの旗ステファン・ペテランセル フランスの旗ジャン=ポール・コトゥレ フランスの旗プジョー・2008 DKR Maxi
第39回 (2017) 79台 57台 フランスの旗プジョー・3008 DKR Maxi
第40回 (2018) 92台 43台 スペインの旗カルロス・サインツ スペインの旗ルーカス・クルス
第41回 (2019) カタールの旗ナサール・アルアティア フランスの旗マシュー・バウメル 日本の旗トヨタ・ハイラックスEVO
第42回 (2020) スペインの旗カルロス・サインツ スペインの旗ルーカス・クルス イギリスの旗ミニ・JCWバギー
第43回 (2021) 67台 フランスの旗ステファン・ペテランセル フランスの旗エドアルド・ブーランガー イギリスの旗ミニ・JCWバギー
第44回 (2022) 72台 カタールの旗ナサール・アルアティア フランスの旗マシュー・バウメル 日本の旗トヨタ・GRダカールハイラックスT1+

モト(二輪)

回(年) 参加台数 完走台数 優勝ライダー 優勝マシン 備考
第1回 (1979) 90台   フランスの旗シリル・ヌヴー 日本の旗ヤマハ・XT500 総合1位
第2回 (1980) 90台 25台
第3回 (1981) 106台 28台 フランスの旗ユベール・オリオール ドイツの旗BMW・R80G/S(英語版)
第4回 (1982) 129台 33台 フランスの旗シリル・ヌヴー 日本の旗ホンダ・XR550
第5回 (1983) 132台 29台 フランスの旗ユベール・オリオール ドイツの旗BMW・R80G/S
第6回 (1984) 114台 50台 ベルギーの旗ガストン・ライエ
第7回 (1985) 135台 25台
第8回 (1986) 131台 29台 フランスの旗シリル・ヌヴー 日本の旗ホンダ・NXR750
第9回 (1987) 154台 26台
第10回 (1988) 183台 34台 イタリアの旗エディー・オリオリ
第11回 (1989) 155台 60台 フランスの旗ジル・ラレイ
第12回 (1990) 136台 46台 イタリアの旗エディー・オリオリ イタリアの旗カジバ・エレファント900
第13回 (1991) 113台 46台 フランスの旗ステファン・ペテランセル 日本の旗ヤマハ・YZE750T
第14回 (1992) 98台 45台
第15回 (1993) 46台 12台 日本の旗ヤマハ・YZE850T
第16回 (1994) 96台 47台 イタリアの旗エディー・オリオリ イタリアの旗カジバ・エレファント900
第17回 (1995) 95台 27台 フランスの旗ステファン・ペテランセル 日本の旗ヤマハ・XTZ850R
第18回 (1996) 119台 50台 イタリアの旗エディー・オリオリ 日本の旗ヤマハ・XTZ850TRX
第19回 (1997) 126台 58台 フランスの旗ステファン・ペテランセル
第20回 (1998) 173台 41台
第21回 (1999) 161台 40台 フランスの旗リシャール・サンク ドイツの旗BMW・F650RR
第22回 (2000) 200台 107台
第23回 (2001) 133台 76台 イタリアの旗ファブリツィオ・メオーニ オーストリアの旗KTM・LC4 660R
第24回 (2002) 167台 58台 オーストリアの旗KTM・LC8 950R
第25回 (2003) 162台 98台 フランスの旗リシャール・サンク オーストリアの旗KTM・LC4 660R
第26回 (2004) 195台 65台 スペインの旗ナニ・ロマ
第27回 (2005) 230台 104台 フランスの旗シリル・デプレ
第28回 (2006) 232台 93台 スペインの旗マルク・コマ
第29回 (2007) 231台 126台 フランスの旗シリル・デプレ オーストリアの旗KTM・690ラリー
第30回 (2008) 中止
第31回 (2009) 217台 113台 スペインの旗マルク・コマ オーストリアの旗KTM・690ラリー
第32回 (2010) 151台 88台 フランスの旗シリル・デプレ
第33回 (2011) 170台 94台 スペインの旗マルク・コマ オーストリアの旗KTM・450ラリー
第34回 (2012) 178台 97台 フランスの旗シリル・デプレ
第35回 (2013) 183台 125台
第36回 (2014) 174台 78台 スペインの旗マルク・コマ
第37回 (2015) 161台 79台
第38回 (2016) 136台 84台 オーストラリアの旗トビー・プライス
第39回 (2017) 143台 96台 イングランドの旗サム・サンダーランド
第40回 (2018) 139台 85台 オーストリアの旗マティアス・ウォークナー
第41回 (2019) オーストラリアの旗トビー・プライス
第42回 (2020) アメリカ合衆国の旗リッキー・ブラベック 日本の旗ホンダ・CRF450ラリー
第43回 (2021) 108台 アルゼンチンの旗ケビン・ベナバイズ 日本の旗ホンダ・CRF450ラリー
第44回 (2022) イングランドの旗サム・サンダーランド オーストリアの旗KTM・450ラリー レプリカ

KTM傘下となったガスガスのファクトリーチームが運用

カミオン(トラック)

