ふじのはるか

ふじの はるかは、日本漫画家東京都在住。既婚。主に4コマ漫画を中心に活動している。父は新潮社の元編集者作家の藤野邦康。魯迅の小説「藤野先生」のモデルとして知られる藤野厳九郎の末裔。

来歴

1998年に『コミックアルファ』(メディアファクトリー)に『派遣社員 松島喜久治』の連載を開始し、漫画家デビュー。

その後『派遣』は『コミックアルファ』の休刊後、芳文社の『まんがタイムオリジナル』に移転、引き続き同作品シリーズを2010年まで連載。

これ以外にも4コマ漫画を描き、趣味のガーデニングにちなんだ作品を手がける。

作品

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 2010年まで外伝である『ヤング松島喜久治』を連載。こちらの単行本は全2巻
  2. ^ 連載開始時は『むきたまごラバーズ』、後に改称した。
  3. ^ 連載時のタイトルは『春待ち日記』。

外部リンク

典拠管理 ウィキデータを編集
  • ISNI: 0000 0003 7546 6684
  • NDL: 01085292
  • VIAF: 252175394
  • WorldCat Identities: viaf-252175394
執筆の途中です この項目は、漫画家漫画原作者に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:漫画/PJ漫画家)。