クリスチャン・ラッセン

曖昧さ回避 この項目では、アメリカ合衆国・ハワイ 22の画家について説明しています。19世紀の東洋学者については「クリスチャン・ラッセン (東洋学者)」をご覧ください。
クリスチャン・ラッセン
Christian Lassen
職業画家

クリスチャン・リース・ラッセンChristian Riese Lassen1956年3月11日[1] - )は、画家である。マリンアートと呼ばれる作風で、世界的評価とは別に、特にバブル時代の日本で高い評価を得た。

経歴

カリフォルニア州の海沿いにあるメンドシーノ[2]出身。11歳のときに家族と共にハワイ島へ渡り[3]、後にマウイ島移住した[2]

10代からサーフィンと絵画に熱中し、オアフ島ノースショアに住んでプロサーファーとして活動。美術の専門教育は受けていない。1985年にラッセン・アート・パブリケーションズを設立。アールビバンが取り扱いを始め、1988年からバブル期日本でベストセラー画家となる[4]

作風・評価

ハワイの海中風景やイルカなどの海洋生物を主要なモチーフに、南洋の自然をきらびやかな画風で描き、「マリンアート」と称される[5](そら)の部分などにはエアブラシも用いるという[2]

その作品は安価な版画リトグラフジグソーパズルとして大衆的人気を得た。日本での知名度向上に絵画商法が大きく関わっていたため、その販売戦略への反感からヒロ・ヤマガタ同様美術界の本流からは無視されてきた[6]奈良美智には「ああいう平和頭の理想的自然志向は理解できない」と批判されている[7]

活動

音楽活動も行っており、1998年10月には、ファースト・アルバムのプロモーションのため来日した[2]。来日展が開催される際は、テレビCMが流れることもあった[8]1990年にシービジョン財団を設立し、環境保護運動も行っている。

2005年テレビ朝日バラエティ番組ロンドンハーツ』の企画で、青田典子ヘアヌードを描いている[9]

2013年12月23日ももいろクローバーZ西武ドームでライブしたが、この会場で限定リリースした記念シングル『泣いちゃいそう冬 / 鋼の意志』のジャケットアートワークを手がけた[10]

ディスコグラフィー

関連項目

関連書籍

  • 原田裕規, ed (2013). ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを越えた「先」. フィルムアート社. ISBN 978-4-8459-1314-5 

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ Christian Riese Lassen Biography - 公式サイト
  2. ^ a b c d SWITCH』 1998年12月号、p.146 「ハワイと波と、ロックンロール」 クリスチャン・ラッセン(今井栄一・文、甲斐裕司・写真)
  3. ^ 「現代外国人名録 2000」 ラッセン, クリスチャン (日外アソシエーツ
  4. ^ 公式プロフィール
  5. ^ アールビバン
  6. ^ こんな売り方したくなかった!? C・ラッセン、ヒロ・ヤマガタ…悪徳絵画販売商法の実態
  7. ^ http://lite-ra.com/2013/10/post-142.html
  8. ^ 広告ライブラリ - アールビバン
  9. ^ NOW ON AIR 2005 - アトゥプロダクション
  10. ^ ももクロ×ラッセン、ももクリ限定シングルジャケでコラボ - ナタリー、2013年12月12日
  11. ^ Turn the Tide - オールミュージック

外部リンク

  • 公式サイト
  • エポック社(ラッセン) - ウェイバックマシン(2017年6月23日アーカイブ分)
  • I am the earth 映画「私は地球」 - ウェイバックマシン(2003年1月8日アーカイブ分) - ラッセン主演の映画公式サイト
執筆の途中です この項目は、美術家芸術家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:美術/PJ:美術)。
典拠管理 ウィキデータを編集
  • BNF: cb14551363k (データ)
  • FAST: 1661965
  • ISNI: 0000 0000 4901 9555
  • J9U: 987007367259405171
  • LCCN: no2006131542
  • NDL: 00666844
  • NLK: KAC200508917
  • VIAF: 39142860
  • WorldCat Identities: lccn-no2006131542