参加台数 完走台数 優勝クルー 優勝マシン 備考
ドライバー ナビゲーター/メカニック
第1回 (1979) 12台   フランスの旗ジャン=フランソワ・デュナック
  • フランスの旗ジャン=ピエール・シャペル
  • フランスの旗フランソワ・ボー
オーストリアの旗ピンツガウアー(英語版) 総合44位
第2回 (1980) 10台 7台 アルジェリアの旗 Miloud Ataquat
  • アルジェリアの旗Hadj Daou Boukrif
  • アルジェリアの旗Mahiedine Kaoula
アルジェリアの旗ソナコム(英語版)
第3回 (1981) 15台 3台 フランスの旗アドリアン・ヴィレット
  • フランスの旗アンリ・ガブリエール
  • フランスの旗アラン・ヴォルロー
フランスの旗アルム・アクマ(英語版) 四輪トラック18位
第4回 (1982) 23台   フランスの旗ジョルジュ・グロワン
  • フランスの旗ティエリー・ド・スール
  • フランスの旗ベルナール・マルフェロワール
ドイツの旗メルセデスU 1700L 四輪トラック38位
第5回 (1983)     ドイツの旗メルセデス・1936AK 四輪トラック19位
第6回 (1984)     フランスの旗ピエール・ラルー
  • フランスの旗ダニエル・デュルス
  • フランスの旗パトリック・ヴェンチュリーニ
ドイツの旗メルセデス
第7回 (1985) 55台 20台 ドイツの旗カール=フリードリッヒ・カピト
第8回 (1986)     イタリアの旗ジャコモ・ヴィスマーラ イタリアの旗ジュリオ・ミネーリ 四輪トラック25位
第9回 (1987) 73台   オランダの旗ヤン・デ・ルーイ
  • ベルギーの旗イヴォ・ジューネンス
  • オランダの旗テオ・ファン・デ・リアト
オランダの旗DAF・ターボツイン 四輪トラック11位
第10回 (1988) 109台   チェコの旗カレル・ロプライス
  • チェコの旗ラドミール・スタッチュラ
  • チェコの旗マック
チェコの旗タトラ・815 四輪トラック19位
第11回 (1989) 実施されず[注釈 2]
第12回 (1990) 93台 23台 イタリアの旗ジョルジオ・ヴィラ
  • イタリアの旗ジョルジオ・デルフィーノ
  • イタリアの旗クラウディオ・ヴィナンテ
イタリアの旗ペルリーニ 四輪トラック16位
第13回 (1991) 113台 46台 フランスの旗ジャック・ウサ
  • フランスの旗ティエリー・ド・スール
  • イタリアの旗ダニーロ・ボッタロ
四輪トラック19位
第14回 (1992) 101台 56台 イタリアの旗フランチェスコ・ペルリーニ
  • イタリアの旗ジョルジオ・アルビエーロ
  • イタリアの旗クラウディオ・ヴィナンテ
四輪トラック16位
第15回 (1993) 42台   四輪トラック10位
第16回 (1994) 96台 47台 チェコの旗カレル・ロプライス
  • チェコの旗ラドミール・スタッチュラ
  • チェコの旗ヨセフ・カリナ
チェコの旗タトラ・815
第17回 (1995) 24台 18台
第18回 (1996) 70台 21台 ロシアの旗ヴィクトル・モスコフスキー
  • ロシアの旗アナトリ・コウジミン
  • ロシアの旗ナイル・バガヴェトディノフ
ロシアの旗カマズ 四輪トラック15位
第19回 (1997) 55台 22台 オーストリアの旗J-P.ライフ オーストリアの旗ヨハン・ダインホッファー 日本の旗日野・レンジャー 四輪トラック23位
第20回 (1998) 35台 8台 チェコの旗カレル・ロプライス
  • チェコの旗ラドミール・スタッチュラ
  • チェコの旗ヤン・セルマック
チェコの旗タトラ・815
第21回 (1999) 29台 16台
  • チェコの旗ラドミール・スタッチュラ
  • チェコの旗ヨセフ・カリナ
第22回 (2000) 30台 23台 ロシアの旗ウラジミール・チャギン
  • ロシアの旗セメン・ヤクボフ
  • ロシアの旗セルゲイ・サヴォスティン
ロシアの旗カマズ
第23回 (2001) 30台 12台 チェコの旗カレル・ロプライス
  • チェコの旗ヨセフ・カリナ
  • チェコの旗ペトル・ハメルラ
チェコの旗タトラ・815
第24回 (2002) 34台 22台 ロシアの旗ウラジミール・チャギン
  • ロシアの旗セメン・ヤクボフ
  • ロシアの旗セルゲイ・サヴォスティン
ロシアの旗カマズ
第25回 (2003) 51台 27台
第26回 (2004) 63台 38台
第27回 (2005) 69台 36台 ロシアの旗フィルダウス・カビロフ
  • ロシアの旗アイダール・ベルヤエフ
  • ロシアの旗アンドレイ・モケエフ
第28回 (2006) 69台 33台 ロシアの旗ウラジミール・チャギン
  • ロシアの旗セメン・ヤクボフ
  • ロシアの旗セルゲイ・サヴォスティン
第29回 (2007) 85台 59 台 オランダの旗ハンス・ステイシー
  • ベルギーの旗チャーリー・ゴッドリーブ
  • オランダの旗ベルナルド・デル・キンデレン
ドイツの旗MAN・TGA
第30回 (2008) 中止
第31回 (2009) 81台 54台 ロシアの旗フィルダウス・カビロフ
  • ロシアの旗アイダール・ベルヤエフ
  • ロシアの旗アンドレイ・モケエフ
ロシアの旗カマズ・4326
第32回 (2010) 52台 28台 ロシアの旗ウラジミール・チャギン
  • ロシアの旗セルゲイ・サヴォスティン
  • ロシアの旗エドゥアルド・ニコラエフ
第33回 (2011) 67台 41台
  • ロシアの旗セルゲイ・サヴォスティン
  • ロシアの旗イルダル・シャイスルタノフ
第34回 (2012) 74台 60台 オランダの旗ジェラルド・デ・ルーイ
  • ベルギーの旗トム・コルスール
  • ポーランドの旗ダレク・ロデワルド
イタリアの旗イヴェコ・パワースター(英語版)
第35回 (2013) 75台 60台 ロシアの旗エドゥアルド・ニコラエフ
  • ロシアの旗セルゲイ・サヴォスティン
  • ロシアの旗ウラジミール・リュバコフ
ロシアの旗カマズ・4326
第36回 (2014) 70台 50台 ロシアの旗アンドレイ・カルギノフ
  • ロシアの旗アンドレイ・モケエフ
  • ロシアの旗イゴール・デビャトキン
第37回 (2015) 63台 51台 ロシアの旗アイラット・マルデーフ
  • ロシアの旗アイダール・ベルヤエフ
  • ロシアの旗ドミトリー・スビストゥノフ
第38回 (2016) 55台 44台 オランダの旗ジェラルド・デ・ルーイ
  • スペインの旗Moi Torrllardona
  • ポーランドの旗ダレク・ロデワルド
イタリアの旗イヴェコ・パワースター
第39回 (2017) 50台 38台 ロシアの旗エドゥアルド・ニコラエフ
  • ロシアの旗エフゲニー・ヤコブレフ
  • ロシアの旗ウラジミール・リュバコフ
ロシアの旗カマズ・4326
第40回 (2018) 44台 25台
第41回 (2019) ロシアの旗カマズ
第42回 (2020) ロシアの旗アンドレイ・カルギノフ
  • ロシアの旗アンドレイ・モケエフ
  • ロシアの旗イゴール・レオノフ
第43回 (2021) 42台 ロシアの旗ドミトリー・ソトニコフ
  • ロシアの旗ラスラン・アクマデフ
  • ロシアの旗イルギス・アクジアノフ
ロシアの旗カマズ・マスター
第44回 (2022)

