カルロ・アツェリオ・チャンピ

カルロ・アツェッリョ・チャンピ
Carlo Azeglio Ciampi
Ciampi ritratto.jpg

イタリアの旗 イタリア 22
第10代 大統領
任期 1999年5月18日2006年5月15日
閣僚評議会議長 マッシモ・ダレマ
ジュリアーノ・アマート
シルヴィオ・ベルルスコーニ

任期 1993年4月28日1994年5月10日

出生 (1920-12-09) 1920年12月9日
イタリア王国の旗 イタリア王国トスカーナ州リヴォルノ県
リヴォルノ
死去 (2016-09-16) 2016年9月16日(95歳没)
イタリアの旗 イタリアローマ
政党 無所属
配偶者 フランカ・チャンピ

カルロ・アツェッリョ・チャンピCarlo Azeglio Ciampi イタリア語発音: [ˈkarlo adˈdzeʎʎo ˈtʃampi] ( 音声ファイル)1920年12月9日 - 2016年9月16日)は、イタリア政治家。元老院議員(終身)。

大統領(第10代)、首相(第73代)を歴任。

概要

1920年イタリア王国生まれ。1941年にイタリアを代表する最高学府ピサ高等師範学校文学を修め、1946年ピサ大学法学を修めた。同年に中央銀行であるイタリア銀行に就職し、1976年同行専務理事、1978年同行副総裁、1979年10月にはイタリア銀行総裁に任命され、1993年までその地位を占めた。ドイツ・ライプツィヒ大学にも留学経験がある。

1993年4月から1994年5月までタンジェントポリ後の政界再編のさなか、第二次世界大戦後初めて非議員・無所属でありながらイタリア首相を務め、選挙制度改革・財政再建を果たした。その後1996年5月からプローディ内閣で1998年10月からダレマ内閣で国庫相(予算相兼任)を務めた。そして1999年5月13日、イタリア大統領に選出され同月18日に大統領就任の宣誓を行った。イタリアヨーロッパ経済通貨同盟(EMU)第三段階(単一通貨ユーロの導入など)の第一陣に導いたのはチャンピの業績による所が大きい。

2016年夏頃よりローマ市内の病院に入院し、9月16日に95歳で大往生した[1][2]

出典

  1. ^ “イタリアのチャンピ元大統領が死去、95歳 ユーロ導入に貢献”. ロイター (ロイター). (2016年9月16日). http://jp.reuters.com/article/italy-ciampi-idJPKCN11M13V 2016年9月16日閲覧。 
  2. ^ “カルロ・チャンピ氏死去=伊首相、大統領を歴任”. 時事通信. (2016年9月16日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091600878&g=int 2016年9月16日閲覧。 

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、カルロ・アツェリオ・チャンピに関連するカテゴリがあります。
先代
ジュリアーノ・アマト
イタリアの旗 首相(閣僚評議会議長)
第73代: 1993 - 1994
次代
シルヴィオ・ベルルスコーニ
先代
オスカル・L・スカルファロ
イタリアの旗 大統領
第10代: 1999 - 2006
次代
ジョルジョ・ナポリターノ
典拠管理 ウィキデータを編集
  • BNF: cb12295424z (データ)
  • CINII: DA10787415
  • DTBIO: 122936159
  • FAST: 134912
  • GND: 122936159
  • ICCU: LO1V004438
  • ISNI: 0000 0001 0802 1832
  • J9U: 987007311142405171
  • LCCN: n84078849
  • NTA: 150267657
  • PLWABN: 9810665712205606
  • RERO: 02-A003106868
  • SUDOC: 031807356
  • VIAF: 35350913
  • WorldCat Identities: lccn-n84078849