クアッド(四輪バギー)

回(年) 参加台数 完走台数 優勝ライダー 優勝マシン
第31回 (2009) 25台 13台 チェコの旗ヨセフ・マチャセック 日本の旗ヤマハ・ラプター700R(英語版)
第32回 (2010) 25台 14台 アルゼンチンの旗マルコス・パトロネッリ
第33回 (2011) 30台 14台 アルゼンチンの旗アレハンドロ・パトロネッリ
第34回 (2012) 30台 12台
第35回 (2013) 38台 26台 アルゼンチンの旗マルコス・パトロネッリ
第36回 (2014) 40台 15台 チリの旗イグナシオ・カザール
第37回 (2015) 45台 18台 ポーランドの旗ラファウ・ソニク
第38回 (2016) 45台 23台 アルゼンチンの旗マルコス・パトロネッリ
第39回 (2017) 37台 22台 ロシアの旗セルゲイ・カリャーキン
第40回 (2018) 49台 32台 チリの旗イグナシオ・カザール
第41回 (2019) アルゼンチンの旗ニコラス・カヴィグリアッソ
第42回 (2020) チリの旗イグナシオ・カザール
第43回 (2021) 21台 アルゼンチンの旗マヌエル・アンドゥハー
第44回 (2022) フランスの旗アレクサンドロ・ジルー

Light Weight Prototype(軽量プロトタイプバギー)

参加台数 完走台数 優勝クルー 優勝マシン 備考
ドライバー ナビゲーター
第43回 (2021) チェコの旗ジョセフ・マカチェク チェコの旗パベル・ビオラル Can-Am
第44回 (2022) チリの旗フランシスコ・ロペス・コンタルド チリの旗ファン・パブロ・ラトラック・ビナグレ

UTV / SxS / SSV(多用途四輪車)

参加台数 完走台数 優勝クルー 優勝マシン 備考
ドライバー ナビゲーター
第39回 (2017) 10台 5台 ブラジルの旗レアンドロ・トーレス ブラジルの旗ロウリバル・ロルダン アメリカ合衆国の旗ポラリス・RZR1000XP
第40回 (2018) 11台 6台 ブラジルの旗レイナウド・ヴァレラ ブラジルの旗グスタボ・グージェルミン カナダの旗カンナム
第41回 (2019) チリの旗フランシスコ・ロペス・コンタルド チリの旗アルバロ・キンタニラ
第42回 (2020) アメリカ合衆国の旗ケーシー・カリー アメリカ合衆国の旗ショーン・ベリマン
第43回 (2021) 58台 チリの旗フランシスコ・ロペス・コンタルド チリの旗ファン・パブロ・ラトラック・ビナグレ
第44回 (2022) アメリカ合衆国の旗オースティン・ジョーンズ ブラジルの旗グスタボ・グージェルミン

クラシック

参加台数 完走台数 優勝クルー 優勝マシン 備考
ドライバー ナビゲーター
第43回 (2021) 26台 フランスの旗マルク・ドートン フランスの旗エミリエン・エチエンヌ サンヒル・バギー
第44回 (2022) フランスの旗サージ・モーニョ フランスの旗フローレント・ドリュオン トヨタ・ランドクルーザー80系

優勝回数ランキング

記録は2019年大会終了時点。

個人別

Auto (Car)
Moto (Bike)
  • 1. フランスの旗 ステファン・ペテランセル 6 (1991 - 1993, 1995, 1997, 1998)
  • 2. フランスの旗 シリル・ヌヴー 5 (1979, 1980, 1982, 1986, 1987)
  • 2. フランスの旗 シリル・デプレ 5 (2005, 2007, 2010, 2012, 2013)
  • 2. スペインの旗 マルク・コマ 5 (2006, 2009, 2011, 2014, 2015)
  • 5. イタリアの旗 エディ・オリオリ 4 (1988, 1990, 1994, 1996)
Camion (Truck)
  • 1. ロシアの旗 ウラジミール・チャギン 7 (2000, 2002 - 2004, 2006, 2010, 2011)
  • 2. ロシアの旗 カレル・ロプライス 6 (1988, 1994, 1995, 1998, 1999, 2001)
  • 3. ロシアの旗 セルゲイ・サヴォスティン 5 (2000, 2002 - 2004, 2006)
  • 3. チェコの旗 ラドミール・スタチュラ 5 (1988, 1994, 1995, 1998, 1999)
  • 3. ロシアの旗 エドゥアルド・ニコラエフ 5(2010, 2013, 2017 - 2019)
  • 6. チェコの旗 ヨセフ・カリナ 4 (1994, 1995, 1999, 2001)
  • 6. ロシアの旗 セメン・ヤクボフ 4 (2000, 2003, 2004, 2006)

※ナビゲーター/メカニックとしての優勝回数も含む

Quad
  • 1. アルゼンチンの旗 マルコス・パトロネッリ 3 (2010, 2013, 2016)
  • 1. チリの旗 イグナシオ・カザール 3(2014, 2018, 2020)
  • 3. アルゼンチンの旗 アレハンドロ・パトロネッリ 2 (2011, 2012)

メーカー別

Auto (Car)
Moto (Bike)
  • 1. オーストリアの旗 KTM 18 (2001 - 2007, 2009 - 2019)
  • 2. 日本の旗 ヤマハ 9 (1979, 1980, 1991 - 1993, 1995 - 1998)
  • 3. ドイツの旗 BMW 6 (1981, 1983 - 1985, 1999, 2000)
  • 3. 日本の旗 ホンダ 6 (1982, 1986 - 1989, 2020)
  • 5. イタリアの旗 カジバ 2 (1990, 1994)
Camion (Truck)
Quad

日本との関係

ホンダ・NXR750(1989年優勝車)
ヤマハ・XTZ850R(1995年優勝車)

日本からは個人での参加、企業での参加、それぞれ様々なものがある。企業は二輪・バギーはヤマハとホンダ、四輪はトヨタ、日産、三菱、日野、いすゞの各社が健闘してきた歴史がある。

二輪部門ではかつてはヤマハホンダ、スズキがワークス・チームを編成する形で参戦していた。ヤマハはフランスの輸入代理店、ソノート社 (Sonauto) でジャン=クロード・オリビエが計画の中心となり、ホンダはフランス支社(フランス・ホンダ)が運営を担当した。

第1回(1979年)と第2回(1980年)はヤマハ・XT500、第4回(1982年)はホンダ・XL550R改に乗るライダーが優勝した[23]。その後、ホンダは打倒BMWを目指してホンダ・レーシング (HRC) 製VツインマシンNXR750を投入し、1986年から1989年まで4連覇を達成[24]。ヤマハは「テネレ」→「スーパーテネレ」シリーズの継続開発が実り、1990年代に7勝を記録[25]。オリビエに見いだされたステファン・ペテランセルがモト部門個人最多の6勝を挙げた。その後、各メーカーともワークス参戦を見送る時期が続いていたが、2013年からホンダがCRF450で、2015年からヤマハがWR450Fでワークス参戦を再開させた。

2009年に創設されたクアッド部門では、ヤマハ・ラプターが部門創設から2022年現在まで無傷の14連覇を達成。さらにヤマハは2021年から、AUTO部門でMiniをオペレーションするX-raidと提携し、Light Weight Prototype部門にYXZ1000Rを参戦させ、一時は三部門を股にかけた。しかし二輪のワークス参戦は2022年を最後に撤退した。

三菱・パジェロエボリューション、2003年増岡優勝車
トヨタ・ランドクルーザー、市販車無改造クラスで2005年から2011年にかけて6連覇。
日野・レンジャー、1997年にカミオン部門総合1-2-3フィニッシュ。

4輪部門の改造車クラスでは三菱・パジェロの活躍が目覚ましく、1985年に三菱のワークスチームが1・2位を独占、日本車としては初めてとなる4輪部門での総合優勝を果たした。その後も2001年から2007年までの7連覇を含め、参戦メーカー中最多となる12回の総合優勝を飾り、「パジェロ=パリダカ」というブランドイメージを印象付け、三菱自動車を一躍、世界的な自動車メーカーへと押し上げた。舞台が南米大陸に移った2009年にはディーゼル車のレーシングランサーをデビューさせたが、リーマンショック後の景気悪化に伴い、大会終了後にラリー活動からの撤退を表明した[26]。日産は2003年にワークスの日産・ピックアップを投入し[27]篠塚建次郎アリ・バタネンコリン・マクレーらビッグネームを迎え入れたが、4年以内に優勝するという計画を前倒しして2005年限りでワークス撤退を決めた[28]。2012年には南アフリカトヨタ (TSAM) がオート部門のT1に「GAZOO Racing South Africa」名義でハイラックスで参戦を開始し、2019年にトヨタのダカール初優勝を達成した[29]

4輪部門の市販車無改造クラスで最も成功しているのはトヨタ車体のTLC(チームランドクルーザー)率いるランドクルーザーで、市販車無改造クラスで1996年の優勝を皮切りに1998 - 2003年“過去の戦績”. 2019年8月21日閲覧。、2005年 - 2011年[30]にかけて6連覇を2度、2014年から2019年まで6連覇を達成している。ちなみに2012年と2013年にTLCの優勝を阻止したのは、スペイントヨタの運用するランドクルーザープラドであった[31][32]

この他にも4輪部門には、様々な日本のSUVが国内外のプライベーターの車両として選ばれ参加した。例えばトヨタ・ランドクルーザーや日産・サファリ、三菱・パジェロといった世界的に人気の高いSUVの他にも、トヨタ・ハイラックスサーフ三菱・チャレンジャー日産・テラノいすゞ・ビッグホーンいすゞ・ミュースズキ・エスクードスズキ・ジムニーなどがダカール・ラリーを走り、他にも初期の大会には、構造上砂漠で不利なトヨタ・スターレットトヨタ・カリーナといった二輪駆動の乗用車で市販車無改造クラスにエントリーした強者もおり、1982年には二輪駆動のカリーナ1500で久保田勝/内田正洋組が市販車無改造クラス優勝を果たしている。また、かつてはプロトタイプ(実際に市販されていない競技専用車両)も参加可能であったため、テラノのシャシーに日産・パルサーGTi-R風のボディーを被せたものや、パジェロを国産初の四輪駆動車・PX33風に改造した車両もあった。

カミオン部門では日野自動車菅原義正親子のチームスガワラとジョイントしてレンジャーで2019年現在まで参戦しており、27回連続完走と10 L未満部門クラス10連覇、1997年には部門総合1-2-3フィニッシュを達成。またサポートカミオンとしてスーパードルフィン・プロフィア(2013年まで)→700シリーズZS(プロフィアの海外仕様、2014年から)も参戦している。過去には三菱ふそうが1997年にはザ・グレートで、1998年には純粋な競技車輌ではなくサポートカミオンとしてではあるが、スーパーグレートで参戦したことがある。

なお、日本の自動車メーカー各社では販売網やその末端の士気向上を目的に、全国各地の系列ディーラーメカニックが参加するグループ内部の技術コンテストなどの成績優秀者などを選抜して、実際にラリーに参戦するチームのメカニックに起用することも多く行われている。

出場した日本人

ダカール・ラリー日本事務所の公式サイトには、2014年までの日本人参加者名および結果のリストが掲載されている[33]

第3回(1981年)、プライベーターのチームACP[34] (Adventurous Creative Persons) が日本人として初めてパリダカに挑戦し、無謀と思われた市販車無改造2WDクラスのトヨタ・スターレットで時間外ながら完走を果たした[35]。それから数年で出場者が増えてゆき、その後はほぼ毎年10人以上の日本人が出場している。1980年代末 - 1990年代初頭にかけてはパリダカの知名度上昇とバブル景気が重なり、50人以上のプライベーターが参加したこともあった。当時は世間で名の知れたタレントや文化人の出場もマスコミの話題となった。ワークスドライバーでは三菱の篠塚建次郎(1997年)と増岡浩(2002・2003年)が4輪総合優勝を果たした。

4輪(カミオン含む)

  • 横田紀一郎 - チームACP代表。TV番組の取材などでアフリカの道に親しみ、日本勢のパリダカ参戦のきっかけを作る。1981年に久保田車のナビゲーターとして初参戦し、1989年まで9年連続出場。1990年・1992年はドライバーとして出場。
  • 久保田勝 - 1981年にACPのドライバーとして初参戦し、翌1982年には市販車無改造・二輪駆動・バギー・マラソンの4クラス(現在は廃止)において日本人として初優勝する。1992年まで11年連続で参戦。
  • 根本純 - 自動車ジャーナリスト。1981年にACPのドライバーとして初参戦。1982年・1985年・1988年 - 1997年に参戦。
  • 菅原義正 - チーム「子連れ狼」を組織し、1983年から2019年まで参戦。日本人で唯一、モト・オート・カミオンの全部門に参戦。本田技研工業三菱自動車日野自動車。2008年1月、ギネス・ワールド・レコーズダカール・ラリーの最多連続出場(25回)記録保持者として認定された。2019年には記録を36回にまで伸ばした後、引退を発表。
  • 夏木陽介 - 俳優。1985年と1986年にドライバーとして、1987年 - 1993年に「チームシチズン夏木」の監督として参戦。
  • 篠塚建次郎 - 三菱自動車日産自動車→フリー(トーヨータイヤ開発ドライバー)。1986年から参戦、1997年に総合優勝[36]
  • 増岡浩 - 三菱自動車。1987年からダカール・ラリーに参戦。2002年・2003年に総合優勝[37][38]
  • 石原孝仁 - テレビディレクター。1987年にフジテレビのバラエティー番組のスポンサードを受けた「なるほど!ザ・ワールド号」のドライバーとして出場。市販車改造ディーゼルクラスで優勝した。
  • 片山敬済 - 元ロードレース世界選手権チャンピオン。1990年に三菱パジェロ改のPX33で完走。1991年に日産パルサーベースのオリジナルマシンで出場するもリタイヤ。
  • 佐々木隆[要曖昧さ回避] - 元モトクロス国際A級ライダー。1989年は二輪で出場するもリタイア、1990年は完走、クラス3位。1991年は四輪で参戦、総合58位。
  • 立松和平 - 作家。ナビゲーターとして2回出場し、1990年はリタイア、1991年に完走。
  • 岡本佳織 - 女優、タレント。トヨタ・フランスよりドライバーとして1991年参戦。1992年完走などの結果を残す。
  • 新井敏弘 - ラリードライバー。いすゞ自動車、1997年参戦、総合32位完走[39][36]
  • 尾上茂 - ラリードライバー。プライベーターとして1997年より9回[40]参戦、3回完走。2000年 87位[41]・2003年 45位[38](SUZUKIエスクード)、2004年 45位[42] (SUZUKI VITARA)。
  • 池町佳生 - 二輪部門→四輪部門、日産自動車→トヨタ車体→フリーランス
  • 三橋淳 - 2001,2002,2003年 二輪部門→2004年 四輪部門、日産自動車→トヨタ車体[43]。市販車部門で4連覇を挙げている。
  • 片山右京 - 元F1ドライバー。フリーランスとして2007、2008、2009年参戦。
  • 山田周生 - 2007年 TLC(トヨタ車体チーム)のドライバーとして参戦。バイオディーゼル燃料(BDF)を使用し、市販車ディーゼル部門3位。
  • 菅原照仁 - 父・菅原義正のチームである日野チームスガワラでナビやチームメカニック、サポートカミオンで経験を積み、2005年からドライバーとして参戦。2010 - 2019年のカミオン部門10L未満クラスで10連覇を達成した。
  • 三浦昂 - トヨタ車体の社員。TLC(チームランドクルーザー)に2007年から2016年まで三橋淳とニコラ・ジボンのナビとして参戦し、2度の市販車部門優勝。2017年からはドライバーに転向し、2018年にクラス優勝を達成した。ナビ・ドライバーの双方で部門優勝を達成したのはTLC史上三浦が初めてである。
  • 寺田昌弘 - 1997年四輪初参戦。1998年T2-2クラス優勝。2008、2009年は片山右京のナビとして参戦。2011、2012年TLCのドライバーとして参戦。
  • 塙郁夫 - 2020年にチームスガワラ2号車のドライバーとして日野・600で参戦[44]
  • 梅田真佑 - 2022年、SSV部門における日本人ドライバーとして初参戦。クラス33位完走。

2輪

  • 山田周生 - モータースポーツジャーナリスト及びカメラマン。パリ・ダカール・ラリーでは初期の頃から取材活動を続けている。日本に紹介されるこのラリーの画像のほとんどは彼の撮影によるものである。パリ・ダカール・ラリーでは2輪、4輪で完走経験あり。
  • 風間深志 - 冒険家。1982年に参戦し(日本人として賀曽利隆と共に初)、完走(クラス6位で総合18位[45])。2004年にも再挑戦するも、リタイア。
  • 賀曽利隆 - 冒険家。ジャーナリスト。1982年に風間深志とともに参戦し(日本人として風間深志と共に初)、事故でリタイア。
  • 柴田哲孝 - 作家評論家。1986年・1988年に「チーム・シンバ」として参戦。
  • 打田稔 - ジャーナリスト。1986年に取材。
  • 山村レイコ - 1988年から合計5回参戦。1997年は2輪総合57位[36](女性クラス優勝)、夫の山村雅康と共に完走したことで敢闘賞も受賞。1998年は夫婦で四輪部門にいすゞ・ビッグホーンで参戦し完走。
  • 渡辺明 - 元モトクロス世界選手権チャンピオン。1991年にスズキ準ワークスのガストン・ライエ・レーシングより参戦し、完走。
  • 松井勉 - ジャーナリスト。1992年参加。
  • 渡邊毅 - エンジニア。1992年参加。1997年には日本人プライベーター2輪チームのマネージャー兼メカニックとして参加した。
  • 博田巌 - 高知県出身。ラリーレイド・モンゴルなどでの優勝経験あり。ダカール・ラリーでは、1998年 20位[46]、1999年 15位[47]
  • 柏秀樹 - ライディングスクール校長。ジャーナリスト。1996年、1997年(35位完走[36])、1998年、2006年(63位完走[48])の計4回参戦。
  • 木下博信 - 埼玉県草加市の元市長。同市議会議員時代の2001年に参戦し、61位で完走した[49][50]
  • 田村聡 -2002年大会出場・聴覚障害の持病がある中ダカールラリーに参戦。
  • 堀田修 - 2002年・2004年・2006年に参戦し完走した[37][42][48]。総合での上位入賞はないが、クラス別や部門別では常に上位成績を収める実力派。普通の会社員 (SE) でありながら有給休暇を利用して参戦した。エコエネルギー(新エネルギー)推進やフォトジャーナリストとしても活躍している。
  • 桐島ローランド - 写真家。2007年に参戦し完走した[51]
  • 風間晋之介 - 風間深志の三男。2017年より「チーム風間」として参戦。

過去には大会期間中の死亡事故も起きている。1986年、二輪部門にプライベート出場していた金子靖雄がフランスのセッテでリエゾン区間を走行中、酒酔い運転の対向車と衝突して亡くなった[52]

メディア

日本国内におけるテレビ放送は、かつてはテレビ朝日NHK衛星第1テレビがダイジェストを大会中毎日放送し、一部のニュース番組のスポーツコーナー内でも取り上げられた。1987年には、フジテレビの番組「なるほど!ザ・ワールド」がチームACPのトヨタ・ランドクルーザー2台をスポンサードし、参戦の模様を3回にわたって放送した(このとき、出場した2台中の1台が市販車改造ディーゼルクラスでクラス優勝した)。現在、総集編がテレビ東京系列で放送されるほか、J SPORTSが大会期間中にダイジェストを、終了後に総集編を放送している。

テレビ朝日のダイジェスト番組では毎年タイアップのイメージソングが使用された。

1986年5月には松竹富士配給のドキュメンタリー映画『PARIS-DAKAR 15,000 栄光への挑戦[53]』がロードショー公開された。原田真人阪本善尚ら撮影班は同年の大会中チームACPの取材車でダカールまで帯同した。

1987年にはシンガーソングライター松任谷由実が応援団長を務める「ユーミン・マリクレール号」が4輪部門に出場し、松任谷もアフリカを訪れた。松任谷のアルバム『ALARM à la mode』(1986年)にはパリダカをモチーフにした曲「ホライズンを追いかけて」が収録された。

販売促進への利用

  • サーキット系レース以上に地域や企業のイベントで競技車両を展示したり、自動車メーカーの販売促進の一環として全国のメーカー系販売会社やショールームを選手が回って報告会を行うなどの取り組みが見られる。三菱自動車系で行った「報告会」は、篠塚建次郎が参戦して以来ほぼ毎年続けられ、2009年までは増岡浩の報告会が毎年2月 - 3月に開催されるのが恒例となっていた。2人が別行動の場合は参戦車種の関係で篠塚がパジェロを扱うギャラン店系販売会社、増岡がRVRチャレンジャーを扱っていたカープラザ系販売会社を担当した。系列の区切りのない販売会社(山口三菱自動車販売徳山支店など)では、篠塚・増岡が揃って登場した。
  • 1985年から1986年にかけて、日清カップヌードルのテレビCM「ハングリアン民族」編ではパリ-ダカール・ラリーに挑む選手やマシンの映像が使用された。CMソングとして起用されたHOUND DOGの「ff (フォルティシモ)」や中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」は当時のヒットチャートを賑わす人気曲となった。

本レースを題材にしたゲーム

日本では、国内の企業がラリーに参加している為に認知度が高く、本レースを題材にしたゲームがいくつか製作・販売されている。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ フランス語では、名詞を形容(修飾)する語句が名詞の後ろに置かれるのが基本であり、英語とは順番が異なる。
  2. ^ 1988年に起きたカミオンの死亡事故によって、ダカール・ラリーはFIAの制定した規定を適用するようになったが、カミオン部門の制定は間に合わなかった[22]

出典

  1. ^ a b 菅原 2009, p. 38.
  2. ^ a b c 菅原 2009, p. 39.
  3. ^ a b Carles 2007, p. 3.
  4. ^ “ダカール・ラリー | モータースポーツ | 三菱自動車のクルマづくり | MITSUBISHI MOTORS”. 三菱自動車工業株式会社. 2021年8月14日閲覧。
  5. ^ a b Carles 2007, 1986.
  6. ^ a b Carles 2007, 1982.
  7. ^ Racing on 418, p. 14, 三菱自動車にとってのパリダカ.
  8. ^ Carles 2007, 1985.
  9. ^ Racing on 418, p. 23, インタビュー 夏木陽介.
  10. ^ Racing on 418, p. 44, 三菱パリダカマイスター Part 1 篠塚建次郎.
  11. ^ a b Carles 2007, 1987.
  12. ^ Racing on 418, p. 58, 対峙したライバルたち.
  13. ^ Racing on 418, p. 59, 対峙したライバルたち.
  14. ^ Carles 2007, 1988.
  15. ^ Carles 2007, 1992.
  16. ^ 「ダカール・ラリー2008、全面中止」。2008年1月5日、スラッシュドット ジャパン。2008年1月5日閲覧。
  17. ^ “パリ・ダカ、サハラ砂漠を走らない? 主催者幹部が発言”. 朝日新聞. (2008年1月5日). オリジナルの2008年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080108112840/http://www.asahi.com/car/motorsports/TKY200801050174.html 2008年1月6日閲覧。 
  18. ^ “パリダカの代わりに、中欧舞台の新ラリー4月開催”. 産経新聞. (2008年2月4日). http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080204/oth0802042320017-n1.htm [リンク切れ]
  19. ^ “パリ・ダカ、来年は南米での開催が決定”. 日刊スポーツ. (2008年2月12日). http://www.nikkansports.com/sports/motor/f-sp-tp2-20080212-320183.html 2011年2月16日閲覧。 
  20. ^ “三菱自動車、ダカールラリーのワークス活動終了について” (プレスリリース), 三菱自動車工業株式会社, (2009年2月4日), https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/motorsports/2009/news/detail1892.html 2020年2月2日閲覧。 
  21. ^ 大会前に爆発事故発生のダカール・ラリー、仏外務大臣は中止の可能性を示唆。主催者側は「安全第一で競技を優先」と否定Yahoo!ニュース 2022年1月24日閲覧
  22. ^ 菅原 2009, p. 40.
  23. ^ 斬新なデザインと数々の装備を備えたランドスポーツ車「ホンダ XL250Rパリ・ダカール」を発売 - 本田技研工業。
  24. ^ 1981-1989 Honda パリ・ダカールラリー参戦記 - 本田技研工業。
  25. ^ オフロードマニア 第4節 もうひとつの記号“テネレ” - ヤマハ発動機。
  26. ^ “ラリー界に激震!三菱がパリダカから撤退”. 日刊スポーツ. (2009年2月5日). https://www.nikkansports.com/sports/motor/news/p-sp-tp2-20090205-457453.html 2017年12月21日閲覧。 
  27. ^ “日産自動車 ワークス体制で2003年ダカールラリーに参戦”. NISMO (2002年10月4日). 2017年12月21日閲覧。
  28. ^ “日産、ダカール・ラリーのワークス活動を1年前倒しで休止”. webCG (二玄社). (2005年3月4日). http://www.webcg.net/articles/-/13848 2017年12月21日閲覧。 
  29. ^ “ダカールラリー:2019年大会でトヨタが初の総合優勝。ハイラックス駆るアル-アティヤが通算3勝目”. オートスポーツWeb. (2019年1月18日). http://www.as-web.jp/rally/445334?all 2019年1月18日閲覧。 
  30. ^ “ラリーレポート”. 2019年8月21日閲覧。
  31. ^ “REPORT-STAGE14”. 2019年1月19日閲覧。
  32. ^ “ラリーレポート”. 2019年1月19日閲覧。
  33. ^ “日本人の歴代出場者”. パリダカ日本事務局. 2020年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月10日閲覧。
  34. ^ “二十一世紀に夢を:::冒険的趣向集団 Team ACP:::”. 2017年12月19日閲覧。
  35. ^ “ダカールラリー 取材同行の旅No.3”. GAZOO.com (2016年). 2017年12月19日閲覧。
  36. ^ a b c d ASO 2019, 1997.
  37. ^ a b ASO 2019, 2002.
  38. ^ a b ASO 2019, 2003.
  39. ^ “プロフィール”. 2021年10月11日閲覧。
  40. ^ “これぞ男の夢! 著名なジムニーフリークが建てた「尾上茂のジムニー歴史館・JIMNY MUSEUM ONOUE SHIGERU」 | トヨタ自動車のクルマ情報サイト‐GAZOO”. 2021年10月11日閲覧。
  41. ^ ASO 2019, 2000.
  42. ^ a b ASO 2019, 2004.
  43. ^ “jun38c.com”. 2012年3月10日閲覧。
  44. ^ “"日野チームスガワラ"、さらなる高みを目指した新チーム体制を発表” (プレスリリース), 日野自動車, (2019年6月3日), https://www.hino.co.jp/corp/news/2019/20190603-002351.html 2020年1月7日閲覧。 
  45. ^ ASO 2019, 1982.
  46. ^ ASO 2019, 1998.
  47. ^ ASO 2019, 1999.
  48. ^ a b ASO 2019, 2006.
  49. ^ ASO 2019, 2001.
  50. ^ “木下博信 プロフィール”. 2021年10月11日閲覧。
  51. ^ ASO 2019, 2007.
  52. ^ 原田真人 『砂漠のレーサーたち パリ・ダカール最前線』早川書房、1986年、75頁。ISBN 4152033215。 
  53. ^ “PARIS-DAKAR 15,000 栄光への挑戦”. Movie Walker. 2017年12月19日閲覧。

参考文献 

  • DAK19-GuideHistorique-UK-PROD Interactif.pdf (PDF)”. Amaury Sport Organisation (2019年). 2019年1月18日閲覧。
  • Carles, Philippe Philippa Smith, Pamela White, Chris Evans, Neil Perkins訳 (2007). Stephane Muller, Kathleen Bimson. ed (英語, フランス語). Dakar 30 Years of Adventure. Silver. ISBN 978-2930383170 
  • 「世界の扉を開けた日本車 Part 2 三菱自動車」『Racing on』第418巻、三栄書房、2007年9月、 12-63頁。
  • 菅原, 照仁「ダカールラリーの歴史と日野レーシングトラックの挑戦」『自動車技術』第63巻第10号、自動車技術会、2009年、 ISSN 0385-7298。

関連項目

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、ダカール・ラリーに関連するカテゴリがあります。
  • ダカール・ラリー 日本事務局
  • ダカール・ラリー
ダカール・ラリー
ヨーロッパおよびアフリカ開催
  • 1979
  • 1980
  • 1981
  • 1982
  • 1983
  • 1984
  • 1985
  • 1986
  • 1987
  • 1988
  • 1989
  • 1990
  • 1991
  • 1992
  • 1993
  • 1994
  • 1995
  • 1996
  • 1997
  • 1998
  • 1999
  • 2000
  • 2001
  • 2002
  • 2003
  • 2004
  • 2005
  • 2006
  • 2007
  • 2008
南米開催
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 2019
中東開催
  • 2020
  • 2021
ダカール・シリーズ
モータースポーツ
四輪競技
フォーミュラカー
(オープンホイール)
スポーツカー及び耐久レース
グランドツーリングカー
ツーリングカー
ラリー
スプリントラリー
ラリーレイド
ヒルクライム
ドリフト
その他の四輪競技
二輪競技
ロードレース
モトクロス
トライアル
その他の二輪競技
世界三大レース
典拠管理 ウィキデータを編集
全般
  • 統合典拠ファイル(ドイツ)
  • VIAF
    • 1
  • WorldCat
国立図書館
  • スペイン
  • フランス (データ)
  • アメリカ
  • チェコ
その他
  • Faceted Application of Subject Terminology